民主党の小沢一郎幹事長は24日の記者会見で、昨年の衆院選当時、民主党代表だった鳩山由紀夫首相が、米軍普天間飛行場の移設先に関し「できる限り県外」と発言したことについて、「代表(の発言)と党の公約ということは基本的には同じようなことだろうと思っている」と述べ、代表としての発言は重いとの認識を示した。

 首相は23日の沖縄訪問で「『できる限り県外』という言葉を守らなかったことをおわびする」と陳謝した。小沢氏の指摘は、首相の方針転換に苦言を呈したとも受け止められ、波紋を広げる可能性がある。ただ、小沢氏は「(政府方針自体は)私は一切聞いておりませんので、論評する立場ではない」とも述べた。【念佛明奈】

【関連ニュース】
郵政改革法案:小沢幹事長が今国会での成立方針を明言
小沢幹事長:潔白を強調…再び不起訴
小沢幹事長:再び不起訴、2回目の検察審へ…陸山会事件
小沢氏:発言、決断「どうなのか」 政権運営に疑問
小沢氏:「青木氏は既成の政治家」

チラシ無償で20万枚…亡き子思い捜査協力(読売新聞)
国民新に参院選前の合併打診=郵政票狙う―小沢氏(時事通信)
<公明党>景気対策の骨子発表(毎日新聞)
PCI背任、元社長ら無罪確定へ 東京高検が上告断念(産経新聞)
同時改定の焦点は「地域完結の24時間支援システム」―民主・山崎議員(医療介護CBニュース)
AD