女性患者にわいせつな行為をしたとして準強制わいせつ罪に問われ、無罪が確定した福岡市内の男性医師が、インターネット上のブログへの匿名の書き込みで名誉を傷つけられたとして、プロバイダー「ケイ・オプティコム」(大阪市)に発信者情報の開示を求めた訴訟の判決が25日、大阪地裁であった。

 河合裕行裁判長は「真実ではなく、公益性もない」として名誉棄損と認定し、同社に発信者情報の開示を命じた。

 判決によると、男性医師は昨年5月、福岡高裁で無罪を言い渡されたが、同じ日に、「調査会社の社員」と名乗る発信者が自身のブログに「(男性医師は)患者のカラダを触り、写真も撮った」などと書き込んだ。

 ケイ・オプティコム側は「ブログはすでに報道された内容だった」などとして開示に応じていなかったが、河合裁判長は「無罪判決後の書き込みで、医師の社会的評価を低下させた」と判断した。

 ケイ・オプティコムは「判決内容を精査し、対応を検討したい」としている。

めぐみさん拉致現場「胸詰まる思い」=国家公安委員長が視察-新潟(時事通信)
<財政健全化法案>責任政党が「本家」争い(毎日新聞)
社民、国民新両党がホワイトビーチ沖案に反対 普天間移設問題(産経新聞)
満額支給のめど立たず=「2万6000円」根拠あいまい-子ども手当(時事通信)
北への送金「全面停止を」=拉致家族会など訴え(時事通信)
AD