【PASO750R】MAKIって誰【OH】

テーマ:
書く書く詐欺してましたが、やっと書きます、
PASO750Rの腰上オーヴァーホール近況。

シルヴァバードにてレーサー化してから早5年。
そろそろ腰上をやったほうがいいんじゃない? というわけで
バラバラになっておりまする我がPASO750Rエンジン。

ご存じのようにこれはPASO750のエンジンですが、
今回開けてみて判ったことがいくつかありましてですネ...。

$月刊:DUCATI F750 村山SP!

まず、一度ヘッドを開けた形跡がありました。
その証拠がタイトルと関係するわけですが(笑)

エンジンのコンディションは良好。
凄く薄いアルミ製ガスケットが組まれていたこともあり
ノーマルにしてはエラい元気な圧縮圧力が計測されました。


$月刊:DUCATI F750 村山SP!

ただ、ロッカーアームのスリッパー面に異常摩耗があり
これらは交換することになりました。
前回開けた理由はコレではないだろうか、とMakino氏が推測します。
「今回のOHでバッチリ治しちゃいましょう」


$月刊:DUCATI F750 村山SP!

吸気側と排気側のバルブ形状、吸い込みのほうが大きいです。
ポートは逆に排気のほうが大きいです。
面白いですナ。


$月刊:DUCATI F750 村山SP!

ちなみにリノで買ってきたプラット&ホイットニーの星型エンジンの
バルブとの違いはこんなカンジですww


$月刊:DUCATI F750 村山SP!

カム。

どんなのが入っているのかと興味津々でしたが
エレファント系ではなくF1系の良いのが入ってました。
てことは高回転であまりノビないのは排気系が原因ではないか、と。

サイレンサが振動疲労で崩壊したこともあり、今回はOHに加えて
2in1でステンレス・フルエキゾーストを作成することになりました。


$月刊:DUCATI F750 村山SP!

パンタのヘッド。
前後バンクでフィンの向きが異なるところがLツインしてます。
よく見ると前後でオイルラインの数も違うんですよね。
それもこのエンジンの特徴。


$月刊:DUCATI F750 村山SP!

既に掃除済ですが、エラく綺麗です。
吸気ポートもイジった形跡があったとのことですが
なんか雑な仕事してたようでして、今回はピカピカにします、と。


$月刊:DUCATI F750 村山SP!

スリーヴ内も特に傷は無く、そのまま再利用。


$月刊:DUCATI F750 村山SP!

さて!
これが問題のピストン。

落書き付きでした。
しかも文言が..............."I LOVE MAKI"(爆)

MAKIって誰(焦)
シルヴァバードMakino氏が将来OHしますぜ、という
未来予知能力を持ったエンジニアの仕業か?


$月刊:DUCATI F750 村山SP!

マキちゃん大好きピストンが人知れずこのシリンダの中を
何往復もしていた
かと思うと感慨深いものがあります。

続報、乞うご期待。
 
AD