2009-03-30 02:25:17
テーマ:木南晴夏

木南晴夏 as カイラ「自虐ハニー~自虐少女隊のテーマ~」









 木南晴夏が最近、ダイスキだ。


1) 幼少時代、大阪の豊中市という風土で、宝塚歌劇団に親しみ、声楽・バレエ・ダンスを習ったことによる柔軟な身体と安定感のある音程・発声力
2) グラビア・アイドル、歌のお姉さん、再現ドラマ、昼ドラ、舞台など数々の脇役を演じた下積み時代に培った幅広い演技力
3) 頭のよさ

 (1)が彼女の文化的「白紙」をつくり、(2)の経験を経て(3)が彼女の実に魅力的な演技力を形成している。

 同時に、音楽的コンテキストからも木南晴夏嬢を語ることができる。


・Liccaとしてのアイドル時代

・UA, 田村玄一(steel guitar)、スカパラのASA-CHANGと”はるはる”として共演@ドレミノテレビ

・チアガールのかしこさんとしてのダンス・ミュージック&80年代pops(MTV世代向け)

・小泉響子~エロイムエッサイム(だっけ?)~Robert Johnson"Crossroads"

・自虐少女隊 etc.....


 みたいな様様な音楽的コンテキストで。「音に名前は書かれていない」からこそ、木南晴夏という一選択肢から、音楽史を語ることも多分できるのだ。


 2006年6月、アキハバラ@DEEP第四話「タイコの恋?洗脳されるアキバチルドレンを救出せよ!」から、木南晴夏嬢演ずるカイラ率いるパンクバンド”自虐少女隊”の『自虐ハニー』をコピってみよう。秋葉原にてオタクの健全化運動を繰り広げる団体に対して、「お前を同人誌マニアにしてやろうか」と始まる曲だ。ビートはシャッフル、ギターはベースとほぼユニゾンでパワーコード中心。「エコ、エコ、ア・ザ・ラ・ク」でビートを取る。まずAパート。

『自虐ハニー~自虐少女隊のテーマ~』
作詞:カイラ
作曲:ゼゼ
編曲:ロージー
[A part]
   Em                                        G      A 
   +  +  +  +    +  +  +  +    +  +  +  +    +  +  +  +   
e:-------------|-------------|-------------|-------------|
B:-------------|-------------|-------------|-------------|
G:-------------|-------------|-------------|-------------|
D:-------------|-------------|-------------|-------------|
A:----1-10-01-1|----1-10-01-1|----1-10-01-1|-------------|
E:-0-0---------|-0-0---------|-0-0---------|-3--3--5-35--|
1) アキバ****************
2) 死んで****************


 歌詞はこちら などをご参照。
 キーはEで、Aパートは、ギター、ベースとも

ルート(I=E)

→ドミナントのフラット(bV=Bb)

→サブドミナント(IV=A)

→ドミナントのフラット(bV=Bb)


を2回繰り返す。和声進行に無理やり当てはめると、Eマイナーなんだろう。bVが入っているからといって、ディミニッシュコードなどで合わせて弾いてみるとかなり違和感がある。3rdにあたる音値(この場合、IIIb=G, あるいはIII=G#)が、こういった曲調には(つーか、ロックの一面そのものなんだけど)不要であり、3音以上の和声では曲自体の潜在力をなくしてしまいかねないんだよなぁ。というところが、音楽の面白いところ、だと思ってます。それは、ロックにも、グレゴリオ聖歌にも同じことが言えると思ってる。
 上を2回繰り返して、Bパートに行く前に、ツーファイブが入る。

[A' part]
   F#m7  B7      G     C#dim
   +  +  +  +    +  +  +  +
e:-------------|-------------|
B:-------------|-------2-22-2|
G:-------------|-------0-00-0|
D:-------------|-------2-22-4|
A:-------2--2--|-------4--4--|
E:-2--2--------|-3--3--------|
  鬱気味***************
 Aパートがルートとドミナント・フラットという不安定な響きだったので、ここでツーファイブ(IIm7→V7、F#m7→B7)を入れて所謂「音楽らしさ」をギリギリのところで保つ。こういうのがロックだなぁと。
 だがしかし。ツーファイブからルートへすぐには至らず、ルート(I=Em)の代理コード(bIII=G)とその裏コード(IV#dim=C#dim)を入れる。和声としてのギターコードが聴けるのはこの箇所くらい。トップでC#の音が響き、G, E, が聴こえるような。第3弦は3フレットの位置(=Bb)を押さえてもイケルだろう。続いてBパート。
[B part]
   D7A   D7A  G    A  G A      Eb            D7
   +  +  +  +    +  +  +  +    +  +  +  +    +  +  +  +   
e:-------------|-------------|-------------|-------------|
B:-------------|-------------|-------------|-------------|
G:-------------|-------------|-------------|-------------|
D:-7-----7-----|-------------|-8888--8888--|-7777--7777--|
A:-5-7---5-7--5|---77-57--7--|-6666--6666--|-5555--5555--|
E:---5-----5--3|---55-35--5--|-------------|-------------|
   inst.....                   カッター**************
 パワーコードでガツンと、マシンガンの如く。っていうとまったく音楽理論的じゃないようだが、キング・クリムゾンの「太陽と戦慄」とか「レッド」とか「宮殿」とかの音楽って、キース・ティペットみたいな根はジャズのミュージシャンの高度なコード理論とは実は本質的に異なっていて、こういう和声化・テンション化しにくいパワーコード(つーか、単音のパワーね)で押し進むような力を持ってると思うのだが。そういった曲に、木南晴夏譲のパンク的ヴィブラートが非常にマッチしてるっていうか、まあ、演技と同様に巧いよなぁと。面白いよなぁと。

 ということで、2006年以降のネタを”安全な範囲で”ボチボチ続けていき、いずれ2009年にも至るかもしれませんので、よろしくです!



■関連リンク:歌詞参照 歌詞参照

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。