2009-05-28 21:53:34
テーマ:耳コピ

Brian Eno "Sombre Reptiles"


 ブログを書いていなかった2007年夏、僕は当時在籍していた会社の軽音楽同好会のようなものに在籍していた。その同好会は定期的にライブ活動を行っており、何度かベーシストとして、参加することになった。


 「何らかのネタを持ち寄って」という話になり、「何の曲をやろかなぁ?」と考えたすえ、ブライアン・イーノ(Brian Eno)の「アナザ・グリーン・ワールド(Another Green World)」に収録されている(アナログ盤ではB面一曲目だったなぁ…)「Sombre Reptiles」をやりたくなった。


 そのライブは夏だったし。なんとなく、「Sombre Reptiles」って、盆踊り Music っぽいし。


 バンドは、ギター×2、ベース(わし)、ドラムスの4人編成。だが、原曲のレコーディング音源は、リズム隊は打ち込みっぽいし、ギターも無い。メロはシンセっぽいし、細かいリズムを刻んでいるのは、パーカッションっぽい。ちょっと構成はちがう。いや、かなり違う。


 で、ギターのカッティングで、パーカッションの細かい裏打ちなどを代替するように、アレンジしてみた。キーは、Dマイナー。



作曲:ブライアン・イーノ
編曲:dukkiedukkie

  4/4              
   Dm9
   +   +   +   +     +   +   +   +    
e:-----10--101010--|-1010--1010------|
B:-----10--101010--|-1010--1010------|
G:-----10--101010--|-1010--1010------|
D:-----------------|-----------------|
A:-----------------|-----------------|
E:-----------------|-----------------|

   Dm9               Am7
   +   +   +   +     +   +   +   +    
e:-----10--101010--|-12--10------8---|
B:-----10--101010--|-10--10------8---|
G:-----10--101010--|-----------------|
D:-----------------|-----------------|
A:-----------------|-----------------|
E:-----------------|-----------------|

 と、まぁ、Funkっぽいカッティングで、パーカッションを代替する。ベースは16ビートでワンコードファンクっぽく弾きまくると、なぁんとなく和製盆踊りFunkみたいな曲調になり、非常に気持ちよかった。


 ま、ブライアン・イーノ、日本好きで、お寺でもLiveやってるからね。



■関連記事:
Cream "Cross Roads"
Van Morrison "Wild Night"


このコンテンツは批評目的によるブライアン・イーノの音楽の引用が含まれています。音楽の著作権は著作権者に帰するものです。また、個人的耳コピのため音楽的には間違った解釈である可能性もありますが、故意に著作権者の音楽の価値を低めようとするものではありません。】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-05-25 00:28:55
テーマ:木南晴夏

Cream "Crossroads"




 仕事が多忙で、暫く更新できなかった。すみません。


 さて、木南晴夏という一人の女優から音楽旅行を行ってきたが、そろそろ、旅を終えようと思う。


 木南晴夏嬢は、浦沢直樹氏原作の映画「20世紀少年」のなかで、小泉響子役を演じた。原作漫画での小泉響子は、

ロックバンド、エロイムエッサイムズの追っかけで、特にギタリスト、ダミアン吉田のファンであった。そして、ダミアン吉田は、ロバート・ジョンスン(Robert Johnson)の「クロスロード・ブルース」で描かれている風景に、とても酷似した経験をするエピソードが描かれている。


━─━─━─━─━─

 イキナリ個人的な話になって恐縮であるが、高校生時代、自分は大学受験のため、木南晴夏嬢生誕の地、豊中市の服部緑地の予備校に、夏休み通っていた。高校二年生の夏休みの終わりのころだ。


 初めてのエレクトリック・ギターを買ったのは、高校二年生の4月ごろであったため、そのころロックの名盤をコピーしたり、偉大なロックギタリストのエピソード本などを収集しまくっていた。


 そのなかのひとつにジャズ批評の「ジャズ・ギターの全て」(正式なタイトルは失念)みたいな本があり、その一節に「ロック・ギターはコレを押さえとけ!」みたいなコーナーがあり、そこで「クリームの"Wheels of Fire"は聴いておかないと人間じゃない」くらいのことが書かれていたので、慌てて予備校帰りに豊中市内のレコード屋で、このレコードを買った。


 で、やっぱり、このフレーズをコピーした。何回も何回も練習した。

 

 いまでもギターを手にとったら、弾きまくってしまう。何回繰り返してもカッコイイそのリフ。細かいところは、モトのかたちを忘れて、自分の手癖に甘えるカタチになってしまっているかもしれないが。。。。。


 キーはAメジャーのブルース。


Crossroads
作曲:Robert Johnson
編曲(リフ発明):Eric Clapton
コピー:dukkiedukkie
  4/4              
   A                 
   +   +   +   +     +   +   +   +    
e:-----------------|-----------------|
B:-----------------|-----------------|
G:---2-0-2--02-0---|---2-0-2--02-0---|
D:-----------------|-----------------|
A:-0-------------3-|-0-------------3-|
E:-----------------|-----------------|

   A                 
   +   +   +   +     +   +   +   +    
e:-----------------|-----------------|
B:---2-0-2---------|---2-0-2---------|
G:---2-0-2--02-0---|---2-0-2--02-0---|
D:-----------------|-----------------|
A:-0-------------3-|-0-------------3-|
E:-----------------|-----------------|

   D7                 
   +   +   +   +     +   +   +   +    
e:---------2-------|---------2-------|
B:-----1------1----|-----1------1----|
G:---2---2---2-----|---2---2---2-----|
D:-0---------------|-0---------------|
A:---------------3-|---------------3-|
E:-----------------|-----------------|

   A                 
   +   +   +   +     +   +   +   +    
e:-----------------|-----------------|
B:-----------------|-----------------|
G:---2-0-2--02-0---|---2-0-2--02-0---|
D:-----------------|-----------------|
A:-0-------------3-|-0-------------3-|
E:-----------------|-----------------|

   E7                D7      
   +   +   +   +     +   +   +   +    
e:-----------------|-----------------|
B:-----------------|-----------------|
G:-----------------|---2-5-2-75--5---|
D:-2-2-2-2---2-2---|-4---------7---7-|
A:-2-2-2-2---2-2---|-----------------|
E:-0-0-0-0---0-0---|-----------------|

   A7                      E7
   +   +   +   +     +   +   +   +    
e:---5-------------|-----------------|
B:---5-8-5---------|---5-5-----------|
G:-56------7-5-5-6-|---6-6-----------|
D:-----------------|-7-7-7-----------|
A:-----------------|-------7-----7\--|
E:-----------------|-------0-----0\--|

 今更言うべきことでもないが、とにかくカッコイイ。そして、高校二年生のころの、「来年の夏は、再来年の夏は、オレはどうしてるんやろか??」という不安な心境が、弾く度によみがえってくる。


 大阪豊中の夏。蜃気楼。僕が途方にくれていた緑地公園の十字路。

 ロバート・ジョンスンが跪いた十字路。

 ヤク中のクラプトンが跪いた十字路。

 エロイムエッサイムズ、ダミアン吉田の十字路と小泉響子。

 木南晴夏嬢はおそらく生まれたばかりの豊中の夏。

 楠木正成が戦いに赴いた豊島の十字路。


 歴史と文化、音楽街道はこうやってクロスしまくる。 


━─━─━─━─━─


 旅の終わりは、いつも、その十字路なのかもしれない。ってことで、”木南晴夏音楽旅行”はオシマイ。ちゃんちゃん。



■関連記事:

Van Morrison ”Wild Night”


木南晴夏から楠木正成に至る


このコンテンツは批評目的によるロバート・ジョンスン氏、エリック・クラプトンの音楽の引用が含まれています。音楽の著作権は著作権者に帰するものです。また、個人的耳コピのため音楽的には間違った解釈である可能性もありますが、故意に著作権者の音楽の価値を低めようとするものではありません。】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-05-10 23:53:28
テーマ:耳コピ

宮崎あおい as 銭形愛 in 「ケータイ刑事 銭形愛」


 なんかTBSchばかり観ているようであるが、2002年10月6日から2003年3月30日までBS-iで放送されたテレビドラマ「ケータイ刑事 銭形愛」の再放送があり、見直した。リアルタイムでも観ていたが、その後の「篤姫」や「東京メリケンサック」などでの宮崎あおい嬢の成長と活躍を観てきたことを踏まえて時代を遡っても、若い頃からあおい嬢は天才だったのだなぁと再確認するばかりであるが。


今日は、冒頭の説明部分で入るBGMのベースラインをコピーしてみる。

  4/4              
   E7
   +       +       +       + 
e:---------------------------------|
B:---------------------------------|
G:---------------------------------|
D:-0-2-2-2-0-2-2-2---2-2-2/2\------|
A:---------------------------------|
E:---------------------------------|


 の繰り返し。今日は疲れているので以上。すみません。



■関連リンク: 銭形愛 公式サイト

■関連記事: 宮崎あおい 味の素「クノール カップスープ」

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-05-08 11:44:23
テーマ:コード理論

要潤&みうらじゅん「親孝行プレイ」





 妻に勧められて「親孝行プレイ」を観ている。「親孝行とはプレイである! 親だからこそ、誰よりも気を遣い、サービス精神を持ち、接待感覚を忘れてはならない(みうらじゅん氏コピーより引用)」というコピーに共感する年頃である。

 今日は、冒頭で流れる機会の多いBGMをギターソロにアレンジする。


 メロディラインはストリングスにより演じられているのだが、今日はこの曲のサビをギターでコピーしてみる。音楽スタッフとして、SMAPやSoweluに楽曲提供を行っている割田康彦氏がクレジットされており、おそらく彼の作品である。キーはAメジャー。



作曲&編曲:割田康彦

  4/4              
   A                B7
   +   +   +   +     +   +   +   +    
e:-0---------------|-----------------|
B:-----2-----------|-----2-0---------|
G:---------2-------|-----------------|
D:---------------2-|-1-----------1---|
A:-0---------------|-2---------------|
E:---------0-------|---------2-------|

   E7                A
   +   +   +   +     +   +   +   +    
e:-----------------|-----------------|
B:-----2-0---------|-----------------|
G:-----------------|-----------------|
D:-0-----------0---|-----------------|
A:-----------------|-4---------------|
E:-0-------0-------|-5---------------|

   A                B7
   +   +   +   +     +   +   +   +    
e:-0---------------|-----------------|
B:-----2-----------|-----2-0---------|
G:---------2-------|-----------------|
D:---------------2-|-1-----------1---|
A:-0---------------|-2---------------|
E:---------0-------|---------2-------|

   E7                A
   +   +   +   +     +   +   +   +    
e:-----------------|-----------------|
B:-----2-0---------|-----------------|
G:-------------2---|-2---------------|
D:-0---------------|-2---------------|
A:-----------------|-0---------------|
E:-0-------0-------|-0---------------|

 コード進行は、

|I |II7 |V7 |I|

 のツーファイブ。2小節目は本来IIm7であるものがドッペルドミナント化している。お気楽な楽曲で、長男シンイチ(安田顕)、次男ケンジ(要潤)、三男ユウゾー(斎藤工)が織り成すお茶の間風景が浮かんでくる音楽だ。男性版「やっぱり猫が好き」という感じだ。癒される。


 第2話冒頭で要潤氏が

・ウルトラマンシリーズならセブン
・仮面ライダーシリーズならアギト
・戦隊シリーズならゴーグル5
・メタリックヒーローならギャバン

と、ベスト特撮作品をこだわり持って語るシーンがあり、ほほえましい。仮面ライダーアギトは要潤氏を生んだ作品である。



■関連サイト: 親孝行プレイ 公式サイト

■関連記事: 神戸みゆき、要潤&ボビーオロゴン「エバラ 鍋の素 」

このコンテンツは批評目的による割田康彦氏の音楽の引用が含まれています。音楽の著作権は著作権者に帰するものです。また、個人的耳コピのため音楽的には間違った解釈である可能性もありますが、故意に著作権者の音楽の価値を低めようとするものではありません。】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-05-07 21:39:31
テーマ:寺島咲

寺島咲、黒川智花、福田沙紀、岩田さゆり in 3年B組金八先生第6シリーズ「心の雨」










 先日、草刈麻有出演の金八先生第8シリーズ について書いた。さて、2004年10月15日から2005年3月25日まで放映された「3年B組金八先生 第7シリーズ」が、現在TBSchにて再放送中であり、また見ている。


 小山内美江子脚本の”過激さ”極まれる 第7シリーズはショッキングに「薬物/ドラッグ」をテーマとしており、父親は薬物依存かつ家庭内暴力をふるう母親をもつ、丸山しゅう(演:八乙女光)の心境が緻密に描かれており見る度に心が締め付けられる感じだ。


 そのしゅうのテーマ曲が、劇中歌「心の雨(Il pleure dans mon coeur)」。これはフランス詩人、”デカダンスの教祖”、ポール・マリー・ヴェルレーヌ(Paul Marie Verlaine)(1844年3月30日~1896年1月8日)の詩をもとに、城之内ミサさんが作曲、編曲したもの。演奏は国立・パリオペラ座管弦楽団が特別編成で行っている豪華なもので、城之内ミサ氏は指揮も行っている。訳詞はこちらなど で読むことができる。


 メロディラインはストリングスにより演じられているのだが、今日はこの曲のサビをギターでコピーしてみる。



作曲&編曲:城之内ミサ

  4/4              
       C                 Dm                 
  +     +   +   +   +     +   +   +   +    
e:0-1-|-3---0-1-3-5-1-0-|-1-----0-3-1-0---|
B:----|-1---------------|-3---3---------3-|
G:----|-----------------|-2---------------|
D:----|-2---------------|-0---------------|
A:----|-3---------------|-----------------|
E:----|-----------------|-----------------|

   Am                E7
   +   +   +   +     +   +   +   +    
e:-----------------|-0---------------|
B:-1-----1-3-1-0---|-0---------------|
G:-2---2---------2-|-1---------------|
D:-2---------------|-2---------------|
A:-0---------------|-2---------------|
E:-----------------|-0---------------|

 コード進行は、

|I |IIm |VIm |III7|

 の
トニック→サブドミナント→トニック代理→トニック代理のメジャー化
という進行で、3~4小節目VI→IIIという長5度上昇(長4度下降)特有の「落ちる」感じが活きている。


 第7シリーズの生徒たちも豪華で、現大林映画のヒロイン寺島咲、「浅草ふくまる旅館」や「セクシーボイス・アンド・ロボ」など数え切れない出演作のある黒川智花、「ヤッターマン」の福田沙紀、「とろーりプリン」や「パズル」の岩田さゆりらが出演している。濱田岳もいい。



■関連記事: 草刈麻有「東京少女」

このコンテンツは批評目的による城之内ミサ氏の音楽の引用が含まれています。音楽の著作権は著作権者に帰するものです。また、個人的耳コピのため音楽的には間違った解釈である可能性もありますが、故意に著作権者の音楽の価値を低めようとするものではありません。】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-05-04 16:19:59
テーマ:耳コピ

草刈麻有「東京少女」






 牧歌組合blog休止時の古いネタ。2007年10月11日から2008年3月20日まで放映された、「3年B組金八先生 第8シリーズ」のヒロインといえば、草刈正雄氏の愛娘、草刈麻有嬢。



 金八シリーズでは、時宜に則して最も旬な教育テーマを採り上げる小山内シノプシスに、いつも大変感心させられる。第8シリーズは脚本を清水有生氏が担当したようであるが、モンスターペアレント、学校選択制、学校裏サイト、ネットカフェ等がテーマとして採り上げられていて、最後まで見逃せない展開であった。草刈麻有嬢の演じた森月美香は、


・私服登校による制服への反発
・茨木のり子の詩(自分の感受性くらい 自分で守れ ばかものよ)への共感
・私立高校への進学を義務付ける父親への反発
・「大将」への淡い想い、


など数々の見せ場が用意されており、彼女のどことなく物悲しいクールな目線と相俟って素晴らしいシーケンスを構成していたように想う。



 2008年10月、彼女は、BS-TBS(旧 BS-i)「東京少女」に出演しておりこれも彼女の「こわれもの」のような感受性が大々的にフィーチャーされている。さて今日はそのオープニングで流れる爽やかなギターフレーズを引用/コピーしてみよう。残念ながら公式サイト等でも作曲者のクレジットが無いため、記述していない。キーはGメジャー




作曲&編曲:不明

  4/4              
   C
   +       +       +       + 
e:---------------------------------|
B:-5---5-5-5---5-------5---5-------|
G:-5---5-5-5---5-------5---5-------|
D:-5---5-5-5---5-------5---5-------|
A:-3---3-3-3---3-------3---3-------|
E:---------------------------------|

   D7
   +       +       +       + 
e:---------------------------------|
B:-7---7-7-7---7---7-7-7---7---7---|
G:-7---7-7-7---7---7-7-7---7---7---|
D:-7---7-7-7---7---7-7-7---7---7---|
A:-5---5-5-5---5---5-5-5---5---5---|
E:---------------------------------|

   C
   +       +       +       + 
e:---------------------------------|
B:-5---5-5-5---5---5-5-5-5-5-5-5-5-|
G:-5---5-5-5---5---5-5-5-5-5-5-5-5-|
D:-5---5-5-5---5---5-5-5-5-5-5-5-5-|
A:-3---3-3-3---3---3-3-3-3-3-3-3-3-|
E:---------------------------------|

   D7
   +       +       +       + 
e:---------------------------------|
B:-7---7-------7---7-------7-------|
G:-7---7-------7---7-------7-------|
D:-7---7-------7---7-------7-------|
A:-5---5-------5---5-------5-------|
E:---------------------------------|

   D7              C
   +       +       +       + 
e:---------------------------------|
B:---------------------------------|
G:-7-------7-------5-------5-------|
D:-----5-------5-------5-------5---|
A:---------------------------------|
E:---------------------------------|

   G               C
   +       +       +       + 
e:---------------------------------|
B:---------------------------------|
G:-4-------4-------5-------5-------|
D:-----5-------5-------5-------5---|
A:---------------------------------|
E:---------------------------------|

   D7              C
   +       +       +       + 
e:---------------------------------|
B:---------------------------------|
G:-7-------7-------5-------5-------|
D:-----5-------5-------5-------5---|
A:---------------------------------|
E:---------------------------------|


   G
   +       +       +       + 
e:---------------------------------|
B:---------------------------------|
G:-4-------------------------------|
D:-5-------------------------------|
A:-5-------------------------------|
E:-3-------------------------------|


 簡単なので是非try。シャープでクリアなエレクトリック・ギターの音色が東京少女のイメージにぴったりである。



 麻有嬢が出演した第1話「もうひとりの私」の脚本は元女優の中江有里さんが担当している。中江有里といえば、大林映画の女優でもあり、少女のナイーブな琴線を描く脚本家として成長されたことが本当に喜ばしい。そういえば、宮部みゆき原作の大林宣彦映画「理由」 において、中江さんはライターとして出演していたが、大林監督の、演じ手の現在のステータスをも考慮した、こういった”にくいキャスティング”って本当に素晴らしいですね。金八先生第8シリーズは、山田麗、高畑充希、忽那汐里も良かった。



■関連リンク: 東京少女 公式サイト

■関連記事: 「音楽美学」を読む【6】大林宣彦監督「理由」


このコンテンツは批評目的による「東京少女」の音楽の引用が含まれています。音楽の著作権は著作権者に帰するものです。また、個人的耳コピのため音楽的には間違った解釈である可能性もありますが、故意に著作権者の音楽の価値を低めようとするものではありません。】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-05-03 18:01:13
テーマ:木南晴夏

続:伊織+加藤美佳+木南晴夏+原田由美子+MEGUMI「テレ朝エンジェルアイ 南の島で大運動会」















 昨日 に引き続き、「テレ朝エンジェルアイ 南の島で大運動会」(←)のパブロック的音楽mixtureについて語りつつ、パブロック的mixtureから阪急平野文化圏よりも更に広大なアメリカ音楽mixture地図を描いてみよう。


 blogをお休みしていた昨年(2008年)、私は女性ジャズ・ボーカルものを熱心に収集していた。特にfavoriteだったのが(今もだが)、ブロッサム・ディアリー(Blossom Dearie)、ヘレン・フォレスト(Helen Forrest)、アニー・ロス(Annie Ross)、ダイナ・ショア(Dinah Shore)ら才媛たち。彼女らは、


・ブロッサム・ディアリー:スコットランド出身
・ヘレン・フォレスト:ユダヤの血を引く
・アニー・ロス:両親はスコットランド人。ロンドン生まれ
・ダイナ・ショア:ユダヤの血を引く


 と一例に過ぎないが、いずれも所謂”被差別民族”である。言うまでもなく「アメリカは人種のるつぼ」なのであるが、アメリカ音楽(ひいては現代の音楽一般)は多民族文化のフュージョンという視点をもたないと語ることはできない。


・ロック=アパラチア山脈のケルト文化+デルタ地帯のブルース
 (Elvis Presleyらにより融合される)
・ジャズ=ユダヤ人クレツマー音楽+ニューオーリンズ黒人ジャズ
 (ウェスタン・スウィングが絶妙な位置にある)
・ファンク=黒人ソウルミュージック+白人エレクトリックロック
 (偉大なるジミ・ヘンドリクス)


 おそらく全てが多民族文化ブレンドものだ。単一民族が文化を作ったわけでは、決してない。牧歌組合のテーマは「ジャンルを超えて音を楽しみ解析する。音自体に名札やブランドラベルは貼られていない」であるが、実は超えるべきジャンルの枠って、もともと無いのね。


 「テレ朝エンジェルアイ 南の島で大運動会」の後半部分、水中コスプレ・バトルが展開され、木南晴夏嬢は水中でパンティストッキングを苦心しながら装着、ナース服を纏ったりするのであるが、その順位発表シーン(晴夏嬢は3位)のBGMとして流れる音楽が、アメリカ音楽のmixture性を如実に具現化していると思う。ポルカ(自:ポーランド)、クレツマー(自:ユダヤ)、カントリー(アメリカブレンド)、ウェスタン・スウィング(アメリカンブレンド)どれともジャンル定義できそうな音楽。クラリネット、シロフォンの音色を聴くことができる。伊藤大輔氏はこの音楽をどこから引用したのだろう。とてもセンスがいい。「ポルカしかないぜバンド」みたい。


 その「カントリーとも、クレツマーとも、ポルカともとれる」魅力的なギター・フレーズを取り上げてみる。キーはCメジャー。

作曲:不明
P:プリングオフ
H:ハンマリングオン

  4/4              
   F                 
   +   +   +   +     +   +   +   +    
e:-1---------------|-----------------|
B:-1---------------|-----------------|
G:-2---------------|---------0-------|
D:-3---------------|-----3-3-----3---|
A:-3---------------|-----------------|
E:-1---------------|-----------------|

   C
   +P  +P  +P  +P    +   +H  +   +    
e:-1-0-------------|-----------------|
B:-----3-1-3-1-----|-----------------|
G:-------------2-0-|-----------------|
D:-----------------|-----0-1-2-------|
A:-----------------|-3-3---------3---|
E:-----------------|-----------------|

   G7                 
   +   +   +   +     +   +   +   +    
e:-----7-----5-----|-3---1---1---0-1-|
B:-----------------|-3---1---1---0-1-|
G:-5-6-7-----5-----|-4---2---2-------|
D:-----------------|-----------------|
A:-----------------|-----------------|
E:-----------------|-----------------|

   C                 
   +   +H P+   +H    +H P+   +   +    
e:-0---------------|-----------------|
B:-1---1-3-1-------|-----------------|
G:-0-----------0-2-|-0-2-0-----------|
D:-----------------|-------0-2-------|
A:-----------------|-------------3---|
E:-----------------|-----------------|

 ハンマリングオンとプリングオフで、モタっと演奏するのが肝のよう。6小節目のフレーズは、ヤードバーズ時代のジェフ・ベック曲「ジェフズ・ブギー(Jeff's Boogie)」のソロのようである。そういえば、ジェフ・ベック自体がそのアドリブに「じゃじゃ馬億万長者」の(米カントリー)音楽などを引用しているのか。とにかく弾いてみて気持ちのよくなるフレーズだ。7小節から8小節にかけては、V7->Iで終止すればいいところに、敢えてIV(=F)の構成音をはさむことでアーメン終止(IV->I)の挿入を行っていて、ここらへんがカントリーっぽい浮揚感を表現しているようだ。音楽家はみな、多民族mixture文化のなかにいて、他民族文化の「発展的引用」に貪欲である。敬意。


 本作品において16才の木南晴夏氏は、将来の夢に関し

・芝居、ドラマ、バラエティ等いろいろ経験して、いろいろできる人になりたい

と語っている。貪欲であり、”具体的にこれから行うこと”を夢として語っている。伊織嬢が「CMやりたい」、加藤美佳嬢(仮面ライダー555 クレイン・オルフェノク)が「憧れられる人になりたい」と”結果としての夢”を語っているのと比べて、きわめて現実的・戦略的(いい意味でね)である。

 橋本治氏が10年前ほどオウム事件を語った際、「本当に負けつづけた被差別民族(例:ユダヤ人)は、サリンを撒いて一発逆転をしよう、勝とうなんて考えない。それは長い目で見れば負けるに決まっているから。もっと現実的な戦略をもって、ひとつひとつ解決していく貪欲さを持っているはず」(大意)というようなことを語っていた。


 「テレ朝エンジェルアイ 南の島で大運動会」撮影からの7年後の彼女のステータスを見れば、その聡明さ・貪欲さに感心すると同時に、木南姓に変えて潜伏する楠木一族の「執拗さ(by かしこ ではなくて司馬遼太郎)」、クレツマーやアパラチアン音楽の地道な戦い、20世紀少年の氷の女王やコンチの戦いなどの”粘り強さ”と同じ波長である気がする。ただ、このビデオで語られる


・25歳までは遊ぶ
・27歳ごろ結婚してすぐ子供を産みたい

という計画は今も生きているのだろうか。


■関連記事: 木南晴夏から楠木正成に至る


このコンテンツは批評目的による元倉宏氏の音楽の引用が含まれています。音楽の著作権は著作権者に帰するものです。また、個人的耳コピのため音楽的には間違った解釈である可能性もありますが、故意に著作権者の音楽の価値を低めようとするものではありません。】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-05-02 21:53:03
テーマ:木南晴夏

伊織+加藤美佳+木南晴夏+原田由美子+MEGUMI「テレ朝エンジェルアイ 南の島で大運動会」










 木南晴夏「テレ朝エンジェルアイ ワクワク・ドキドキ宣言!」 に引き続き、グラビア・アイドル時代の木南晴夏嬢のイメージビデオ「テレ朝エンジェルアイ 南の島で大運動会」(←)のパブロック的音楽mixtureについて語ろう。


 オリジナル音楽は元倉宏氏が担当している。元倉氏は「魔王ダンテ」、「一騎当千」などの音楽も担当している音楽家だ。音効担当は「ワクワク・ドキドキ宣言」と同じく伊藤大輔氏。おそらく同一工程にて両作品は製作されたのであろう。


 5人のエンジェルアイがビキニ姿で様々な対決(ビーチフラグ争奪戦、シューティングなど)を繰り広げるのであるが、今日はその対決ファンファーレ(景気付け!)として流れるちょっとメタリックなフレーズを取り上げてみる。キーはAメジャー。

作曲:(おそらく)元倉宏さん

  4/4              
   D               C
   +       +       +       + 
e:-10--------------8---------------|
B:-10--------------8---------------|
G:---------------------------------|
D:---------------------------------|
A:---------------------------------|
E:---------------------------------|

   A
   +       +       +       + 
e:-5-------5-------5---------------|
B:---8-5-8---8-5---5---------------|
G:--------------75-6---------------|
D:-----------------7---------------|
A:-----------------7---------------|
E:-----------------5---------------|

 なんとなく「さあ、battleするぞ」という気分になるフレーズ。コード進行は

IV(サブドミナント)→bIII(ドミナント7代理)→I(トニック)

 で、基本はツーファイブだ。


 雅楽を職業としていた時代、師匠から言われた言葉なのだが、

キチンと終われないと音楽にならない

という個人的名言がある。結婚式などで演奏される雅楽は、式の進行にしたがって曲の途中でコーダへ持ち込まなければならないフェーズが必須であり、私は龍笛を担当しておりそのコーダへ持ち込む合図を出す役割も演じなければならないのであるが、その「終わりの合図」が不適切で、コーダが決まらないと、それまで演奏してきた音楽が台無しになってしまう、ということに対する注意/指導であったように思う。


 ジャズをやっていても、ロックをやっていても、ブルース(ターンアラウンド・リックね)でも、また、他の仕事でも同様のことは言えるような気がする。何事もフィニッシュの決めがが肝心である。


 ファンファーレのような音楽は、そのコーダだけを切り取ったようなものであり、上記フレーズもそれに該当する。楽器を持って無敵になって、一発でキメルためのフレーズ、武器。


 本作品において木南晴夏氏は、

・好きな男性芸能人が妻夫木聡であること
・妻夫木聡の爽やかで少年っぽい点がいいとのこと
・仕切ってくれる年上(7才上くらいまで)がよいとのこと
・直接告白よりもイタリアンレストランなどで店員を介した間接的告白がよいこと

を述べている。続きは明日、と切り上げたいが文章も終止形が肝である(苦笑)。切に駄文御免。

■関連記事: 木南晴夏から楠木正成に至る


このコンテンツは批評目的による元倉宏氏の音楽の引用が含まれています。音楽の著作権は著作権者に帰するものです。また、個人的耳コピのため音楽的には間違った解釈である可能性もありますが、故意に著作権者の音楽の価値を低めようとするものではありません。】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-05-01 12:06:40
テーマ:木南晴夏

木南晴夏「テレ朝エンジェルアイ ワクワク・ドキドキ宣言!」・パブロック・ストロンボリ









 ゴールデンウィークまっさなか、そろそろ、木南晴夏-楠木正成 考古学的音楽街道 から現代へ回帰する。2002年Liccaとして木南晴夏嬢がデビューした後、タイのプーケットで撮影された映像「テレ朝エンジェルアイ ワクワク・ドキドキ宣言!」(←)の音楽を考察する。


 音効担当は伊藤大輔氏。東京都六本木を拠点とする東京サウンドプロダクションに所属しており(参照 )、ABCテレビの虎バンなどの音響効果を担当しているようだ。「テレ朝エンジェルアイ ワクワク・ドキドキ宣言!」のBGMは、様々なジャンル(テクノ、レゲエ、ファンクetc)が巧く引用されている。


 私はかつて、「さばざまなジャンルが混合されたレアなバンド」っていうのが大好き(例えば英国ロックのCasablancaとか、Ann Odell嬢のショパンとか、ニック・ロウのブリンスリー・シュワルツ(Brinsley Schwarz)とかのあたりね。最低限ファンクとプログレが共存していること)で~~~まあ、一言で言ってしまえば英国特有の「パブ・ロック」ってことなんだけど~~~、高い金を払わないと入手できないソレラLPを買い漁っていた。だが、「テレ朝エンジェルアイ ワクワク・ドキドキ宣言!」などグラビア・アイドルのイメージ・ビデオで、ジャンルを超えて選曲されているBGM群って、あまりそれらと大差ないのでは? なんて、今思ったりする。それも安価で手に入れられるし。


 まだあどけなさが残る16才の木南晴夏嬢はBrinsley Schwarzの2ndアルバム「Despite it All」ジャケットに描かれた少女のよう。趣味は「いろんな乗り物にのること」と語る。遊園地のジェットコースターが大好きとのことだ。そのベクトルにしたがって、晴夏嬢がマリンジェット、パラセイリング、(!!ネタバレを含みます!!)最終的には象に乗るというのが「テレ朝エンジェルアイ ワクワク・ドキドキ宣言!」のシノプシスである。


 さて、始まって約5分経過したシーケンスにて、木南晴夏嬢の「マリンジェット初乗り」イベントが発生するのであるが、ここで流れるBGMを解析してみよう。「音楽と交通」は「A列車で行こう」とか「ルート66」とか分離させて語ることが困難であることは多くの人が共感するところと思うが、私たちの進む音楽街道を走る”乗り物”を起動させるワクワク・ドキドキなリフレインである。シツコクてすみません。キーはEメジャー。


作詞&作曲:不明

  4/4              
   E                 G
   +   +   +   +     +   +   +   +    
e:-0---0-0---0-0---|-----------------|
B:-0---0-2---0-2---|-3-5---5---------|
G:-1---1-1---1-1---|-0-4---4---------|
D:-2---------------|-0-----5---------|
A:-2---------------|-2---------------|
E:-0---------------|-3---------------|


 なんとなく「さあ、rideするぞ」という気分になるフレーズ。コード進行は

 I(トニック)→bIII(ドミナント7th代理)

 で、ワコール「LALAN」(2009春・夏)CM音楽 とおなじ短三度上昇進行。単純にV7を用いるよりもドキドキ・ワクワク感が増す。


 赤いビキニ、黒いビキニ、水玉ビキニと木南晴夏嬢で閲覧可能なビキニ姿の大半の画像の源泉はこの作品のロケで撮影されたもののようである。また、「中学一年生から本格的にバレエを習って、頑張ってカラダをやわらかくした」という彼女の過去も語られているため、必見アイテムである。加えて、デビュー&上京直後であるにもかかわらず、関西訛りが出ないのは彼女の音程のよさを物語っている。


 現在の木南晴夏嬢のステータスを考慮すると「テレ朝エンジェルアイ ワクワク・ドキドキ宣言!」は少女期の彼女を捉えたプライベート映像のような魅力を持っており、トマス・ハリス「レッド・ドラゴン」のトリック(家庭ビデオ)や、イタリアに移住したイングリッド・バーグマンを捉えた一連のロベルト・ロッセーリーニ作品(「ストロンボリ」、「ヨーロッパ1951年」、「イタリア旅行」)を想起させる。誉め過ぎか。



■関連記事: 木南晴夏から楠木正成に至る
木南晴夏→楠木正成から江州音頭に至る
木南晴夏→「楠木正成と正行親子の対面、合同の踊り」に至りズートホーン・ロロを想う
木南晴夏→捧吟「楠公墓前の作」(吉田松蔭)に至りつぼいノリオを想う
ギターソロ「桜井の訣別」(木南晴夏-楠木正成 音楽街道をゆく:大阪府島本町)
ギターソロ捧吟「楠公詠史」(木南晴夏-楠木正成 音楽街道をゆく:藤田東湖とFairport Convention)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-04-30 19:30:56
テーマ:大後寿々花

大後寿々花 コンビニレジ袋CM








 めでたく高校入学された大後寿々花嬢が出演する、AC(よりよい社会をめざす民間の広告ネットワーク)+NHK共同キャンペーンCM、「コエだしてエコ」 。音楽は、ガールズ・スカバンド、Yum!Yum!ORANGEの「Merry Go Round 」(作詞:KUMI 作曲:RYU, KUMI )で、アルバム「ORANGE ROCK FES 33」に収録されている。

 キーはC#メジャー。コード進行は、リサイクルがテーマということもあってか、循環コード。曲名もメリーゴーラウンドで循環。

|C#-A#m |F#-G#7 |C#-A#m |F#-G#7|


 と、「I-VIm-IV-V7」。ギター、裏打ちの歯切れよいスカ・カッティング。CM後半で聴けるサビは、


|F# |F# |C# |C#|
|F# |F# |G#7 |G#7|


 のスリーコード。ボーカルの個性的なvoiceが魅力的。昔はミュート・ビートとかスカパラでしか聴けなかったようなジャパニーズ・スカ・サウンドを、”ガール・グループ”で聴けるのが単純によい。毎晩、会社帰り近所のコンビニでビール(乃至氷結果汁)を買っているが必ず「袋要らないです」というようにしている。昨日も、一昨日も、明日も。


■関連サイト: Yum!Yum!Orange 公式サイト

■関連記事: 大後寿々花&マイケル・ジャクソン in あいくるしい「ベンのテーマ」
木南晴夏 as マナミ in 「セクシーボイス・アンド・ロボ Voice 5」&大後寿々花

このコンテンツは批評目的によるKUMIさん、RYUさんの音楽の引用が含まれています。音楽の著作権は著作権者に帰するものです。また、個人的耳コピのため音楽的には間違った解釈である可能性もありますが、故意に著作権者の音楽の価値を低めようとするものではありません。】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。