アイスランド南部の火山噴火で欧州各地では閉鎖する空港が相次いでおり、18日に予定されているポーランドのカチンスキ大統領夫妻(政府専用機の墜落事故で死亡)の国葬に参列する各国首脳らには、陸路移動を余儀なくされるなどの影響が出ている。

 AP通信などによると、ポーランド大統領府は16日、遺族の強い要望で国葬を予定通り18日に南部クラクフで行うとの方針を明らかにした。ただ、同国の空港は17日現在も閉鎖が続いており、再開のめどは立っていない。

 国葬に出席予定のメルケル独首相は、訪問先の米国から帰国途中の16日、火山灰の影響で政府専用機がベルリンに戻れず、急遽(きゅうきょ)、ポルトガル・リスボンの空港に着陸。ここで1泊し、陸路での帰国と国葬出席を目指すことになった。

 韓国は17日、鄭雲燦首相の国葬出席を取りやめ、代わりに駐ポーランド大使を出席させると決定。スロバキアのガシュパロビッチ大統領は陸路でクラクフ入りする。国葬にはオバマ米大統領やメドベージェフ露大統領も出席する予定で、これまでのところ、米露からポーランド政府にキャンセルの連絡はないという。

【関連記事】
ポーランド国葬延期せず アイスランド火山噴火
独首相、ベルリンに戻れず
江田参院議長のポーランド弔問中止
アイスランド火山噴火 空の足は大混乱
ポーランド大統領の埋葬場所めぐり論争

すごかった花見客!豊臣秀吉も愛した一目千本の吉野桜(産経新聞)
<掘り出しニュース>犯人に「やめときや」 大阪府警南署が街頭に掲示(毎日新聞)
アパート火災で2人死傷 東京・足立(産経新聞)
脱毛症治療に初のガイドライン―皮膚科学会(医療介護CBニュース)
<訃報>山村若晴司さん67歳=日本舞踊家(毎日新聞)
AD