2012-02-16 21:30:32
テーマ:著作権

牧歌組合「灯りをみつけた」













 今日は、マーシャ・クレラさんのNext Timeのコード解析の続きを書く予定だったが、別件。

 昨日、前職で知り合った尊敬するエンジニアN氏と、O氏と、同僚のD氏とで昼食を摂ったのであるが、たのしい会話の中、
 「この人(=小生のこと)は、今まで上手く出世しそうな寸前に総てぶっ壊して生きてきたヒトだ」

 というような形容をいただいた。正直、自分は自分のことを「パンクでロッカー」と自惚れていたりするので、非常に光栄で嬉しかった。


 「ジャズの巨人」であったチャールズ・ミンガスが、自伝で自らのことを「負け犬」と呼ぶセンス、
 親愛なる友人ミュージシャン、塚本功くんがたまにライブでカバーする忌野清志郎の「よそ者」、
 「なぜいつも俺は盗人呼ばわりされるのか?」と歌う ザ・バンドの「怒りの涙」
 「ちっさなイスに腰掛けてふんぞり返っている奴にはなりたくない」みたいなことを書いた宮沢賢治。


 僕は、上述のような「感じかた」が好きだ。それは、ひがみではなく、生きる上で世の中と自分の距離を計り、大切にするための一種の「礼儀」だ。 

 僕は、大学も中退しているし、転職歴もひどいもんだ。
 だけど、流浪の民であっも、一生さすらっていても、たとえ、たびたび一箇所への定住を追われたとしても、結局「これでいいのだ」と思っている。
 それで、音楽を創りだした、ユダヤ人や、アイルランド人や、黒人の「感じかた」に近づけるのであれば、もし、少しでもそうなのであれば、「これでいいのだ」と思う。


 さて。

 このブログでも、他人の曲のことばかり書いて、過去「何故私はいつも盗人扱いされなきゃならないのか?」と身にしみる問題を起こしているのであるが、
今日は、ちょっと初めて趣向を変えて、自分の作曲した曲のコード進行を解析します。

牧歌組合「灯りをみつけた」

こころば「灯りをみつけた」

 大好きなトッド・ラングレンとビル・モンローに「I Saw the Light」というこれも大好きな美しい曲があって、そのタイトルで自分が曲を書いたらどうなるかな?
と思って書いた曲です。

キーはCメジャーで、4/4拍子、エイトビート。

【I】イントロパートのコード進行は、Dのワンコード8小節。主調にたいしてIIをドッペルドミナントでメジャー化して【A】パートのGにつなげます。
【A】パートは、








|G|Bm|F|C|

の繰り返し。シンプルです。V(ドミナント)から、長3度上がってVIIm(まあ、V代替ですな)、そこから短5度上昇で裏コードであるIVに遷移して、
5度下降でIに戻る。まあ、無理ののないコード進行。

【B】パートは、








|Am-G|F-C|Am-G|F-C|

の繰り返し。単純です。マイナートニックVImにいき、V-IV-Iで解決。

 自分の曲なので、あれこれ客観的に書けませんが、本ブログ初めて!(∩´∀`)∩ワーイ
 歌詞を堂々と掲載しておきます。






「灯りをみつけた」
作曲:小塚昌隆
作詞:小塚昌隆、山本郁子 

きらりきらり
星よりもはるか
ミルクのような
安らかな揺らぎ

ふわりふわり
想いより軽い
魂はいま
サーカスのようね

灯りをみつけた
雨の降りそうな日
もう遊べない空き地に
灯りをみつけた


ゆらりゆらり
海よりも静か
振り子のような
やわらかな刻み

ぽつりぽつり
想いより近い
土に播いた
種が起きる音

灯りをみつけた
雨の降りそうな日
もう遊べない空き地に
灯りをみつけた


 最後の2行は、郁子姉さんに手伝ってもらってますが、僕の詩です。

 どうぞ、歌ってくださいねー。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-04-12 10:52:23
テーマ:著作権

JASRACさんとの顛末/3年越しの報告/著作権保護のための自戒的ガイドライン(案)





 桜の季節が今年も終わりそうです。アノ事件について何も述べることなく、3年ぶりにひっそりとコード解析を再開しているのですが、放置していた間の「牧歌組合」へのコメント等を見ますと、「あのあとどうなったのですか?」というご心配も頂いています。読者のみなさんに、ご報告していない経緯がある一方で、、自分としては「大丈夫だろう」と踏んでの再開なのですが、3年前、サポートいただいた皆様にご報告の意味もあり、”コード解析日記”を書かなくなった後に届いたJASRACからのメールを以下に掲載します(本名は****としてあります)。


 このメールは、2005/12/12 12:00 AMに、JASRACさんへ送付したメール へのJASRACさんからの返答です。具体的にJASRACさんが「著作権侵害の可能性がある」と識別した4記事に関して、こちら側で修正した内容に対してのJASRACさんの回答となっています。報告遅れまして本当にごめんなさい。


件名
---------------------------------------------------------------
Re: 【重要】 JASRACから音楽の著作権について(必ずお読みください)


メッセージ
---------------------------------------------------------------
■回答 (JASRACネットワーク課) - 2006/01/13 07:01 PM
**** 様

こちらはJASRACネットワーク課J-TAKT係です。
ご連絡いただきありがとうございます。
また、返信が遅くなり申し訳ございません。

こちらから例示した4つの記事に関しましては、修正されたページのまま
であれば差し支えございません。

なお、以下に若干補足説明をさせていただきます。
コード進行だけで楽曲を特定することができない、いわゆるコード譜は
楽曲の利用とみなしてはおりません。
但し、その楽曲特有のコードが用いられ、そのコード進行に創作性が認められる
場合には、コード進行だけの利用であったとしても、楽曲の利用とみなされる
場合もあります。
一方、タブ譜はギター専用の楽譜であり、一般的には楽曲の利用とみなして
おりますが、**様が掲載されているタブ譜は、上記でいうコード譜と
同視されるものと考えます。

それでは、たいへんお手数ですが、修正作業が完了いたしましたら
ご連絡いただけますでしょうか。
また、プロバイダーには、**様が自主的に掲載内容を変更するとのお申し出
をお受けしたことを連絡しておきます。

よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------


 このメールをいただいた2006年1月、私は入院していました。2005年末からの「なんやかんや(参照 )」で内臓を悪くしてしまったのでした。同時期に所謂、うつ病と診断され治療を受けました。加えて、本職に関しての不安・自信欠如に対して苦しみ、暫く基礎からコンピュータシステムを勉強しなおそうと基本情報処理の高度試験(ネットワーク、データベース、システム監査等)、ベンダ試験(Oracleマスターなど)を受験したり(記述したものは一応合格しました)、適職をもとめて転職を何度か繰り返したりし、まあ一般的に「仕事がとても忙しい」という状態が続いていました。そのため、ブログは更新せず、本メールについて(一応「修正作業完了であり、その報告であるのに『修正作業が完了したらご連絡いただけますか』というちょっとよくわからない内容になっている」→「敢えて返信は不要かな」と都合よく解釈)、返信しませんでした。このやりとり、については、今回3年越しの公開を行うことで、皆さんにご意見を請います。


 如何様にでも解釈可能な文面は否めませんが、結論から言うと、

(JASRAC様のメールからの引用↓)
コード進行だけで楽曲を特定することができない、いわゆるコード譜は
楽曲の利用とみなしてはおりません。
但し、その楽曲特有のコードが用いられ、そのコード進行に創作性が認められる
場合には、コード進行だけの利用であったとしても、楽曲の利用とみなされる
場合もあります。
一方、タブ譜はギター専用の楽譜であり、一般的には楽曲の利用とみなして
おりますが、**様が掲載されているタブ譜は、上記でいうコード譜と
同視されるものと考えます。
(JASRAC様のメールからの引用↑)


 論理立てての言明はされていませんが、まとめると、

・牧歌組合で掲載しているタブ譜とコード譜は楽曲の利用とみなされない

 ↑
・ただし一般的に例外もある(コード進行に創作性が認められる場合)。


 例外事項については判断の基準が不鮮明であるため、都度解釈が必要と思われます。特に実際の著作権者から異議申し立てがある場合は、必ず改めなければならないでしょう。ちょっと曖昧性の認められる上記基準を具体的に考えるケースがJASRAC様よりご指摘いただいた4ケースで、


(JASRAC様のメールからの引用↓)
こちらから例示した4つの記事に関しましては、修正されたページのまま
であれば差し支えございません。
(JASRAC様のメールからの引用↑)

 とのこと、纏めてみますと、


■著作権保護のための楽曲解析/コード解析/タブ譜ガイドライン(案)


ケース 掲載当時の問題点 対策ガイドライン
サンディ・デニー「フォザリンゲイ」

・作曲者・作詞者(SANDY DENNY氏)が明記されていないこと


・英歌詞が全面的に引用されていること

・引用する場合は、必ず作曲者・作詞者を明記すること。


・著作権を鑑み、文面に加筆修正を行い、原作歌詞の掲載を極力最小限に抑えること。


JASRACさんは「差し支えございません」との回答。

「帰ってこいよ」 ・歌詞の引用部分が多く、「引用の必然性」が希薄である印象を与えること

・引用の必然性がない場合は、歌詞を引用しないこと


JASRACさんは「差し支えございません」との回答。

ロイヤル・ティーンズ「ショートショーツ」 ・歌詞が全面的に引用されており、引用の必然性が希薄であること

・引用の必然性がない場合は、歌詞を引用しないこと。


JASRACさんは「差し支えございません」との回答。

「カービィ☆マーチ」 ・該当楽曲のコード進行研究に使用した採譜譜面を掲載したこと ・採譜譜面を掲載してはならない。

 とまとめることができ、音楽批評・楽曲解析等の私たちの表現活動において、著作権保護のために注意しなければならない点、「ココまではok」という線引きができると思います。今年更新し始めている記事は、上記ポイントを重々注意して書いているつもりです。問題ある場合は、修正します。 よろしくおねがいします。


 あいかわらず本職は忙しいのですが、今年になって切実に、「また音楽について語りたい」という願望がヒシヒシと胸に沸いてきました。3年間放置していた2つの「牧歌組合」は私にとって、1stガンダムの”まだ僕には帰れるところがあるんだ”(引用)というスペースでした。


 休んでいたあいだ、もっとも嬉しかったコメントがあります。耳コピをしていた 仮面ライダー斬鬼 の”ギター・スーツアクター”Mさんからのコメントです(仮面ライダーディケイドでの出方が本当に楽しみ!)。以下引用させていただきます。


(M様のコメントからの引用↓)
M 2006/11/11 23:55 
始めまして、Mと申します。最後のザンキさんのギターパートを弾かせて
頂いた張本人(笑)でございます。(因みに師弟セッションの回のみです)
ひょんなことでこのブログに辿り着きました。OAでも見たのですが
かなり前の事でしたのでどんなプレイをしたのか本人の癖に
スッカリ忘れておりました。この度こちらのTABを見ながら
「ああ、そうだった」と思い出す事ができた次第です(爆)
ポジションもほぼ間違い無いと思います。

あれは確かトドロキ氏のフレーズに乗せて何パターンか弾いたうちの
一番hotなバージョンが採用されたと記憶しております。
(私的には師匠ということで空間を生かした合いの手的オトナの
プレイの方をお勧めしたのですが・・でも今では結果的にこれで
正解だったと思っております)

普段あまりリスナーからの反応のない地味な仕事ばかりしておりますので
こうやって取り上げて頂けるととても嬉しく思います。
有難うございました。
BLOGのこれからの益々のご発展をお祈りいたします。失礼します。
(M様のコメントからの引用↑)


 そうなんです。JASRAC様とのやりとり中、


・本当の著作権者であるミュージシャンはどう思っているのか?

・私がコピーしたプレイを実際に弾いたミュージシャンはどう思っているのだろうか? 正確性の低いコピーで「侮辱された」と感じていないか?


 という点ががすごく気になっていました。彼ら/彼女らがJASRACさんと同様に、牧歌組合に対して違和感を感じているならば、私は、このような音楽評論活動を行うべきではないと、鬱になっていました。それこそ本当の音楽への冒涜でしょうからね。それこそ本当の著作権侵害です。


 ですので、このコメントは私が牧歌組合を再開する大きなキッカケとなりました。本当に嬉しかったです。


 時間あるかぎり、音楽について書くことを続け、何年後でもいいので、ライブハウスを日曜日の午後借り切ったりして、楽器を持ち寄り、可能であればMさんや知人のミュージシャン、読者の皆様、プロアマ問わず集まって、様々な楽曲をコード解析したりしながらジャムることが、私の夢、です。中途半端に投げ出した時期があり(今後もあるかもしれませんが)、皆さん、死ぬまで音楽を愛し、楽しみましょう。 なにとぞ、お付き合いクダサイ!!!


■関連記事: JASRACへの質問(3)送信済み
仮面ライダー響鬼 四十五之巻「散華する斬鬼」
木南晴夏ソロ in Licca 「神様にお願い」


本ブログには批評目的による様々な敬意を払うべきミュージシャンの音楽の引用が含まれています。音楽の著作権は著作権者に帰するものです。また、個人的耳コピのため音楽的には間違った解釈である可能性もありますが、故意に著作権者の音楽の価値を低めようとするものではありません。】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。