2005-11-07 20:00:59
テーマ:クラッシック音楽

浜田雅功「サントリー キレ味[生]」


西本智実, ロシア・ボリショイ交響楽団“ミレニウム”
ラヴェル:ボレロ



Ravel's Greatest Hit: The Ultimate Bolero

Bolero

Ravel: Bolero; La Valse; Rapsodie Espagnole [Hybrid SACD]
サントリー キレ味 500ml

 ダウンタウンのハマタが出演するサントリー キレ味[生]のCM「試飲会篇」(コチラで視聴 )。音楽はモーリス・ラヴェル(Maurice Ravel、仏、1875~1937)のバレエ音楽「ボレロ(Boléro)」。曲の構成等についてはコチラ (「ラヴェル ボレロ」で検索したWikipediaを選択して欲しい)が詳しいので参照を。


 私たちは「BGMとして最適なのは単調なコード進行と一定のリズムの曲だ」と研究を進めているが(参照 )、ラヴェルの「ボレロ」は近代音楽史においてその原点といえる曲かもしれない。単純なコード進行、メロディの繰り返し、一定したリズム。それは見事なオーケストレーションを行える”白紙”とも言える。


 冒頭をギターで簡易アレンジしてみた。

   C
   +     +     +       +     +     +
e:-------------------|-------------------|
B:-1--------0-13-10--|-1--1--1--------0-1|
G:------------------2|------2------------|
D:-------------------|-------------------|
A:-3--3333--333------|-3--3333--333------|
E:-------------3--3--|-------------333333|
   C
   +     +     +       +     +     +
e:-------------------|-------------------|
B:-------------------|-------------------|
G:-2-0---0-----------|----------0-20-----|
D:----2-3------------|---32-02-3---------|
A:-3--3333--333------|-3--3333--333------|
E:-------------3--3--|-------------333333|


 リズムが3連譜をベースとするため、タブ譜を3の倍数としたが、メロディは16分音符であると思うので注意を。しかしなんと言っても「ダッダダダ、ダッダダダ、ダッダッ」というリズムの力強さがいい。ラヴェルは、フランス・バスク地方の生まれで、バスク地方はスペインにかなり近い。スペインの匂いを感ずるのはそのせいだろう。



■関連リンク:サントリーCMギャラリー  Wikipedia

■関連記事:松本人志「ミラクルエース」


【このコンテンツは批評目的によるラヴェル氏音楽の引用が含まれています。音楽の著作権は著作権者に帰するものです。また、個人的耳コピのため音楽的には間違った解釈である可能性もありますが、故意に著作権者の音楽の価値を低めようとするものではありません。著作権者主体者の権利、音楽の美学を侵害した場合いかなる修正・削除要請にも応じます】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-11-06 20:00:39
テーマ:クラッシック音楽

エドワード・エルガー「威風堂々」


ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団, エルガー, ショルティ(サー・ゲオルク), シカゴ交響楽団 エルガー:行進曲「威風堂々」


ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団, エルガー, デイヴィス(アンドリュー), ロイヤル・コーラル・ソサエティ, ボールト(エイドリアン), デュ・プレ(ジャクリーヌ), バルビローリ(ジョン), ロンドン交響楽団, マリナー(ネヴィル), ノーザン・シンフォニア管弦楽団
威風堂々THE BEST OF EDWARD ELGAR


東京佼成ウインドオーケストラ
威風堂々(The Best of British Vol.1)

FINE classics

エルガー:作品集

アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団, エルガー, マリナー(ネビル)
エルガー:エニグマ(謎)変奏曲



Edward Elgar, Alexander Gibson, Wilfred Wilson Gibson, Scottish National Orchestra
Sir Edward Elgar: Enigma Variations/Pomp & Circumstance Marches

Edward Elgar, Alexander Gibson, Wilfred Wilson Gibson, Scottish National Orchestra
Sir Edward Elgar: Pomp and Circumstance Marches/Cockaigne Overture/The Crown of India

Pomp on Parade

Elgar: Pomp and Circumstance Marches Op39; Symphony No1

Elgar: Symphony No. 1; Pomp and Circumstance Marches 1, 3 & 4

Holst: The Planets; Elgar: Pomp & Circumstance March No. 1

Elgar: Cockaigne Overture Op40; Pomp and Circumstance Marches Op39

Edward Elgar, Bernard Haitink
Elgar: Symphonies Nos. 1 & 2/Pomp And Circumstance March

Edward Elgar, Sir Yehudi Menuhin
Elgar: Pomp and Circumstance Marches; Cockaigne

Pomp & Pizazz

Edward Elgar, David Zinman, Baltimore Symphony Orchestra
Sir Edward Elgar: Symphony No.1/Pomp and Circumstance Marches No.1 & No.2

Edward Elgar, André Previn, Royal Philharmonic Orchestra
Elgar: Pomp and Circumstance Marches Op39; Enigma Variations Op36

Edward Elgar, Sir Yehudi Menuhin, Royal Philharmonic Orchestra
Elgar: Pomp and Circumstance Marches; Symphonies Nos. 1 & 2

Pomp & Circumstance 1 / Stars & Stripes Forever

Elgar: Pomp & Circumstance Marches/Cockaigne Overture

Elgar: Enigma Variations/ Pomp & Circumstance Marches Nos. 1-5

 当然のことだが、音楽が感動を高めてくれる時間がある。そして、「儀式」と「音楽」は切り離せない深い関係にある。卒園式しかり(参照 )。結婚式しかり(参照 )。お葬式しかり。


 相変わらず季節はずれで申し訳ないが、4月の長男の中学校入学式。「新一年生入場!」と先生の掛け声。緊張した面持ちで、まだサイズが合わない制服に包まれて、ぎこちなく歩き始める新入生たち。精一杯、精一杯、胸を張ろうとして。流れるエドワード・エルガー(Edward Elgar、1857-1934)の行進曲「威風堂々(Pomp and Circumstance Marches)」第1番(Op.39-1 コチラでmidi試聴 )。10年前なんて「ポミカ(=トミカ)買ってぇ」(参照 )などといっていた猫背の我が子も心なしか堂々と見えて、親、涙ぐむ。


 平山あやが歌う「あたしんち」エンディング曲にもなっている「威風堂々」。全5曲のうちの第1番、ニ長調(=Dメジャー)の曲がこれで、1901年10月19日にリヴァプールで初演。ギター・ソロ曲に簡易アレンジしてみたので是非弾いてみてください。

[A-1]
   G       D/A       G/B
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-3-------2-3-5---|-0---------------|
B:-0-------1-1-3---|-0-------3-------|
G:-----------------|---------0-------|
D:-----------------|-----------------|
A:---------0---0---|-2---2---2---2---|
E:-3---3-----------|-----------------|
   C       G         D
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-----------------|-----------------|
B:-1-------0-1-3---|-----------------|
G:-0-----------0---|-2---0-------2---|
D:---------0-------|-0---0---4---0---|
A:-3---3-----------|---------0---0---|
E:-----------------|-----------------|
   G       A7/G      F#m7    Bm7
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:---------------0-|-5---------------|
B:-0-------2-3-----|-5-------3-------|
G:-----------------|---------4-------|
D:-----------------|---------4---4---|
A:-2---2---2---2---|-4---4---2---2---|
E:-3---3---3---3---|-2---2-----------|
   Em7     A7        D
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-3-------3-2---0-|-----------------|
B:-0-------2-2---2-|-3---------------|
G:-----------------|-2---2---2---2---|
D:---------2---2---|-0---0---0---0---|
A:-2---2---0---0---|-----------------|
E:-0---0-----------|-----------------|


 なんか(教養のない勘違いだったら申し訳ないが)もともと弦楽器のために作られた曲のような気がして、本当に気持ちいいのだ。是非是非、お試しを。キーはDメジャーだから、1~4小節のコード進行は


 Ⅳ-Ⅰ-Ⅳ-♭Ⅶ-Ⅳ-Ⅰ


ベース音は拍子の頭を打ちながら、G→A→B→C→Dと上昇しており、これが「行進」しやすくさせる要素の一つになっている。サブドミナントマイナー♭Ⅶの挿入が効果的だし、♭Ⅶ→Ⅳ→Ⅰが完全五度上昇(=完全四度下降)のサイクルを作っている。これが、5~8小節の


 Ⅳ-Ⅴ7-Ⅲm7-Ⅵm7-Ⅱm7-Ⅴ7-Ⅰ


という、完全四度上昇サイクルとの対比をなしているわけだ。

[A-2]
   G       D/A       G/B
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-3-------2-3-5---|-0---------------|
B:-0-------1-1-3---|-0-------3-------|
G:-----------------|---------0-------|
D:-----------------|-----------------|
A:---------0---0---|-2---2---2---2---|
E:-3---3-----------|-----------------|
   C       G         D
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-----------------|-----------------|
B:-1-------0-1-3---|-----------------|
G:-0-----------0---|-2---0-------2---|
D:---------0-------|-0---0---4---0---|
A:-3---3-----------|---------0---0---|
E:-----------------|-----------------|
   G       A7/G      F#m7    Bm7
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:---------------0-|-5---------------|
B:-0-------2-3-----|-5-------3-------|
G:-----------------|---------4-------|
D:-----------------|---------4---4---|
A:-2---2---2---2---|-4---4---2---2---|
E:-3---3---3---3---|-2---2-----------|
   C       D7        G
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-8-------8-7---5-|-3-------2---1---|
B:-8-------8-7---5-|-0-------0---0---|
G:-----------------|-----------------|
D:---------0---0---|-----------------|
A:-----------------|-2---2---2---2---|
E:-8---8-----------|-3---3---3---3---|


 【A】パート繰り返し(このパートは、4小節ごとに【A】【B】と分けた方が良いかもしれない)。 1~6小節までは前と同じだが、7~8小節、


 (Ⅳ-Ⅴ7-Ⅲm7-Ⅵm7)-♭Ⅶ-Ⅰ7-Ⅳ


とⅥm7から短二度上昇ののち、四度上のキーGメジャーに転調して(多分)、Ⅳ-Ⅴ7-Ⅰを描く。その後、

[B]
   C       D7/C      Bm7     Em7
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-0-------2-3---5-|-10------3-------|
B:-1-------1-1-----|-7-------0-------|
G:-----------------|-----------------|
D:-----------------|-----------------|
A:-3---3---3---3---|---------2---2---|
E:-----------------|-7---7---0---0---|
   Am7     D7        G
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-5-------8-7---5-|-3---------------|
B:-5-------7-7---7-|-0---------------|
G:-5-------5---5---|-0---------------|
D:-5---5---0---0---|-0---0---0---0---|
A:-0---0-----------|-2---2---2---2---|
E:-----------------|-3---3---3---3---|

 キーGメジャーでの[A-1]の後半4小節と同型パターン、


 Ⅳ-Ⅴ7-Ⅲm7-Ⅵm7-Ⅱm7-Ⅴ7-Ⅰ


で解決。これを繰り返す。Gメジャーで解決しているが、曲はDメジャーということになるんだなぁ、というのもこの曲が第1番の中間部に過ぎないからだろうな。



 エドワード・エルガー。先週、イギリス人の名前にはその民族性(アングロ・サクソン、ケルト、ノルマンディー etc)が刻印されていること、そしてエドワードとはアングロ・サクソンを象徴する名前であることを書いた(参照 )。「威風堂々」はアングロ・サクソンの国粋主義の象徴としても利用されることがあるらしく、ちょっと「右」よりの音楽という印象もある。果たしてそうだろうか?


 というか、「アングロ・サクソンなら右、ケルトなら左」という二元論的な捉え方じゃ、文化は語れない。「異文化・異民族の交流が近代音楽を生み出した」というのは事実だ。エルガーは、ウスターシャー(Worcester)近郊のブロードヒース出身。父親は楽器商兼、聖ジョージ・カトリック教会のオルガニスト。プロテスタントではない。地理的に、イングランドとウェールズの境界線にウスターは存在する(ウスターソースが生まれた土地でもある)。


 「威風堂々」が初演される2ヶ月前の1901年8月、エルガーは休暇で西ウェールズのカルディガンシアーを旅行したという。そのときウェールズ民謡にインスパイヤされて、それは「序奏とアレグロ 作品47」に反映された(参照 )。エルガーの民族性など詳しいことは知らないが、「ケルト文化の影響」はここにも見て取ることができる。これがイギリス音楽の肝だと私は考える。


 構造美、少しばかりのフォークロア性。素晴らしい曲だ「威風堂々」は。今年の夏休みフェリーの上で(参照 )、海原と太陽の下気持ちよくて大声で歌ってしまった。フェリーのエンジン音と自分の歌声で、後ろで年配の船員が仕事をしていたのに気付かなかった。ちょっと恥ずかしかったが無理に堂々とした。



■関連リンク:エドワード・エルガー希望と栄光の国

■関連記事:キャサリン・ジェンキンス(ウェールズ)  機関車トーマス  卒園式の歌「おもいでのアルバム」  サンディ・デニー「フォザリンゲイ」


☆音楽解析の続編は『コチラ』 にて!

【このコンテンツは批評目的によるイギリスを代表する作曲家、敬愛する、エドワード・エルガー氏の音楽の引用が含まれています。音楽の著作権は著作権者に帰するものです。また、個人的耳コピのため音楽的には間違った解釈である可能性もありますが、故意に著作権者の音楽の価値を低めようとするものではありません。著作権者主体者の権利、音楽の美学を侵害した場合いかなる修正・削除要請にも応じます】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-11-06 18:00:17
テーマ:クラッシック音楽

のだめカンタービレ:ベートーヴェン「ヴァイオリンとピアノのためのソナタ第5番『春』」


二ノ宮 知子
のだめカンタービレ(1)

二ノ宮 知子
のだめカンタービレ 1~12巻セット

R☆Sオーケストラ 千秋真一, 千秋真一, R☆Sオーケストラ, ブラームス
ブラームス:交響曲第1番~のだめカンタービレ

オムニバス, フィラデルフィア管弦楽団, ガブリーロフ, ムーティ(リッカルド), アンスネス, ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団, バルビローリ, ロンドン交響楽団, プレヴィン, ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
のだめカンタービレ (CCCD)

イェフディ メニューイン, クリストファー ホープ, 岸本 完司
ヴァイオリンを愛する友へ




ギャレット(デビット), マルコビッチ(アレクサンドル), ベートーヴェン, バッハ, モーツァルト
ベートーヴェン:ヴァイオリン・



Ludwig van Beethoven, Bruno Walter, Philharmonic Symphony Orchestra of New York, Mieczyslaw Horszowski, Joseph Szigeti
Beethoven: Violin Concerto; Violin Sonata No. 5 "Spring"

Ludwig van Beethoven, Vladimir Golschmann, Philharmonic Symphony Orchestra of New York, N. Schwalb, Erica Morini
Beethoven: Violin Concerto; Spring Sonata

 話題の漫画、二ノ宮 知子「のだめカンタービレ」を読み始めた。ご存知のかたも多いと思うが、桃ヶ丘音楽大学に通う指揮者志望で完璧主義者の千秋真一と、ピアニストで自堕落でマイペースな変わりもの、野田恵をとりまくオーケストラ関係の人々の物語。クラッシック音楽が、キャラクターの心理に即して、生活に共存するものとして描かれており、好感が持てて面白い。


 第一巻で、のだめ(野田恵)はヴァイオリニスト峰龍太郎と、ベートーヴェンの「ヴァイオリンとピアノのためのソナタ第5番 ヘ長調『春』」(コチラで試聴 :第1楽章アレグロ Allegro の冒頭のみ)を、龍太郎の試験のためセッションする。このセッションの光景がなんとも音楽的。二人の楽曲に対するイメージの差異


 のだめのイメージ:お花畑

 龍太郎のイメージ:光る青春の喜びと稲妻


 を踏まえた上で、合奏が行われている風景がなんともいいのだ。音楽を始めたとき自分も先生に教わったが、アンサンブルというのは、「あなたと私の考え方は違いますね」ということを認識することから始めて始まる。「なんとなく仲間だし」なんて”なぁなぁ”の関係ではいいアンサンブルというのは生まれない。こういったところをこの漫画は自然と描いていて、ものすごくいい。


 「春」のテーマ部分をギターでコピー。キーはFメジャー(=ヘ長調)。

   F
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-5---------------|-----------------|
B:---------8656865-|-----------------|
G:----------------7|-5-------754575--|
D:-----------------|---------------87|
A:-----------------|-----------------|
E:-----------------|-----------------|
   Dm7               C7
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-----------------|-----------------|
B:-------------6---|-----------------|
G:---------------7-|-5---------------|
D:-5---------------|---------8-------|
A:-------8-7-8-----|-----------------|
E:-----------------|-----------------|
   Bb                C7 
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-------------6---|-----------------|
B:---------------8-|-6-------5-------|
G:-------5---------|-----------------|
D:-8------87-8-----|-----------------|
A:-----------------|-----------------|
E:-----------------|-----------------|
   C7      Bb        Am7         Dm7
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-------------108-|-8-------6-5-----|
B:-5-----654-5-----|-------------8-6-|
G:-----------------|-----------------|
D:-----------------|-----------------|
A:-----------------|-----------------|
E:-----------------|-----------------|
   G7      C7        F
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-----5-6---------|-----------------|
B:-7-8-----------5-|-6---------------|
G:---------4-5-7---|-----------------|
D:-----------------|-----------------|
A:-----------------|-----------------|
E:-----------------|-----------------|


 ちゃんとピアノ譜面を入手してコードを研究すべきなのだろうが、だいたいの感じでコードはつけた。


 Ⅰ-Ⅵm7-Ⅴ7

 Ⅳ-Ⅴ7-Ⅳ-Ⅲm7-Ⅵm7-Ⅱ7-Ⅴ7-Ⅰ


 2段目、コード進行を収集していてしょっちゅう登場する定番コード進行、「Ⅳから短二度下降ののち完全四度上昇を繰り返す」パターン(参照 )が登場している。こういうパターン=思想・方法論が18世紀に既に確立しているところが、音楽の面白いところ(当たり前かもしれないが)。ある意味、政治とか、科学とか、哲学とか他の文化ではまず考えられないことだ。


 入手していないがオムニバスCDでのこの曲の演奏はイェフディ・メニューインによるもの。彼の著書「ヴァイオリンを愛する友へ」を一時期、肌身はなさず読んでいた。師曰く、「音楽は一生かかっても探し終わらない宝探しだ」。至言。本当にそう思う。


 筆者、結婚して15年になるが、あらゆるモノに対する、男女のあいだのこうしたイメージの違い(「お花畑」×「稲妻」)は当たり前のことかもしれない。男が気張りまくって「一大事」「事件」と思っていることも、女にとってはまったく緊張感のないものであったり、また逆もある。それがアンサンブル=共生ということなんだなぁ、というこって。面白いね、音楽と他者って。



■関連リンク:baroken 古楽試聴室

■関連記事:ラフマニノフ「パガニーニの主題による狂詩曲」  G線上のアリア  美少女戦士セーラームーン「乙女のポリシー」


【このコンテンツは批評目的によるベートーヴェン氏の音楽の引用が含まれています。音楽の著作権は著作権者に帰するものです。また、個人的耳コピのため音楽的には間違った解釈である可能性もありますが、故意に著作権者の音楽の価値を低めようとするものではありません。著作権者主体者の権利、音楽の美学を侵害した場合いかなる修正・削除要請にも応じます】

いいね!した人  |  コメント(102)  |  リブログ(0)
2005-05-27 22:02:03
テーマ:クラッシック音楽

新堀ギター

同僚T2B氏とギター談義中、「あの、どこにでもある『しんぼりギター』って看板、あれ何だ?」という話に。関東にお住まいのかたは一見されているであろう↓

新堀ギター

のことだ。「新堀氏とは一体何者か?」「どんなジャンルのギターを教えてくれるんやろか?」「単なるオッサンが1人でやってるんちゃうん?」などとひとしきり。

そういえば、10年以上前学生時代、同じ話題を繰り広げたときがあった。

ケリをつけようと思い立ち、 Google 先生に聞くと、

 新堀ギター音楽院のページ

ちゃんとした学校組織であった。

また、「にいぼり」と読むのが正しい。ギターの公文式といった感じだろうか。

創始者、新堀寛己博士新堀メソード各種音域ギター を開発。国立音楽大学で教鞭をふるいつつ、さまざまなオーケストラと共演。

手前味噌の情報ではないかと念のため疑い、世界的著名度を All Music Guide  で「Hiromi Niibori」などと入力+検索した結果は残念ながらゼロであった。Amazon で「新堀寛己」を検索しても商品はなかったが、

彼は、King Crimson の Robert Frip にさきがけ、世界初のギター・オーケストラを組織したクラッシック界の巨人なのである!

すみませんでした、新堀様。本当に失礼を。無知をお詫びします。blog やってるひとでも生徒さんのかた、

多いみたいですね。重ねてお詫びいたします。

# しかし、この看板の文字。どう見ても左翼政治団体の立看板の文字に見えてしまう.…。変な偏見を生むので、看板はリニューアルをかけたほうが。。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。