【トランポ】載った。

テーマ:
先日、トランポとして買ったハイゼット1300 ですが...
レーサーを搭載出来ることが証明されました!

月刊:DUCATI F750 村山SP!

床面が意外と高いので大丈夫かなと恐る恐るトライ。
でもフツーに行けました。
レーサーが軽いので、女装...助走だけでも載ります。


月刊:DUCATI F750 村山SP!

コミカルな外観ですが、ちゃんと仕事してますハイゼット。


月刊:DUCATI F750 村山SP!

最も気になった開口部の高サ不足も、ぎりぎりセーフ。
フロントカウルを外さなくてもOKでした。
コレはうれしい誤算。


月刊:DUCATI F750 村山SP!

リヤのクリアランスはこんなカンジ。
図ったようにピッタリ・サイズ。
テールカウルかっけー。(関係ないけど)


月刊:DUCATI F750 村山SP!

室内のクリアランスはこんなカンジ。
コレも図ったようにピッタリ・サイズ。


月刊:DUCATI F750 村山SP!

操縦席から見た図。
やあPASO750R君。このギリギリ感がスポーティだと思わないかね。(誰)


月刊:DUCATI F750 村山SP!

座席とのクリアランスもピッタリ・サイズ。
ちゃんと二人乗り出来ますよ。


月刊:DUCATI F750 村山SP!

前オーナーさんがこんなフックを四隅に設けていたので、
何かと重宝してます。
タイダウンも特別苦労することナシ。


月刊:DUCATI F750 村山SP!

踏み板は、傾斜角度が増したのでちょっと加工。
木片を買ってきて、滑り止めを作成しました。

買い物に行ったユニディ狛江店 には、工作室があって
材料を購入したヒトは此処でDIY
出来ます。
工具がひととおり揃っていたので助かりました。

こういうサービスってイイですね。

さて。

トランポ化は問題ナシ。
排気量があるので、軽トランポに比べて余裕たっぷり。
積載していても、フツーに走行できるし。
計算どおり。

秋から本格的にサーキット活動再開ですよ。


AD
月刊:DUCATI F750 村山SP!
ボクサートロフィー / BoxerTrophy [2009/06/27 筑波サーキット]

先日、筑波のレース仲間が何人か参戦するということで、
ボクサートロフィーというレースを観戦してきました。

ボクサーツインを搭載するならどんなマシンでも参戦可能。
80年代のOHVから、最新のDOHCまで。
様々なマシンがグリッドに並ぶ様子は壮観でした。

レース内容は、壮絶な2位争いの末、最終ラップ・最終コーナーで
見事、勝負をモノにしたfuna選手 に拍手喝采です!

ちなみに、いつぞやのハイサイド未遂動画 で前を激走されていたのが
funa選手
でして...わたしゃ凄いヒトと走っていたんだなァと思いました。
よぉーし! いつかPASO750RをPASO904Rにして、funaやんと
ガチでバトル出来るようになるぞ!

さて、ボクサートロフィー。
ちゃんと観戦したのはこれが初めてでしたが、
とてもアットホームな雰囲気が印象的でした。

BMWのショップが音頭を取って、いろんな章典を用意して、
若輩から年輩まで、とても楽しそうにレースをされていました。
みんな、BMWが好きなんだなあ。

こういう温故知新のイベント、
ドカティも是非見習ってほしいところなんですが。
最近のドカティは、商業主義に走ってしまって、
それが故に味気なく、ツマラナイ。

こんなときこそ、原点に立ち戻って
べベルやパンタの走れるレースを用意してほしいのですが。
タイム卒業制なんだし、出来ると思うんだがなあ...。

ドカティカップ関係者のみなさん、いかがでしょ?
AD