足利事件再審判決・佐藤正信裁判長の謝罪の言葉(全文)

 通常ですと、判決宣告後に適当な訓戒ができることになっていますが、本件では、自戒の意味を込めて謝罪をさせていただきます。

 菅家さんの真実の声に、十分に耳を傾けられず、17年半もの長きにわたり、自由を奪う結果となりましたことを、この事件の公判審理を担当した裁判官として誠に申し訳なく思います。

 このような取り返しのつかない事態を思うにつけ、二度とこのような事を起こしてはならないという思いを強くしています。

 菅家さんの今後の人生に幸多きことを心よりお祈りし、この裁判に込められた菅家さんの思いを深く胸に刻んで、本件再審公判を終えることといたします。

学費未納は卒業認めず、7県16校の私立高(読売新聞)
10階以上の工事差し止め=高層マンション、日照権を侵害-神戸地裁支部(時事通信)
土地所有者情報紛失 宮城・福島で計48万6000件に(河北新報)
壁画どこへ行く 高度成長期の最先端「西長堀アパート」(産経新聞)
普天間移設「われわれは楽観的」 米軍高官、現行案履行に言及(産経新聞)
AD