おかえり、そしてありがとう--。多くのトラブルを乗り越え日本の小惑星探査機「はやぶさ」が13日深夜、7年にわたる小惑星往復の旅を終える。その奮闘ぶりは多くの人に感動を与え、どんなときもあきらめないことの大切さを伝えた。はやぶさが帰還するオーストラリアで、管制を担う相模原市で、人々はそのフィナーレに拍手を送った。

 はやぶさの運用を管制する相模原市の宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究所。午後7時51分「カプセル分離」の信号が管制室に届くと、この日の運用に携わるJAXAや開発メーカーの約40人が一斉に拍手。確実に分離したかどうかを確認するため、あわただしく職員が動き回った。はやぶさの主エンジン開発にかかわったJAXAの清水幸夫・品質保証室副室長は「第1段階はクリアしたが、最終的な使命はカプセルを回収すること」と気を引き締めた。

 川口淳一郎プロジェクトマネジャーは「7年も宇宙空間に置かれたはやぶさのバッテリーなどが予定通り機能したのは大きな喜びだ」と話した。

 13日夕から宇宙科学研究所に詰めかけたファンは約400人。「切り離し成功」に喜ぶ管制室の様子を大型モニターで確認すると「オーッ」という歓声とともに大きな拍手がわき起こった。東京都町田市の自営業、神尾和顕さん(37)は「日本の技術を誇らしく思う。はやぶさにお疲れさまと言ってたたえたい。最後に地球の写真を撮影すると聞いているが、ぜひそれも達成してほしい」と興奮ぎみに話した。【藤野基文、西川拓】

【関連ニュース】
はやぶさ:カプセル切り離し…地球帰還へ 小惑星探査機
はやぶさ:カプセル回収は準備万端
小惑星探査機:はやぶさ帰還、見届けよう…JAXA
小惑星探査機:「はやぶさ」最後の軌道修正に成功
小惑星探査機:「はやぶさ」カプセルは工夫満載

【南ア発】感じたままの魅力伝えたい(産経新聞)
<平沢元死刑囚>代表作「狩勝大観」、遺族が発見(毎日新聞)
<北教組不正献金>小林議員陣営元会計責任者に有罪判決(毎日新聞)
官房機密費、4・5月は大幅増の計3億円(読売新聞)
28歳女性の顔殴り路上強盗 大阪・西成(産経新聞)
AD