車が納車されたよーん(^^♪

テーマ:

月曜日は大安でお日柄もいい、ということで新しく買ったE350 の納車日でした。

久々に車を買うので、かなりドキドキワクワクしました。


一方で10年乗った愛車に別れを告げるので、ちょっとさびしい気持ちも。

長年の愛車だったC280スポーツライン 。狭い世田谷の住宅街を走るのに最適なサイズで、まさに奥さまの下駄にふさわしい1台でした。それでいて高速走行も非常に安定して遠出もOK、という言うことなしの車でした。ただ、去年オートマチックトランスミッションが壊れ、今年はラジエターが壊れ、と維持費がやけにかかる車になってきて、そのうえ10月に車検だったので、ついに手放す決意をしたのでした。


そうこう感慨にふけっていると、ヤナセの人が車を届けにきてくれました。


青空の下でピカピカに輝く銀色のボディで、すなおにきれいな車だなぁというのが第一印象。


しかし、よくみると、


後ろからでる銀色の2本だしマフラー。

18インチという巨大ホイール。

後部窓に張られたフィルム。


という、カタギではないイカガワシサが目に付く。


これを私の妻が日常の足として乗るとなると・・・・・・・うーむ、かなり似合わないなぁ。(ちなみに妻は、モー娘の石川梨華に似ているとよく言われます)


とりあえず、ヤナセのセールスマンに一通り車の説明を聞く。


それにしても、最近の車は電子装備満載ですね。アクセル・ブレーキ・ワイパー・ライト、なんでもかんでも自動制御なんですね。声でカーナビとか電話とかオーディオを操作できる機能とか、雨量と車速に応じて自動的にうごくワイパーとか・・・・。今までカーナビすら車に積んでいなかったので、オドロキです。


とりあえず、新しい車になれる意味をかねて世田谷の狭い町をウロウロして、第三京浜をはしってきました。

高速の安定性はさすが!C280より安定性は増していて高速カーブでもビクともしません。でも、都内を走るには、オーバースペックですね、この車。


でもいまのところOver All満足です。

たぶんまた長い付き合いになると思うのでC280同様大事に乗っていこうと思います。



なんか、株式投資のエントリーがほとんどないなぁ、最近・・・・・。

AD

ゴルフクラブかっちゃった。

テーマ:

今日は何も取引してません。日経平均は絶好調ですが新興はさえまへんね。


関係ないですが、今日ヤフオクでテーラーメイドのユーティリティ をかっちゃいまいた。


ユーティリティのようなナンパなクラブは使うまいと最初は思っていたのですが、3鉄(アイアン)は僕にはまだ難しいのであきらめました。さっそく週末ドライビングレンジにいくぞぅ!


夜、キャピタル東急でサーロインステーキ丼を食べていたら、なんと森元首相+連れ5人に遭遇しました。

彼は、ビールとサーロインステーキ丼と冷やしパーコー麺をもりもりたべてました(゚Д゚;∬

いやぁ、干からびたチーズじゃ足りんわけだ。


ちなみにこのホテルの床屋には小泉さんが髪を切りにきます。


首相官邸近くのホテルだけあっていろんな政治家にあうことができます。


それでは!

AD

コールハーンのくつ

テーマ:

コールハーン最近、ノーネクタイでシャツにジャケットだけ羽織って会社行くことが多いので、ちょっとカジュアルでスニーカーっぽいけどスーツにもあうような靴ないかなぁーとおもってたら、コールハーン でみつけちゃいました。


なんと靴底はナイキとのコラボでナイキエアテクノロジーが使われております。


軽くてはきやすくていい靴です。外回りの多い営業マンに特にお勧めです。

父の日のプレゼントにどうぞ!


AD

シャトーディケム1997

テーマ:

イケム  今回のフランス旅行で買った最も高価なおみやげはワインだった。

(ブランド物に興味がない夫婦なので)


ワイン通の人なら誰もが知っている貴腐ワインの王様、シャトーディケム 。パリのサン・トノレのニコラで300ユーロで購入。


僕はワイン博士でもなんでもないのでここで薀蓄をたれることは辞めておくが、理屈抜きでおいしいワイン。僕は妻の実家で初めて飲ませてもらったのだが感激した。食後のチーズによくあう。


というわけで、年代にもよるが日本の一流のグランメゾンで飲んだら軽く10万から数十万はとられるこのワイン。今回僕が購入したのは1997年ものでまだ若いが、近年の中では出来がいいらしい。

20年くらい寝かしてなにかの記念日に飲もうっと。




IXY Digital 600

テーマ:

■買うに至った背景

せっかく行くフランス旅行の記録をきれいに写真に残したい、ということでデジタルカメラを新調することにした。これまではIxy Digital 200を使っていたが、使い勝手が悪いのであまり使わなくなっていた。。

画素数そのものについてはあまり文句はないのだが、とにかくレスポンスが悪いのだ。カメラというのは今がシャッターチャンス!というときにさっと撮れないとかなりフラストレーションがたまってしまうものだ。


■僕のデジカメ選定基準

・レスポンスタイム(電源起動時間、オートフォーカススピード)

・ユーザインターフェース(機械音痴の妻でもキレイな写真が撮れる)

・デザイン(持ち運びと撮りやすさを両立した手ごろな大きさ、カッコイイデザイン)


画素数については最近どれもいいのであまり気にしていない。


■結局どこのデジカメを買ったの?

上記選考基準に照らし合わせ、デジタル一眼レフは除外。

コンパクトデジカメを中心にチェック。


色々スクリーニングして最終的にFinePix F10Ixy Digital 600 が候補に残った。

両方とも甲乙つけがたいが、Ixy Digital 200のオーナーだったこともあり、気持ちはキヤノンに傾いてIxy Digital  600を選定


■どこでいくらで買った?

渋谷のビックカメラで43800円。ポイント13%還元つき。

パナソニックの高速SDカード512M 9800円も同時に購入。


■主観的な使用レビュー

・レスポンス

さすがカメラメーカーのキャノンである。起動時間は0.8秒で申し分ない。1秒間に2枚とれる連写もできるし、レスポンスはすこぶるいい。Digic IIとかいうデジタル一眼レフと同様の画像処理エンジンを使っている かららしい。


・ユーザーインターフェース

機械音痴妻でもすぐに覚えた、ということで合格。フラッシュのオンオフ・ズーム・マクロモードの切り替え・撮影画像のプレビュー・・・など基本機能はマニュアルなしで操作できた。

ちゃんとファインダーもあるので、液晶みながらとるというスタイルになれない人でも簡単になじめる。


・デザイン

小さいけど撮りにくいということもなくGood。

カシオのエクシリム 型の薄型追求デザインより使い勝手はいいかも。

微妙なR(曲面)で構成されるラウンドデザインは、新しい3D造形技術 を使ったことにより実現したらしい。


もちろん撮った絵もキレイ。僕は素人なんで良く分からないけど色がかなり鮮やかに感じた。

(重たいので撮った画像はあっぷできまへん)


というわけで結論!

結構高かったですが、かなり満足のお買い物でした。

メーカー: キヤノン
商品名: Canon IXY DIGITAL 600