川嶋志乃舞Official Blog「しのぴーの酸いも甘いも」

東京藝大最近卒業しました!キラキラシャミセニスト川嶋志乃舞の、日本文化の萬屋が綴るニッポンカワイイカルチャーの発見。団地に住みたい。


テーマ:


へそ曲がり、川嶋です


へそ曲がりは時に新しいものを生むと思うのよ



そんなわけで夏の新しい衣装ができました◎

{57E2500B-0D88-43F5-A8BC-F20A7FB90442}


きゃあああ可愛い〜〜。゚( ゚இωஇ゚)゚。♡♡♡

青い前の衣装に引き続いて
制作は佐藤真琴さんにお願いしました


いつも着物に関わるお仕事をしている方なのですが
本当に今回もツーカーであたしの我儘を形にして下さいました!感謝…!



テーマは
「渋谷系夏のバカンス」
頭ひとつ抜けたデザインですっごくお気に入り◎


ニッポンカワイイカルチャー、この時期はみんな浴衣を気軽に着られる季節なので
ここはプライド持って差をつけたい!と思っていたの


小紋や古典柄、はたまたモダン可愛い浴衣が気軽に手に入って、着こなしやすいコーディネートも提案されている昨今
「埋もれたくない!」のへそ曲がりをきっかけに生地選びからスタート。


4種類の生地から出来ています!
・肩のあたりに波波で手縫いされた菊の柄
・お腹周りにシンプルな黄色の生地
・そしてメインが海外バカンスイラストの斬新な生地を
・襟元と腰回りに波生地



麦わら帽子もね、
カンカン帽はみんな被ってるからやだ!って思って大きめのバカンス感あるものを結構探したり。




てかなんで渋谷系かって
なんかピチカートファイブみたいになりたかったから!それだけ!!

ほんとそれだけ!笑






帯も可愛いの!

{65C6BAFA-3143-4F51-9416-446300E1DACC}

{A78FBE01-C51F-4080-A935-F2E9EC3AC07F}

これらの生地が組み合わさってます

ここもポイントで
どうしてもただの帯じゃ嫌だったので、お太鼓帯にしてもらいました


脱!素人感!


お太鼓帯は作り帯なので簡単に着付けできるんだけど
兵児帯とか普通の作り帯じゃ差がつかないから…



{D7913F81-9F35-4901-9B72-BC450A240D90}

うしろにね、なんでもお気に入りのもの入れて良いよっていう粋な計らいで
実はお太鼓部分は物が入れられるの!


※ゆっふぃーの日はハチマキなど
物入れ初回だったから悩んであんまり入れられなかった泣
もっとごちゃごちゃしようと思ってる



足元は一応足袋と草履にしてます
下駄でも良いんだけど、これはあんまり縛りなく気分と現場次第かな〜〜


{2E6D3092-A1D6-4C43-B417-4868DB9CEC30}

襟も違う生地だよ!
細かいところまで本当に丁寧です…



{FEF2481A-47C9-44E5-A970-5B8824E0365B}

前回のショータイムチック衣装からかなり色味は淡くなりました

フィッティングして、似合う色を一緒に選んで
あたしの好みを150%に叶えてくれるので信頼しています(´っω・`。)



音楽とファッションと生活から
ニッポンカワイイカルチャーを体現するのがあたしのソウルアートで、

でも飽きっぽいし固めて「これが日本だ!」は決めつけないし
「日本っぽい!日本人っぽい!」
「てか海外っぽくもないし、むしろあの頃の背伸びして可愛い日本っぽい
くらい割とゆるっとしているので
みんなも気軽に自分の身の回りの「ニッポンカワイイカルチャー」を見つけてほしいな!


渋谷系とか明らかにニッポンカワイイカルチャーだからね!笑
60s-70sフランスっぽいし、バートバカラックだし、マリリンやオードリーだし、
でもそれらの文化も来日したら渋谷系になって、ニッポンカワイイに変身するんだもん


すごいよ日本!



まあ、服をどんなに海外のものを着たって
体型や顔はアジア人だから結局その時点でまんま真似は出来ないからね


よかった〜〜あたしちゃんと日本人顔で〜〜笑



だからこれからも色んな日本を見つけたり、
逆に良いと思ったものを日本に持ち込んで新しいニッポンカワイイカルチャーを生み出したり
型にはまらず自由にやっていきたいなあ


と思ってるので、楽しみましょう◎




ハイカラハーバーで浴衣を着て来場してくれたファンもいたりして嬉しかったな◎


{4846C167-899E-49AA-8EF6-1DA1684B06E8}





製作者からの衣装キャプション◎

【夏の風文様絵羽浴衣】

爽やかな清涼感、ポップで愛らしく、かつ伝統を崩しすぎない。そんな浴衣をイメージしました。
裾には、ぐるり一周ミントグリーンの波文様が繋がり、左右の肩から背中へは流れるような花文様。
礼装とされる着物に見られる「絵羽文様」という格調高い模様付けの様式を取り入れ、舞台衣裳としての特別感を残した、さり気ない絵羽浴衣に仕上げました。
今回、浴衣をデザインするにあたり、念頭に置かなければなれないこと。それはもちろん、志乃舞さんに1番似合うこと!夏の暑い日でもキラキラ爽やかに三味線を演奏する姿を想像しながらデザインをしました!
志乃舞さんからのリクエストでもあった名古屋帯。こちらは元々夏にも締める博多献上帯をアレンジしたものです。ピンク色のチュール地を重ね、地色との重なりで透け感を出し、より夏らしさを演出しました。
こちらの帯、実はお太鼓柄としてその日のテーマに合わせ自分の好きな物を差し入れることができます。
着物のコーディネートには、文様に意味合いを持たせ、隠れたオシャレを楽しめるのが醍醐味ですので、ライブごとに違う志乃舞さんの帯の文様をお楽しみください!

○佐藤真琴 makoto sato○
女子美術大学 芸術学部 ファッション造形学科卒業

歌舞伎、時代劇の衣裳方の仕事に携わり着付けを習得。
和装の伝統的なスタイルを基本に、衣裳デザイン、着付け、ヘア、メイクをトータルコーディネートする。

instagram:makoto_costume_japan






🍣出演情報🍣

▶︎7月
21日渋谷gee-ge*バンド
23日上野の森キリスト教会
▶︎8月
9日下北沢Mosaic #ハイカラハーバー
11日六本木varit
16日代官山LOOP*バンド

最高にニッポンであそぼ💯


川嶋志乃舞オフィシャルサイトからご予約ください!


Shino-P xxx
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(1)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。