政府がミャンマー軍事政権に政治犯釈放などの民主化を求め続けていることについて、同国の民主化運動の指導者で自宅軟禁中のアウン・サン・スー・チーさんが岡田外相に謝意を伝えてきたことが22日、明らかになった。

 ミャンマー関係筋によると、スー・チーさんは今月上旬、周辺に「私は毎日5時間、ラジオを聴いている。岡田外相が国際的な場でミャンマー民主化に向けた数々のメッセージを出していることを承知している」と語ったという。

 そのうえで、「日本政府や日本国民に感謝の言葉を伝えてほしい」と依頼した。

 この発言が周辺を通じ、岡田外相に届けられた。外相は昨年10月以降、ミャンマーのニャン・ウィン外相と2度会談し、総選挙実施までにスー・チーさんら全政治犯の釈放を求めた。

小沢氏「言う必要ない」 静岡県連への活動費支給停止(産経新聞)
自ら磨いて感謝とコスト意識=日航社員、車いす清掃―羽田空港(時事通信)
「くやしい」「頭にきている」証人の怒りを平然と聞くベスーン被告 SS元船長第2回公判ライブ(産経新聞)
「辺野古」は与党合意違反=社民党首、首相に伝える―普天間(時事通信)
巡査長、捜査書類隠す=発覚恐れ失跡、書類送検―福岡県警(時事通信)
AD