天文学に原子物理学を取り入れたことで知られる京都大名誉教授で日本学士院会員の宇宙物理学者、林忠四郎(はやし・ちゅうしろう)氏が2月28日午後3時、肺炎のため京都市伏見区の病院で死去した。89歳。京都市出身。葬儀・告別式は近親者のみで執り行われる。

 故・湯川秀樹氏の門下生で昭和32年に京大教授。同25年、元素の起源に関する基本理論「アルファ・ベータ・ガンマ・ハヤシの理論」を発表した。

 1970年には、英国王立天文学会のエディントン・メダルを日本人で初めて受賞。昭和57年に文化功労者、同61年に文化勲章。2004年には太平洋天文学会のブルース賞を日本人で初めて受賞した。

【関連記事】
プラトンが愛した「世にも美しい正多面体」
広島のアマチュア天文家が超新星発見
「地球衝突回避せよ」 露が小惑星対策協議へ
小惑星を「伊藤博文」と命名 没後100年、夜空が祝福?
ガリレオの気持ち分かる? エジプトで天体観測会

<交通事故>大型トラックが軽と正面衝突 3人死亡 広島(毎日新聞)
41年目の赤軍派元メンバーたちが京都に集った理由とは?(産経新聞)
<はちみつ>ふたから基準超える鉛成分 12万本を回収(毎日新聞)
1票の格差 東京高裁判決 定数是正に早急な対応迫られる(毎日新聞)
羽田空港濃霧、20便欠航・16便目的地変更(読売新聞)
AD