インフルエンザで新たに入院した患者数が、3月3-9日の週は26人で、前週より17人減ったことが17日、厚生労働省のまとめで分かった。新規入院患者数の減少はこれで8週連続。

 また、10-16日に新たに入院したのは速報値で12人で、3-9日の速報値18人より少ない。

 一方、7-13日に休校などの措置を取った学校数は前週より63校減の61校で、7週連続の減少となった。


【関連記事】
低死亡率は早期の抗ウイルス薬が奏功―新型インフル
インフル、流行指標下回る―患者6週連続減で
「終息」とは違う―新型インフルで厚労省
「ヒト型」に変異で患者増も―新型インフルで感染研・安井主任研究官
A香港型、4か月ぶりに検出―インフルエンザ

シー・シェパード メンバーの男を艦船侵入容疑で逮捕(毎日新聞)
民主・公明接近、目玉政策でも…参院選後に連携?(読売新聞)
内需戻っていない=10~12月GDPで-内閣府副大臣(時事通信)
高速道路料金の上限制、参院選後に先送り(読売新聞)
橋下知事「浅はかな有識者…政権左右される不安」 朝鮮学校無償化で(産経新聞)
AD