日本大学(東京都千代田区)の関係者名簿や内部文書がインターネット上に流出したことが27日、分かった。流出した個人情報は少なくとも1万人分に上り、同大広報課は「特別調査委員会を設置し、流出させた職員の処分を含め対応したい」としている。
 流出したのは、職員の異動記録などを記載した大学関係者の名簿と内部文書。中には、付属病院で医療ミスを起こした看護師の諮問書や飲酒運転で逮捕された職員の懲戒処分を記した文書も含まれていた。
 同大広報課によると、同大職員が自宅の私用パソコンでネット上の共有ファイルに保存していた業務データを閲覧したところ、パソコンにインストールしていたファイル交換ソフトから情報が流出したという。同大は「多大なるご迷惑をお掛けし深くおわびしたい。再発防止のため内部情報の管理に万全の対策を行いたい」としている。 

【関連ニュース】
独居房の室温上げ虐待=事実隠ぺい、書類偽造の疑い
不適切取材で役員ら懲戒処分=TBS
銃許可業務怠り、24人処分=94年から14年間
死者96人、初の2けた=飲酒運転の事故も大幅減
捜査報償費、協力者に支払わず=愛媛県側が逆転敗訴

<OBサミット>広島で開幕「核兵器なき世界」議題に(毎日新聞)
普天間現行案「前政権の話」=小沢氏(時事通信)
<裁判員裁判>開始に遅れの傾向、殺人の軽重幅広く 初年度(毎日新聞)
アパート火災で2人死傷 東京・足立(産経新聞)
大阪市議補選の内定候補者 橋下知事「アグレッシブ」(産経新聞)
AD