こんばんはすき焼き♪

テーマ:
日替わり晩御飯を読んでたらすき焼きがたべたくなったので、大晦日の夜はレコード大賞をみながらすき焼き。

牛肉は結婚式の引き出物(じぶんでほしいものをえらべるやつ)を利用。

おいしかったぁー。あしたは残りったものにうどんをいれてすきやきうどんにしてたべよう。

満腹にもかかわらず、これから年越しそばたべます。

こりゃ正月は太るなぁ。
AD

今年のへたっぴ投資録4(8922)

テーマ:
予告どおり、一取引あたり今年最大の損失を記録したIDUを最後に紹介。

5月~7月に大相場を経験して結構儲からせていただいた銘柄だが、それは単なるビギナーズラック。下降トレンドにはいるとなすすべもなくむしりとられた。

教訓
20日移動平均線・ボリ-1σを割ったら下げトレンドに転換したことを示す。
直ちに手仕舞いし、ボリー2σを割ってボトムを確認するまで新規に買いは入れるべきではない。
AD

今年のへたっぴ投資録3(4797)

テーマ:
次はi-cf
僕の知り合いが働いているベンチャー企業のひとつである。

自分の売買ルールによると買いサインがでているわけではないのに、反転直後の初動をおさえようと買ってしまい、やられてしまった事例。

前回底値においておいたロスカットポイントはきちんと守ることはできたのですが・・・・。いきなり4枚(分割前なので実際は2枚)買うのは大ばか。


教訓その1
分割売買を有効につかって、リスクを減らそう。仕込むときは一気に買うのではなく時間を分散させること。

教訓その2
売買ルールにはきちんと従おう。今思うとなんでこのタイミングで買っているの?と思う。自分も進歩しているんだなぁ。


今年後半の相場はボトム足確認後の初動を買おうとしたら、もう売りに押されて反転してさげ、そして損きりというパターンが多かった。
へたっぴトレーダーには難しい相場。やはり9~11月は休むべきだったのかも。そうすれば利益の大半を失わずに済んだのだ。

はぁー。

まだまだへたっぴ投資録は続く。
次は僕の投資暦最大の損失をたたき出したIDUの失敗録どす。
AD

今年のへたっぴ投資録2(4325)

テーマ:
今年も残りわずか。

東京は大雪。そとに行く気も起きず、この前買ったホームシアターセットでボサノバをきいてのんびりしている。

次のへたっぴ投資録はバンダイビジュアル

なんでこの銘柄を買ったのかというと、単にガンダム好きだから。
歳がばれますが、ちょうど小学生のころガンプラブームだった世代。
その過去を引きずり、たまにANIMAXとかでガンダムがやっているとついつい見ている。でも、ガンダムシードとか最近のやつはよくしらんけど。

とにかく、僕のような多少金のあるおっさん世代やアニメおたくが割高なDVDを買えば会社もさらに成長するだろうという発想で買ってしまった。まぁ、その判断は間違いないとおもうんだけど売買タイミングがダメだった。

7月14日 42万で2枚
売りサインがでているのに何で~?あほちゃう!
本人は押し目買いのつもり。直近最高値更新しているし、まだあがるんちゃう~と楽観的に攻める。

7月22日 38.5万で3枚ナンピン
長い下ひげで翌日反転するとおもってナンピン買い。
しかし、さがるさがる・・・・・。ボトム足を確認しないで逆張した罰をうける。翌日賭けに負けた(騰がらなかった)時点で損きりすべきだった。

7月27日 32.7万で成り売り。
半月であっというまに30万溶かしちゃった。トホホ。

今年はこの7月を境に下降トレンドにはいったのだが、みごとトレンドの転換点を捉えきれずにドツボにはまっている。
きっと私のように高値つかみしたアホルダーも多かったと思う。

教訓その1
調整点と思って買ったら実はトレンドの転換点だったというのは避けがたい。

調整後反転すると思ったらさらに下がってしまった(抵抗線を割ってしまった)ら直ちにロスカットすること。

ナンピン・塩漬けはもってのほか。

今年のへたっぴ投資録(2337)

テーマ:
アセットマネージャーで損切りが下手なために無駄に金をドブにすてた記録。
この失敗をわすれないためにも恥をさらしてしまおう♪

10月28日。そろそろテクニカル的には上昇しそうかなぁと、2枚 @ 32万で購入。なんと大引け後公募発表。同業のリサパートナーズが最近公募発表後に大幅に下げたこともあって相場は総悲観となる。おまけに貸借銘柄に指定されて空売りが可能に(図中の空売り禁止は間違い!!)

10月29日。本来はここで自分の予測と違う方向にいってしまったので躊躇なく損きりすべきだった。しかし、くやしくて負けを認められずホールドしてしまった。
しかもどうせすぐに元に戻るし、絶好の買い場だぜ~と思ってナンピンをする。

11月01日 さらに下がる。ストップ安になる寸前のいきおい。
もうダメポ・・・。

11月02日 よりでさらに下がる。これは底なし沼か?次の抵抗線までいっちまうのか?もういやだ、こんなにつらいのは。逃げ出したい。

そして、成り行き売り。

27万の損。しばし呆然。

茫然自失の私にトドメを刺すがごとく爆上げを開始した!

とまぁこんなド下手なことをやらかしてしまったわけです。

教訓その1
当たり前だがポジションを持つ前にストップロスは決めておく。ストップロスにヒットしたら躊躇せずに切る!

教訓その2
教訓1に近いが、自分がとってもいいリスク(許容損失の大きさ)を決めておく。許容損失に達したら容赦なく損きりするためである。

教訓その3
中途半端な下げでナンピンしてはいけない。次の抵抗線にヒットしたときがナンピンを開始すべき時であり、平均買い付け単価を大きくさげ、かつ反発手前を狙うことができる。