11日午後7時ごろ、長野県千曲市の古大穴神社の御柱祭で、氏子の男性4人が立てようとしていた御柱の下敷きになり、1人が頭を強く打ち死亡。残り3人も骨折するなどした。
 死亡したのは、同市土口、会社員篠宮宏幸さん(38)で、死因は脳挫傷。同市屋代、会社員安藤主税さん(32)が右骨盤を折る大けがを負い、残り2人は胸などに打撲を負った。
 県警千曲署によると、氏子約100人が4本のロープを使って2本目の御柱(長さ約10メートル、直径約30センチ)の根元部分を穴に埋め立てようとしていた際、1本のロープが外れ、バランスを崩したという。
 古大穴神社の御柱祭は、6年に1度開かれる諏訪大社(同県)の御柱祭に合わせて行われる。 

【関連ニュース】
ビニールハウス、2人下敷き=雪でつぶれ、妻窒息死

<女性変死>名古屋のアパート自室で 頭部にこぶ状の外傷(毎日新聞)
<ビアガーデン>「寒いけど」満喫 松本で早くもオープン 長野(毎日新聞)
自民、選対本部長代理に石破、石原、小池氏 舛添氏は拒否(産経新聞)
海外在住でも国民審査投票を 上海の邦人ら提訴(産経新聞)
支援者「再審開始すべきだった」=名張毒ぶどう酒報告会-名古屋(時事通信)
AD