メルマガ【日刊カンドコロ】登録・解除フォーム

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

登録 解除
お名前(姓)
*メールアドレス

全部の記事 リピーター作りコラム 講演記録 プロフィール・実績 ご依頼・お問合せ

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-07-23 15:04:53

顧客満足を増幅させる、たった一言の質問。

テーマ:リピーター・ファンづくり

昨日の朝、
口腔外科に駆け込んで、先生に

「舌噛んじゃって痛いんです」

と、半べそで訴えました。




すると先生が

「今からお仕事ですよね」

と聞かれたので、



「そうなんです。
 喋る仕事なんですが、痛くて
 まともに喋れなくて、、、」

と再び半べそ声。






結果、ささっと
レーザーで傷口を焼いて(?)もらう事に。





これは私の
「午後から普通に喋れるように」
というオーダーに沿った

処置をして下さったのかな?と。





私が
「舌噛んで痛いんです」
とだけ告げたとしたら




他の処置だったんじゃないかなぁ。
なんて思うんです。





・痛みをとる
・止血する
・傷口を美しく治す



治療や処置の方法って、
おそらく沢山ありますからね。




この先生は
冒頭に記したホンの少しの会話で
察してくださり


喋る時、
歯に当たる痛みを軽減するため
傷口にレーザーを照射して
「かさぶた状」の表面にする

という処置を施して下さったんだな。と。





広島のお医者さんなので、
通うことは叶いませんが、
自宅近所にあれば、、、必ず通います。

このお医者さんのもとへ。


顧客満足を増幅させる




これって、
私たちコンサルタントのお仕事でも
大切なんですよね。




「売上を上げたい」

とご相談に来られた方に対して、
お渡し出来るノウハウは無数にあります。




そこで、
自分が得意とするノウハウを
ドヤ!って提供してもダメなんです。




まず
「何のために売上を上げたいのか」
これを共有しなくちゃ。




他の業界でも全く同じ。




八百屋さんだとしても
「大根が欲しい」と来られたお客様の

「なぜ大根が必要なのか」

という情報を聞くことができれば、
その目的にあった「大根」を
提案する事が出来ます。





自分の扱う商品やサービスを

「なぜ」

利用&購入しようと思われたのか。

喫緊に解決したい課題は何なのか。




この情報にアクセスする事が、

顧客満足を作り出す最初のステップ

になります。




その情報にアクセスするための
「魔法の一言」を今日はお伝えしましょう。





医師やコンサルタント等
サービスをご提供する場合は

「何からはじめましょう?」



八百屋さんやメガネ屋さん等
モノをご提供する場合

「どうしました?」




この一言です。
是非、現場で活用してみてくださいね。




いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-07-22 18:43:19

その値段、どうやって決めましたか? 値決めってのは経営の命ですよ。

テーマ:経営
有り難い事に、
全国の様々な業種の皆様から

「リピーター逓増の仕組みを作りたい」

とご依頼を頂いており、
飛び回らせて頂いております。






昨日も広島で2件、
コンサルティングの新規お打合せでした。




コンサルティングのお問合せ
を頂きましたら、まず

・何を
・どうやって
・いつまでに
・お幾らで

お手伝いさせて頂くのか、についての
お打合せをお願いしております。






そして
クライアント側の意向と、
私がお手伝い出来る事が

ピッタリあった後、
ご契約を頂いております。






今日はその中の

「コンサルティング料」

について少しお話ししようかと。



値決め




参謀としてお役立て頂く
「顧問契約」が月額20万円。


リピーター逓増の仕組みを作るため
コンサルティングブックを活用した
「プロジェクト契約(概ね8〜12ヶ月)」

が総額250万円。






この2体系の料金を
提示させて頂くのですが、



私がどんな基準でこの
「コンサルティング料金」を
決めたのか。






それは、

クライアントがお支払い下さった金額の
10倍の利益を手に入れて頂ける

という考えです。






【直接的な売上増からの利益】

というのは勿論の事、




コンサルタントが居るからこそ、
「やらざるを得ない状況」ができる

【時間ロス回避の利益】




体験や事例の提示による

【リスク回避の利益】



契約終了後も生き続ける仕組み化による

【リソースの利益】




これらを、
お支払い頂いた報酬の10倍得て頂ける。

そう考えて、
上述の値決めをさせて頂きました。






決して、
自分が月額いくら稼ぎたいから、
時給換算すると、、、

なんて計算方法ではありません。




自らが提供するモノの価値をしっかり
(客観的に)判断し、

お客様にもたらす利益の幾ばくか
(私の場合は10%)をお代として頂戴する。






コンサルタントに限らず、
これが「値決め」の基本です。



原価に一律の利益を乗せて「値決め」。
なんてしちゃダメです。





それって、
自分が提供するモノの価値を
しっかり把握できていない。

って事ですからね。




売る人間が価値を把握できていないのに、
買うお客様に伝える事など、、、

できません。




値決め=ビジネスに取り組む姿勢

なんだと思います。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-07-21 15:47:04

メラビアンの法則、間違って使ってませんか?

テーマ:講演記録
突然ですが、
「メラビアンの法則」って
ご存知ですか?




メチャクチャ雑に解説すると、



人から発せられたメッセージに
矛盾を感じた時、

・言葉の内容
・メッセージの伝え方
・見た目


どの要素を重要視しますか?



1位は見た目(55%)
2位は伝え方(38%)
3位は内容(7%)




というモノです。




例えば、テレビで
「悲しいニュース」を読んでいる
アナウンサーがいたとします。




悲しいニュースを、

・ニヤニヤしながら
・ウキウキ口調で
・悲壮な文章として

読んでいたら、
さぁ、どう思いますか?




ニュースの内容よりも、
「ニヤニヤしてけしからん!」
って感情の方が遥かに強いですよね。




まぁ、こんな感じです。




で、ここまでは良いとして。




この「メラビアンの法則」を
間違って使ってる講師が非常に多い!


間違い



見た目と伝え方で93%って事は、、、

まず衣装や立ち居振る舞いを完璧にして
話し方をしっかりマスターして。。。




なんて思ってる講師、
本当に多いんです。





まぁ、講師に限らずですが(笑)





いいですか?

メラビアンの法則ってのは、
「見た目と伝え方」が大切!

って法則じゃなく




【発せられるメッセージに矛盾を感じた時】
どの要素に重きを置いて判断するか。

という法則ですからね。





そもそも講師にしろ、営業職の方にしろ

【発せられるメッセージに矛盾を感じる】
そんな人は信用されないんです(笑)





重要なのは
見た目・言い方・言ってる事に
一貫性を持たせる事。

【発せられるメッセージから矛盾を
 無くする事】

ですよ。





なんだかですね、
最近増えてきた「講師養成講座」で
おかしな事を教える人がいるので

ヘンテコリンな講師が増えてきたなぁ。
このままじゃ講師業界が廃れるなぁ、、、





なんて憤りを
今日は暑さに任せて書いてみました。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-07-21 09:20:14

【Podcast】忘却アイディアを1%減らせば、間違いなく人生が変わる。

テーマ:【Podcast】ニッポンのハエギワ

ハエギワ画像



私たちは毎日毎日、というよりも

毎瞬間、毎瞬間

頭の中で「アイディア」を生み出しています。

 

 

今、この瞬間にも

「椅子の高さを調節した方がいいな」

「ディスプレイの角度はこれくらいかな」

「エアコン、ちょっと効きすぎだな」

なんていう

 

ちょっとした生産性を高めるための

思いつき(=アイディア)

から

 

「明日のミーティングに備えて
あの資料を作っておこう」

「今晩の移動中に、あの書類に目を通そう」

なんていう

 

行動の思いつき(=アイディア)

 

「あのプロジェクト、あの人に
紹介の依頼をしてみてはどうだろうか?」

「今日のメルマガに、あの告知を
してみてはどうだろう?」

なんていう

 

売上に直結する思いつき(=アイディア)

 

 

たった5分です。

たった5分の間に、これだけのアイディアが

脳内を過ぎりました。

 

 

しかし、です。

放っておくと、このアイディアの殆どは

実行される事なく葬られていきます。

 

無かった事

 

になっていきます。

 

 

実に勿体無い。

これら忘れ去られていくアイディアの

「たった1%」

だけでも実行に移されれば、

間違いなく人生は変わります。

 

 

じゃあ、そのために何をすべきなのか。

今回はそんなお話です。

 

是非、お聞き下さい。


【ご視聴はコチラから】

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-07-20 20:23:12

道具を作るための道具を作る、そんな時間の必要性。

テーマ:仕事術
いやぁ、昨日の顧問先での会議、
白熱しましたね。

特に白熱したのが

「会議の開催方法についての会議」





これ、結構重要なんですよね。

なんて言うんでしょうね、

「道具を作るための道具作り」
のようなイメージ。


道具を作る道具



あの、
よく聞く寓話があるじゃないですか。



目こぼれしたノコギリで長時間、
必死になって木を切り倒そうとしている人に

「刃を研いだらどうですか?」

と言うと、

「そんなヒマあるか!
 木を切るのに手一杯なんだよ!」

なんて言われました。





という。





私の専門は

「リピーターが増える仕組み」
を社内に構築し、増益を図りましょう。

というコンサルティングですが、




いきなり現場で
アレをしよう、コレをしよう!

ってやるのは、
前出のノコギリおじさんと同じ行為。





リピーター逓増策を講じる前に、
意思決定の仕組み、つまり会議の在り方を
キッチリ整備していく事が

本当に大切なんです。





小学校2年生の時に、
1年がかりで「九九」を唱え続けたから
以降、計算(暗算)が簡単に出来る
人生を送れるワケです。



パソコンに触れたての時、
毎日毎日数ヶ月
(私の場合)
北斗の拳のタイピング練習ソフトで

タイピングの練習をしたから、
快適なPCライフを送る事ができている
ワケです。






アナタがもし、
目先いっぱいいっぱい感を
感じているのなら、


ひょっとすると今は

「道具を作る道具」を作る時期かも
しれませんね。

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>