ものごとにはキッカケがある。
ヒトの思考を形成する為の原点がある。

私の趣味的モーターサイクル生活の原点。
今回は、その話をしようか。

月刊:DUCATI F750 村山SP!

『摺本好作のバイク・イラストレイテッド』 1985年出版

この1冊の本こそが、今の私の礎(いしずえ)となるモノ。
中学生のころ、たまたま親父の寝室で見つけたのがハジマリ。
倉敷中央図書館から借りてきたものなので、じきに返さなければ
ならなかったが、返却後も私は幾度となくこの本をリクエストし
繰り返し繰り返し閲覧し続けた。

何度読み返したか、わからない。


月刊:DUCATI F750 村山SP!

DUCATI マッハ1

初めてドカティというモノを知った、記念すべきページ。
シンプルな構造、セパハン、スリムなシート、低いライト位置。
とにかく、スタイルが良かった。

250ccという排気量も、当時まだ免許を持っていなかった
中学生の私には、大いに親近感を持つ理由になった。
自分が乗るならイエローデスモかな、と思った。


月刊:DUCATI F750 村山SP!
月刊:DUCATI F750 村山SP!

---
■プロローグ 『いつも僕といた表情豊かな仲間(バイク)たち』

ヤツラにもハートがある。

ゴーマル(BMW・R50)は追い越しに注文をつける。
べスパは乗り手の服装にうるさい。
ドカデスモは、早く早くとウォーミングアップをはしょらせる。
ナナゴー(BMW・R75)はもっと荒っぽく扱えと言い、
トラは信号でエンジンを止めろとうるさく言った。

(中略)

いろんなことがあって、僕も半世紀生きた。
ヤツラの姿を見ると、僕の生活が見えてくる。

ヤツラは僕に何を言いたいのかな。
そんなことが中心になったこの本はヤツラが書かせた本です。

よっ、いい仲間
---

こんなカンジでこの本は始まる。

1959年から1985年に至るまで、実に36台に及ぶ
個性的なバイクとの付き合いを、著者:摺本好作氏が
イラストと文章で、一台ずつ、丁寧に紹介していく。

ヤツラにもハートがある。

この言葉が、当時まだ免許さえ持たない中学生の私に響いた。
絵や文章をもとに、まだ見ぬこれらの個性的なエキストラを
アタマの中に何度となく思い描いた。

いつか、私もそんなバイクと付き合いたい。

『ハート』を感じる、実車との初めての出会い、
それがべベルの900SS だった。
生き物のように存在を主張するべベルのL型2気筒、
本の中から飛び出してきた、ハートフルな世界。


これが、私の趣味的モーターサイクル生活の原点。
その時の感激をご想像いただきたい。

===

さて。

月日は流れて20年後の現在。
先日、もうひとつの感激と出会う機会を得た。

月刊:DUCATI F750 村山SP!
摺本好作氏を訪ねることが出来たのだ。


月刊:DUCATI F750 村山SP!
月刊:DUCATI F750 村山SP!
月刊:DUCATI F750 村山SP!
月刊:DUCATI F750 村山SP!
月刊:DUCATI F750 村山SP!
月刊:DUCATI F750 村山SP!
月刊:DUCATI F750 村山SP!
月刊:DUCATI F750 村山SP!
月刊:DUCATI F750 村山SP!

ヒトとバイクの縁は本当に不思議なものだナ、と思う。

すばらしい機会を下さったkaeruさん、アリガトウです。
そして、いつも私という存在を静かに代弁してくれる相棒、
F750村山スペシャルも、ありがとうナ。
 

AD

月刊:DUCATI F750 村山SP!

BMW R27と、F750村山スペシャル。
赤城の摺本さん宅を訪ねた2台のマシン。
異色な組み合わせ。

R25~R27も気になっていたバイクのひとつ。
こうやって間近に見るのは初めてかも。
うーむ、カッコイイ。


単気筒でありながら、BMWらしく縦軸方向にクランクします。
面白いのが、アルミ製キック・ペダル。
これも縦軸方向に合わせた回転方向になっていて
キックするヒトは、バイクに対して直角に対峙します。


エンジン音は大変静か。
ストストストストストストストストスト。
ブリッピングすると右に傾くのは、ご愛敬です。

帰りの高速で一区間ほどマシン交換して、体験試乗。
初めて乗るR27は、意外にもフツーでした。


ペダルやレバーのアクションは大袈裟なほど大きく、
よっこいしょ、てなカンジで操作します。
ヒョコヒョコとシフトアップすると、もう4速トップ。


イタリア車のような劇的な盛り上がりは全く無く、
いつのまにか車速が巡航状態に落ち着いてるカンジです。
時速95~100キロあたりをメーターの針は行ったり来たり。


このぐらいのスピードで、静かに、淡々と、
いつまでも走れてしまいそうな雰囲気でした。
こういうのも、良いナ。


なんだかトンガッたマシンにばかり乗っていて
すっかり忘れていましたが、免許を取ったばかりの頃の
感動をふと思い出したような気がします。


ストストストストストストストストスト。


もうちょっとだけ排気量があってもいいかな。
R50あたりの水平対向車に荷物をいっぱい積んで
遠くへ行ってみたい...かな。


あ、でも。

前を走っているF750村山スペシャルの後ろ姿、
惚れ惚れするほどカッコいいー。(親バカ)

すんません、やっぱ私はイタリア車で。


月刊:DUCATI F750 村山SP!

追伸:kaeruさんのヘルメット、かわいい。
 
 

AD


【決勝】MAX10-I/シャフターズ [2008/11/30 筑波サーキット]
http://zoome.jp/ken_works/diary/47/

今回はダイジェストでお送りします。
ドッキリもあるよ。
心臓が良くない方はハンカチをご用意ください。(日本語が変)

今回は散々な結果でしたが、ふりかえってみると...

2008年度のMAX10-I/シャフターズのレース、
ホールショット『だけ』は私が全部かっさらうという
奇妙な偉業を成し遂げました。(笑)
AD

予選で萌え尽きル

月刊:DUCATI F750 村山SP!

あ、ありのままに起こったことを話すぜ...。(ポルナレフ)


今日は悪くない天候だった。
さすがはMAX晴れ伝説、恐ろしくなるぐらいの晴天。
ちょっと風があるけど、なんとかなりそうだ。


だが、しかし!
みんな知ってのとおり、昨今の俺は絶不調だ。

13秒が出たら小躍りして喜ぶようなアリサマだ。
ましてやレース本番。
もしかすると、14秒も出せないかもしれない。


それでもやってくる筑波MAX最終戦、
MAX10-I/シャフターズの予選ターイム。


たった9分間の走行枠。6ラップも出来ればイイほうだ。
さらに午前9時、摂氏10度以下の路面温度の過酷な条件で、
べストタイムを叩き出さなきゃならない。


ところが。


ピットロードに出てみると、前には既に10数台のマシンが居るッ。
やっちまった、列に並ぶのが遅すぎたんだ。
これじゃクリアラップを見つける方が奇跡に近いぜ。


はやるココロを抑えつつピットアウト。
タイヤウォーマを導入したおかげで足回りの不安は感じない。
抜けるマシンをどんどん抜いて、前方をクリアにしていく。


3周目、それでもコーナーでマシンに引っかかる。
4周目、今だ15秒後半というところか。
5周目...おッ、ガス欠の症状。スピードがガクンと落ちる。
せっかく抜いたマシンに2台ほど抜き返される。


なぜだ、なぜだ、なぜだ、.....あ、コックをリザーブにしなきゃ。(自爆)


軽量化のため、必要最低限のガスしか搭載していないの、忘れてた。
モーレツな勢いで、抜かれた2台の後を追う。
1台のBMWはパスした。
もう1台のドカティは...俺と同じペースぐらい、100mレベルで先行中。


そろそろ予選終了時刻が近い。


バックストレート。
後ろから誰かが追い付く気配はない。
前方のドカティは、1周消費して追いつくかどうかというところ。


つまり、次のラップは必然的にクリアとなるッ。


最終コーナーに突っ込む。膝を擦る。
俺の中でスイッチが入る。凄い音を立ててスイッチが入る。
『勝負だ! この次のラップでフロント・ローを取ってみせるッ。』


コントロール・ラインを全開で通過してタイム計測開始。

両の目を見開き、この周回の全ストレート、全コーナーに集中する。

フル加速のち、フルブレーキで1コーナー進入。
コーナーは最短距離、小回りで、コーナリングに時間をかけない。

出口が見えたら車体を立て、フルスロットル。

S字が恐ろしい勢いで近づいてくる。
1つ目を越してブレーキング、1ヘアに突っ込まない程度に加減し
擂り鉢状の1ヘアの中へ潜り込む。

出口が見えたらカチッと言うまでフルスロットル。
飛ばないように気をつけながら、全速前進。
されど、ダンロップで大回りしないように減速を心掛け、
同時に、速度を殺さずCX切り返しをクリア。


今のところ悪いカンジは無い。


2ヘアに向け、フルスロットル。
最短距離を走りフルブレーキ、最後の一瞬余裕を持たせてコーナーへ。
コーナリングの醍醐味は感じないが最短でターンを心掛け、バックストレッチ。


身体をカウルの中に絞り込み、各ギア、8000回転以上ぶん回す。
あっという間に5速、100m看板が通過する。
アクセルオフにしたい衝動を抑える。


70m手前。


アクセルオフ、ブレーキを舐めつつインへ。
一瞬インにつき、アウトへ遠ざかる。
怖いが、減速を最小限に食い止める。

よし、膝を擦ったッ。


二つ目のクリップについた後、
車体をわずかに起し、その分頭をインに入れ、
スロットル・オン。


コントロールタワーは...思ったとおりチェッカーフラッグだ。


グランドスタンド前、大外へ向けて全加速。
コントロールラインを通過する。
『どうだッ!』ヘルメットの中で叫ぶ。


ラップタイムは........................1分12秒087!


これまでのレース活動での予選ベストタイム、
そしてべストポジションである、2番グリッドを手に入れた瞬間である。
もちろん、2戦連続でのフロント・ローだ。


目標を決め、舞台に臨み、チャンスを逃さず、結果をモノにする。
この充実感が、たまらなく嬉しい。


コントロール・タワーの電光掲示板に高々と掲揚される、
ゼッケン60番を見てくれ!


撮影:アルミ缶さん
 

え? 決勝のハナシですか。

いや、無かったことにして帰りませんか。


月刊:DUCATI F750 村山SP!


...そーかー、書かなアカンかぁ。
書きません。書きます。書くとき。書けば。書こう。
いっきしっ。

さて。


正午過ぎ。
気温は10度を越えたぐらい。
晴天なり。風、少々。


フロント・ロー、2番グリッドに立つ。
見晴らし良く、気分がイイ。
気分は良いのだが、ちょっと困ったことに気がついた。


1コーナーから先が見えないのである。


ま、確かに1コーナーは、ぐるりと回ってるので
その先が見えないのは当たり前なのだが、実を言うと
私自身のココロの眼が、見開いていないのである。


つまり、走るイメージがまったく湧かない。


両隣に控えるは歴戦の猛者、
リトモセレーノ中嶋選手、そしてスタンホープにしだ選手。
この二人を抑えて、ホールショットこそ取る自信はあるものの...


1コーナーをクリアしたのち、全8周をバトルする、
いやそれ以前に、スポーツ走行する自信すら湧かない。
予選は、精魂込めて、本気で走り込んで、12秒が精一杯だった。


そして、ここ半年ほど、12秒未満で走った記憶がない。
しかしながら、このレースをまともに走ろうと思ったら
少なくとも10秒は出さなければならないハズ。


自己ベスト10秒フラットを出した記憶は、はるか彼方。
そのひきかえに残るは、1コーナー立ち上がりのハイサイド未遂の感触。
スタートを前にして、茫洋とした不安だけが付きまとう。


2周のサイティング・ラップ、のち、スタート。

月刊:DUCATI F750 村山SP!

はたして、ホールショットは現実のモノになった。
1コーナーを立ち上がり、レース人生で初めて、トップで飛び込む1ヘア。
しかし、ここで異変を感じる。『???』


タイヤの感触がおかしい。


続くダンロップ飛び込み。
ブレーキングを残しながらのバンク角が深くなりかけたところで
明らかな違和感を感じた! マシンはアウトへ流れていく。


タイヤのショルダー付近がグニャグニャする。
まったく接地感のないバンキング!
空気圧が不足気味?


その隙をついて、にしだ選手が前に出る。


2ヘアを恐々と立ち上がりバックストレート、
背後から独特の排気音が近づいてきて、中嶋選手が追い抜いて行く。


どうにもバンキングに不安があるため、フルブレーキングも
シフトダウンも、フルスロットルすらも支障が出始めた。


1コーナー進入フルブレーキング、のち、バンキング...
やっぱり! バンクさせていくとショルダーへ向かうほどに
まったく不安定で接地感が無くなっていく。


決勝前のエアチェックで空気圧を抜きすぎたかなァ...。


青色のニコバッカーに抜かれる。
S字から1ヘアにかけて神宮司選手とげんげん選手にも抜かれる。
あと7周で、どれだけ空気圧が高まるだろうか...。


そんなことを考えながらダンロップを通過した、その時!

月刊:DUCATI F750 村山SP!

摩擦煙を上げながら転がっていくマシン。
ゼブラの上を転がっていくライダー。
間一髪でライダーをかわす、げんげん選手。


萎えた...。


赤旗中断。


レース再スタートの為、2番グリッドへ再び整列、
2周を消化しているため、減算後、残り5周のレースを告げられる。
右隣で、にしだ選手が『5周...』と感嘆している。


タイヤは、冷えてしまった。
私も、完全に冷えてしまった。


それでも、2度目のスタートがやってくる。
必殺技のロケットスタートは炸裂し、またしてもホールショット!


けれども、1コーナー立ち上がりに以前のような加速は無い。
にしだ選手にパスされる。


1ヘア進入、冷え切ったタイヤに対する不安は頂点に達し、
もはやシフトダウンも出来ない。
普段は2速で立ち上がる1コーナーを、4速で立ち上がる。

月刊:DUCATI F750 村山SP!

戦・意・喪・失。


このあとのことはあまり覚えていない。
ひとまず、チェッカーは受けた。
大きな不安と、自信喪失だけが残ったレースだった。


モータースポーツも、やはりメンタルな側面が
結果を大きく左右するんだな、と思った。


自信を取り戻したい

それを今、痛感していることです。

その現状を打開するために、来期へ向けて様々な対処を考えています。
4月の開幕戦、ライバル達と楽しく一戦を交えられるように、
もうすでに、私の2009年は始まっています。


待ってろよ、みんな!


撮影:アルミ缶さん