レカロ入れた。

テーマ:
月刊:DUCATI F750 村山SP!

トランポに念願のレカロ導入です。


月刊:DUCATI F750 村山SP!

シルヴァバード makino氏から譲っていただきました。
いすゞジェミニ用純正レカロかと思われます。


月刊:DUCATI F750 村山SP!
月刊:DUCATI F750 村山SP!

ノーマル(腰痛スペシャル)と比較の図。
シート自体の大きさに差異はなく、そのままいけそう。
じゃ、あとはシートレールを買ってきて...と思ったら。

『取りつけもやっちゃいましょうか』


月刊:DUCATI F750 村山SP!

makino氏のワンオフ製作が始まりました^^
ノーマルのシートレールを使用するので、双方の寸法を
測った後、木の板で簡易治具を作成、それに合わせて
金属枠を作成していきます。


月刊:DUCATI F750 村山SP!

入魂のグラインダー・アタック。


月刊:DUCATI F750 村山SP!

出来あがり。
ノーマルとレカロで異なる取り付け位置を
三次元補正するための特製金属枠ですよ。


月刊:DUCATI F750 村山SP!

取り付け。
当然のことながら寸法はピッタリです。
一度も現物合わせすることなく、採寸のみで完成。
さすがプロフェッショナルのお仕事であります!


月刊:DUCATI F750 村山SP!
月刊:DUCATI F750 村山SP!
月刊:DUCATI F750 村山SP!

ちょうど良い大きさでしたね。
サイドがあまり張り出していないタイプなので
乗り降りもそれほど障害になりません。

座ってみると、ホールド感が心地よいです。
特に太もも周りが特徴的。
座面がやや上を向いているので負担がかかりません。

この座面角度にレカロの工夫を最も感じますナ。
サイドの張り出しにより横G方向のズレも無く
長時間のドライブでも腰が痛くなりません。

唯一の欠点としては...コーナリング速度が
自然にUPしてしまう
ことでしょうか。(笑)


月刊:DUCATI F750 村山SP!

やっぱりレカロですわよ奥さん。


AD

ダート25kmツーリング。

テーマ:
普段イタ車に乗ってて出来ないことをしよう。
というわけで、オフ車的ダート・ツーリングしてきました。

....オフ車?

月刊:DUCATI F750 村山SP!

コイツ です。
フルタイム四輪駆動の。


月刊:DUCATI F750 村山SP!

まずは大弛峠。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%BC%9B%E5%B3%A0
自動車車両が通行できる日本最高所(2,360m)の車道峠だそうです。
ダート箇所は9kmぐらい。

...酷い悪路でした。
セカンドギアが使えません。
すべてロー固定のまま時速10km以下で走破...。


月刊:DUCATI F750 村山SP!

でも紅葉が綺麗。

このオフ車、さすが四輪駆動です。ダートでの立ち上がり加速が優秀!
フロントが逃げず、しっかりと行く方向を示してくれます。
車体が軽いことも大きな利点ですね。


月刊:DUCATI F750 村山SP!

こんな素敵な場所を発見しましたよ奥さん。


月刊:DUCATI F750 村山SP!

日が暮れるまで此処で有意義な時間を過ごしました。


月刊:DUCATI F750 村山SP!

コーヒー美味い。


月刊:DUCATI F750 村山SP!

このあと、夜の中津川林道ダート17km区間
待ち受けていたのはナイショ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%A9%E7%88%B6%E5%B8%82
%E9%81%93%E5%A4%A7%E6%BB%9D%E5%B9%B9%E7%B7%9A17
%E5%8F%B7%E7%B7%9A


AD

【トランポ】載った。

テーマ:
先日、トランポとして買ったハイゼット1300 ですが...
レーサーを搭載出来ることが証明されました!

月刊:DUCATI F750 村山SP!

床面が意外と高いので大丈夫かなと恐る恐るトライ。
でもフツーに行けました。
レーサーが軽いので、女装...助走だけでも載ります。


月刊:DUCATI F750 村山SP!

コミカルな外観ですが、ちゃんと仕事してますハイゼット。


月刊:DUCATI F750 村山SP!

最も気になった開口部の高サ不足も、ぎりぎりセーフ。
フロントカウルを外さなくてもOKでした。
コレはうれしい誤算。


月刊:DUCATI F750 村山SP!

リヤのクリアランスはこんなカンジ。
図ったようにピッタリ・サイズ。
テールカウルかっけー。(関係ないけど)


月刊:DUCATI F750 村山SP!

室内のクリアランスはこんなカンジ。
コレも図ったようにピッタリ・サイズ。


月刊:DUCATI F750 村山SP!

操縦席から見た図。
やあPASO750R君。このギリギリ感がスポーティだと思わないかね。(誰)


月刊:DUCATI F750 村山SP!

座席とのクリアランスもピッタリ・サイズ。
ちゃんと二人乗り出来ますよ。


月刊:DUCATI F750 村山SP!

前オーナーさんがこんなフックを四隅に設けていたので、
何かと重宝してます。
タイダウンも特別苦労することナシ。


月刊:DUCATI F750 村山SP!

踏み板は、傾斜角度が増したのでちょっと加工。
木片を買ってきて、滑り止めを作成しました。

買い物に行ったユニディ狛江店 には、工作室があって
材料を購入したヒトは此処でDIY
出来ます。
工具がひととおり揃っていたので助かりました。

こういうサービスってイイですね。

さて。

トランポ化は問題ナシ。
排気量があるので、軽トランポに比べて余裕たっぷり。
積載していても、フツーに走行できるし。
計算どおり。

秋から本格的にサーキット活動再開ですよ。


AD

クルマ、買った。

テーマ:

エンジンはDOHC4気筒16バルブ、1297cc。
可変バルブタイミング機構付き。
5速マニュアル。


縦置きミドシップ・マウント、フルタイム4輪駆動
もはやグループBカーも真っ青の内容。


2シーターの小さな車体。
小排気量車をベースに倍近い大きさの
エンジンを搭載する、アバルト的手法を採用。


広がったトレッド幅に対応するため、実用車でありながら
ディフォルトでオーバーフェンダーを装備する。


窓の開閉は手動式、CDプレーヤーはおろかカセットデッキも存在せず
(壊れて動かないとも言う)主装備はラジオのみという簡素さ。
ABSなにそれ。


...そしてまさかのジウジアーロ・デザイン。



それが、このマシンだ!

月刊:DUCATI F750 村山SP!
大阪発動機社製 ハイゼット1300(通称:グランカーゴ)


月刊:DUCATI F750 村山SP!
月刊:DUCATI F750 村山SP!
月刊:DUCATI F750 村山SP!

軽自動車がベースになっているので横幅が大変コンパクト。
でも高サはそのへんのワンボックス車かそれ以上あります。
回転半径が小さいのでクリクリUターンできますよ。


月刊:DUCATI F750 村山SP!

運転席。

というよりは操縦席と言いたくなる狭さ。
スラントしたフロントガラスはまるでキャノピー。
一日に1回は必ずルームミラーにアタマぶつけます。

でもこの狭さが妙にスポーティで、
5速マニュアルとの一体感も抜群のポジション。
いよいよ正体不明です。


月刊:DUCATI F750 村山SP!

史上最悪のシート。
こんなに腰が痛くなったのは初めてです。
オートバックス行ってサポート・クッション買ってこよ。

それとも、思い切ってレカロ 入れようかナ。


月刊:DUCATI F750 村山SP!

荷室はこんなカンジ。

商用車なので無加工でバイク載せられるのがウレシイ。
軽のハイゼットに比べてリヤ部分がストレッチされています。

一晩野宿してみましたが、ノビノビ寝られましたよ。


月刊:DUCATI F750 村山SP!

てなわけで、ハイゼット1300でした。


月刊:DUCATI F750 村山SP!

トランポ以外でも、イロイロ遊べそうな雰囲気ですゾ。