月刊:DUCATI F750 村山SP!

7年間連れ添った我がF750村山スペシャルですが、
とうとう私の手を離れる時がやって来ました。
里親募集の告知を出し待つこと1年半、ついに希望者が現れたのです。

新しいオーナーは大阪在住、アパレル関係の会社を経営されていまして、
リターンライダーを目指して理想のバイクを探していたところ、このマシンと出会いました。
一目惚れされ、ご連絡をいただき実車確認、その場で即決されました。

彼はフェラーリ365GT2+2ランボルギーニ・ミウラSV を所有していることもあり、
ウェーバーの吸気音を楽しむ為に生まれたF750村山スペシャルに対して
多大な関心を示され、そのデザイン・コンセプトに対し大いに共感され、
情熱とともに新オーナーを引き受けてくださることになりました。

月刊:DUCATI F750 村山SP!

譲渡手続きは順調に進み、先日、大阪にて無事納車。

F750村山スペシャルは新天地で想像以上に熱烈な歓迎を受けました。
彼の邸宅で、彼の経営するお洒落なお店の前で、みなさまに囲まれ、
このマシンに対する賞賛の言葉を多々いただきました。

彼と彼のF750村山スペシャルが新しい一歩を踏み出すところを見届けながら、
私とこのマシンとの7年間を振り返っていましたが、これまでの様々な記憶が去来し、
感情が交錯し、私は、しばしの間それらに対して静かに圧倒されておりました。

今回、F750村山スペシャルを通して得ることができた素晴らしい一期一会。
私は心から感謝し、晴れ晴れとした気持ちで大阪を後にしました。
もはや、何も思い残すことはありません。

80年代マシンの理想を追求してきた私との二人三脚の物語はこれにて終了ですが、
これからは新オーナーの元で、F750村山スペシャルは沢山の人に出会い、
その存在を確かにしていくことでしょう。

じゃ、元気でナ、相棒。

今までありがとう。また会う時まで。

さらば。

AD
思うところあり、長年付き合った我が相棒を
このたび手放すことにしました。

月刊:DUCATI F750 村山SP!

世界に9台しかない村山スペシャル、
名キャブレター、ウェーバーの吸気音を
楽しむ為だけに生まれてきた生粋のイタリアン。

どなたか、コイツと付き合いませんか。

※写真をクリックすると、大きな画像が表示されます。
※大きい画像をスライドショーでもお楽しみいただけます。

月刊:DUCATI F750 村山SP!

月刊:DUCATI F750 村山SP!

月刊:DUCATI F750 村山SP!

月刊:DUCATI F750 村山SP!

---

月刊:DUCATI F750 村山SP!
動画:エンジン始動~ブリッピング

月刊:DUCATI F750 村山SP!
動画:高速走行の車載映像

---

月刊:DUCATI F750 村山SP!

足回りは前後17インチ化対応済。
92年型400SSのブレンボ・ホイールを流用していますので
タイヤ・スプロケット等の供給の心配は無用です。
安心して今後も走ることができます。

月刊:DUCATI F750 村山SP!

ベルリッキ風の2本出しマフラーはワンオフの完全オリジナル。
音質を追及した結果、敢えて鉄をマテリアルにしました。
カーボンマフラーのような重低音が響きます。

車検対応ノーマルマフラーもありますのでご安心ください。

月刊:DUCATI F750 村山SP!

フロント:マルゾッキM1R、リヤ:オーリンズ、
ともにオーバーホール済み。
マルゾッキM1Rのスプリングはホワイト・パワー製。
とても心地よい運動性能を発揮します。

月刊:DUCATI F750 村山SP!

外装は全塗装でイタリアン三色に。
この赤色はパワーハウスの888/BOTTレーサーの
フロントフェンダーから色を採りました。
80年代のドカを再現するなら、当然カジバ・エレファントですね。

月刊:DUCATI F750 村山SP!

ウェーバーDCNFは定期的にバラして清掃しています。
なにしろこの音色を楽しむことこそが、このマシンの
存在意義なのですから。

ちなみにDCNFはディーノ246やランボルギーニV12など
数々の名車に採用された知る人ぞ知る名器です。
ちゃんと調節してやれば、これほど素晴らしく官能的な
キャブレタは他に無いと考えています。

月刊:DUCATI F750 村山SP!

電装系はウオタニを採用。
低回転からしっかりと発火してくれます。
レギュレータは信頼できる国産系のものに変更済。
摩耗したスタータのブラシも一度新品に交換しています。

月刊:DUCATI F750 村山SP!

走行距離、39500km。時々乗りますのでちょっと増える予定。
さすがにおいしいところは通り過ぎた感じですが
まだまだ元気に走ります。

月刊:DUCATI F750 村山SP!

ブレーキ・クラッチ、マスターは共に変更済。
ハンドルはスポンドン。

月刊:DUCATI F750 村山SP!

ブレーキマスターはお約束のブレンボ19×20。
フロント4Pキャリパ&ステンレス・ダブルディスクで
不意の雨でも安心の制動力を発揮します。

月刊:DUCATI F750 村山SP!

おまけ:その1。
予備のマルゾッキM1Rが付属します。

月刊:DUCATI F750 村山SP!

おまけ:その2。
予備のヘッドライト、ステー、リヤライト周り一式も付属!

以上です。

いかがでしょうか。
まずはお会いして、実車を前にコーヒーでも飲みながらお話しましょう。
村山スペシャルが好きな方、ウェーバーの魅力をご存じの方、是非。

気長にお待ちしています。

[2012/03/24]
商談無事成立しました。ありがとうございました。m(_ _)m
AD
月刊:DUCATI F750 村山SP!

F750村山スペシャルも、17インチ化 しました。
レーサーのPASO750Rをマルケジーニにした ので、
余ったブレンボ・ホイールをこちらに流用した次第。

この度、晴れて16インチの呪縛から開放されました!

で、組みあがってみたらウレシイ誤算。
この白ホイールが三色塗装にとても良く合うのです。
16インチの頃 よりも、むしろ自然になったと思いませんか?

走りのほうも以前と段違い。
オスカムの時よりも軽量で、制動も強化。
タイヤは筑波サーキットで使用したBT090!(爆)

先日の高山ミーティングでは、全く不安なく峠道を走破出来ました。
むしろ気をつけないとバンク角が深くなりすぎてカウル擦りそうです。

これでもう完璧なスタイルになりましたナ。
あとはこの状態を上質に維持するだけです。
F750村山スペシャルの完成形!

ええじゃろ。


待ちに待った全塗装が、ついに完成しました!

イメージ・カラーはパワーハウスのDucati851レーサーBOTT仕様
その赤色(サンプルは、なんと本物のレーサーのフェンダーです!)を
元に白と緑のカラーを決定、イタリアン三色としました。

私の、F750村山SPに対する、こだわりにこだわった
美意識の集大成、とくとご覧あれ!


まずは横から見た図。



逆方向から見た図。



斜め後ろから見た図。
この流れるようなホワイト・ラインを見よ!



シートカウルに燦然と輝く「F750」の文字。



シートカウル部の3色塗り分けパターンは
塗装職人takki氏のアイディア。
これは素晴らしい。



重厚なタンク。
見る角度によって、様ざまな表情を見せます。



前から見た図。
以前よりもグッと引き締まった表情になりました。



後ろから見た図。
見事なイタリアン三色。



緑の部分は、光の加減により青く見えたりもします。



村山スペシャルの真髄、此処にアリ。
827号車が正規輸入されたものである証。



タンク上、いつも目に付く位置にコレ。



もちろん、CAGIVA・DUCATIです。



デスモドローミック・インサイド。
現在のMOTO・GPへ連綿と受け継がれるタリオーニの技術。



このエレファント・マークがあってこそ、80'sナリ。



このマシンの顔ともいうべき場所。
タンク穴の奥まで処理された、クリア塗装を見よ!


---



今回撮影した場所は、多摩川某所の土手。

冬の低い太陽が、光線の具合を難しくした為、
良い発色を出すのが大変でした。
なにしろ、今度の塗装は日向、日陰で全く異なる色合いを見せる、
重厚な塗装なのですから。

ハッキリ言って、パーフェクト!
私の「こうしたい」気持ちが100%、いやそれ以上
塗装職人に伝わり、カタチとなりました。

皆さん、ありがとう!
このマシン、大切に乗ることにします。

Special Thanks! : takkiさん(塗装)、さかやサン(サンプル提供)