広島市の国道2号の騒音被害などを巡る損害賠償請求訴訟で、原告の住民側と、被告の国・市の双方が3日、広島地裁判決(5月20日)を不服として広島高裁に控訴した。一方、国は同日、低騒音舗装の新規敷設や遮音壁かさ上げなど、沿道環境の改善策を発表した。

 1審判決は「沿道住民の一部が国の環境基準を超える騒音にさらされ、受忍限度を超えている」として、総額2160万円の損害賠償を支払うよう国に命じた。判決は受忍限度の線引きを「昼間は屋外で65デシベル以上、夜間は屋内で45デシベル以上」と設定したが、国と市は控訴理由を「現行の環境基準はおおむね満たしており、受忍限度の考え方に隔たりがある」としている。住民側は、沿道への通勤者を含むすべての原告への損害賠償が認められなかったことなどを理由にしている。【中里顕】

【関連ニュース】
国道2号訴訟:国などに賠償命令 住民騒音被害で広島地裁
国道2号訴訟:騒音被害に賠償命令 道路公害、苦しむ人に勇気 /広島
中部国際空港:騒音定期監視 全調査地点で住居基準下回る /愛知
風力発電:伊方エコ・パーク、騒音調査を開始 /愛媛
きのうの夕刊から:国道の騒音に賠償命令

<はやぶさ君>人気加速 13日に地球帰還(毎日新聞)
小沢氏側近の松木氏、菅氏の小沢外し発言に不快感(産経新聞)
議論好き・菅氏、気さくな性格・樽床氏(読売新聞)
口蹄疫特措法、4日施行(時事通信)
名物バイヤーの藤巻氏擁立=参院比例にみんな(時事通信)
AD