新党「たちあがれ日本」の平沼赳夫代表は27日、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体の政治資金規正法違反事件で、東京第5検察審査会が小沢氏の「起訴相当」を議決したことについて、「責任を取り潔く職を辞することが必要だし、場合によっては(国会)議員たることまで考えなければいけない」と述べ、小沢氏は幹事長を辞任した上で議員辞職するべきだとの認識を示した。

 また、「民主党の内部でも相当意見が出てきて幹事長にとどまるのは厳しい状況になるのではないか」との見通しも示した。都内の個人事務所で記者団の質問に答えた。

【関連記事】
小沢氏は「起訴相当」 検審が議決 土地購入事件
「検察もがんばっちゃったねえ」石川被告は電話で談笑
渡部恒三氏「民の声は天の声」 小沢氏「起訴相当」に苦言
生方民主副幹事長は「幹事長辞任」を要求 「辞めるのが第一歩」
グループ議員からも危機感「小沢幹事長の進退論のきっかけになる」

鳩山首相、沖縄知事発言で「米国とどうのこうのならん」(産経新聞)
<窃盗>ガソリンスタンドから530万円 茨城・八千代(毎日新聞)
もんじゅ 地元の要望、国が受け入れることで合意 再開へ(毎日新聞)
不起訴不当で起訴、被告に無罪=バイク衝突死亡事故-熊本地裁(時事通信)
本四道路「独自に割引」 国交相 自治体交付金を原資(産経新聞)
AD