戦後の前衛芸術批評をリードし、原爆の図丸木美術館(埼玉県)館長としても知られる文芸・美術評論家の針生一郎(はりう・いちろう)さんが26日午後0時2分、急性心不全のため川崎市の病院で死去した。84歳だった。仙台市出身。葬儀は6月1日午前10時30分から川崎市多摩区南生田8の1の1の春秋苑白蓮華堂で。喪主は長男徹(とおる)さん。
 東北大文学部卒業後、東大大学院で美学を学んだ。ダダイズムやシュールレアリスムなど前衛芸術への関心を高め、文芸評論家の花田清輝や美術家の岡本太郎らと交流。美術のほか文芸、社会評論で活躍し、美術評論家連盟会長も務めた。金津創作の森(福井県)館長、和光大名誉教授。著書に「修羅の画家」「戦後美術盛衰史」「三里塚の思想」など。 

所持金44円の男が焼き肉23点、12時間無銭飲食(スポーツ報知)
大雨の兵庫1800世帯に避難勧告 鉄道運転見合わせ高速道も(産経新聞)
価格カルテル、住友電工などに課徴金160億(読売新聞)
<南アW杯>ニッポン七転び八起き!?…青色の応援ダルマ(毎日新聞)
えびの市で安全性検査=来週にも移動制限解除―口蹄疫(時事通信)
AD