社民党党首の福島消費者相は16日、沖縄県の米軍普天間飛行場移設に関する政府の対処方針に県内移設が盛り込まれた場合、閣議了解に応じない考えを表明した。

 宮崎市内で記者団の質問に答えた。鳩山首相は、5月末の閣議了解をもって一定の「決着」と主張する考えとみられるが、福島氏の反対表明で、閣内の合意形成はきわめて厳しい情勢となった。

 福島氏は、記者団が「閣議では了解できないか」と質問したのに対し、「はい、その通りだ。新たに沖縄に負担や犠牲を強いることはできない」と答えた。

 対処方針は、沖縄県名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸部周辺に杭(くい)打ち桟橋方式で代替滑走路を建設する案が柱となる見通しだが、福島氏は「沖縄の海をつぶして新たな基地を作ることには社民党は明確に反対だ」と強調した。

高橋洋一の民主党ウォッチ あてにならない民主の公約 「総人件費2割減」どこに消えた(J-CASTニュース)
教員免許制を再検討、養成課程延長も…文科省(読売新聞)
<陸山会事件>小沢氏再び不起訴へ 新証言は得られず(毎日新聞)
<民主党>「選挙の小沢」に陰り 地方行脚開始(毎日新聞)
千葉で観光バスなど3台事故、12人けが(読売新聞)
AD