お久しぶりですノ( ´・∀・`)ノ
随分お久しぶりです。

婚活ブログって括りで書くの疲れるのでw
色んなことを書こうかな、とv( ̄ー ̄)v
なら、できるかなv( ̄ー ̄)v



「生老病死」は生きとし生ける全てのものは避けられないと言われています。

生まれたら、時間が経って、死ぬ。
けど「病」にならずに死ぬ人もいるよねぇw
老衰って病なのかなぁ?自然現象よね?そもそも「病」も自然現象なのだけど。

「病」について思うことを無責任に取り留めもなく、書きました。

例の如く、龍の如く、長文短編集です。
電車のお供に、トイレのお供に。。


---------------------------

病気だから
出来ないことがあって
当然

病気だから
気持ちのムラがあって
当然

病気だから 
結婚出来なくて
当然  

病気だから
病的な部分があって
当然

病気だから、病気だから。
病気だから。病気だから。




健康だけど
出来ないことがあって
当然

健康だけど
気持ちのムラがあって
当然

健康だけど
結婚出来なくて
当然  

健康だけど
病的な部分があって
当然



何かの事柄が
出来る人、やりたくない人、したかったのに出来なかった人、できちゃった人、出来ずに苦しんでいる人、できて喜んでいる人、できても嬉しくない人。

色んな人がいて当然。



そして上記の人の様に●●な人のように
分類したくなるけど

本当は

出来る時、やりたくない時、したかったのに出来なかった時、できちゃった時、出来ずに苦しんでいる時、できて喜んでいる時、できても嬉しくない時。

「●●な人」なんじゃなくて
「●●な時」なだけ。

●●な人ってよくいうけど●●な人なんか多分いない。

だけど
「●●な時」を重ねて「●●な人」になったりする。



好きな言葉がある。
「病気になっても病人になるな。」
ガン患者にそう言う、医者がいるそうです。
私はその先生、素敵だなーと思う。



健康でも病気でも大差ない。
違うのは捉え方。

「心」は「脳」
「脳」は「心」
そして
「心」と「体」と「脳」はつながっている。

緊張したら肩が凝る
消化されたら腹が減ったと脳に指令がいく
全ては循環している。

ということは
脳も体も心もひとつ。

脳の病気、心の病気、体の病気。
と、限定しても、全ては統一されてひとつ。
ただ、最初のきっかけがどれかだった、ということだけ。



例えば
休みたいときに、休めない。
休みたいが本音で
休めないは思い込み。



結果どうなるか

休みたいのに休めない、不満とストレスを自分の思い込みで蓄積させる(これが、状態)

体に症状として現れる(これが、症状)

状態があるから、症状がでる。

状態を自分が楽だとか、何も思わないとか、平常心でいられればいいって思ったり。
すると、上手にできなく平常心が乱れた時に凹むっていうループに突入する。

別に上手にできなかったときに凹むの普通なんだけどねw
ただできなかったって事実にどれだけ打ちひしがれてんのw
そんなに自分はできるやつなのー?ww
失敗して当然やん!上手くいくときは上手くいくしw
そもそも失敗とか成功とかなんなの?
それ美味しいのwww


本気で休まないから。
体だけ休んで脳がフル回転だから。
だから休みたい、休みたいってなる。

それは、休むしかない。
本気で休んでみるしかないwww

結局。休まないって選択をしているのは自分。

休む勇気などいらん。
かつての綾瀬はるかもこう言った。
「明日(男と会いたいんで)会社、休みます」

休みます、って言っただけwww




病気になったら治療する
これは当然な様でいて
本当に当然なのだろうか?


治そうね、治そうね、治そうね。
は、
もしかしたら
頑張ろうね、このままのあなたではいけないんだよ、もっと変わろうね、
今は良くない状態だから良い状態に治そうね。
ってことでもある。


それって休みたくて病気になった人は辛いなーと思う。

休みたくなくて病気になった人は
「元の健康な状態に回復するぞ!」と思うからリハビリも治療もやって
休みたくない!働きたい!動きたい!が前提だから、回復するだろう。

そんな人でも
雨は降るときは降るし
晴れるときは晴れるし
台風はくるときはくる。

そんだけの話。


寒かったら上着着ればいいのに
半袖で震える変態。
暑かったら脱げばいいのに
脱ぐ?恥ずかしい!って拒否る変態。

下着つけてキャミつけてTシャツきてパーカーきてダウンきて毛布かぶって布団かぶって、適温で動く人を羨望の眼差しで見つめる。最早よくわからないプレイ。


多分
体と脳が後天的に病気になった人は治したい
心が後天的に病気になった人は休みたい
それが本音。

先天的に体や脳に障害がある時
それを当たり前として
それでも豊かに生きていく。
辛くて苦しくて、どうして?って思いながらも
生きていこうとする。
それがきっと「そういうもの」だから。





あなたは病気だから
俺は私は病気だから
病気だから、病気だからと
10年過ごした人と

健康しか取り柄がないくらい
健康なんだよねー
って10年過ごした人

多分

「病気だから」の人は
来年も病気だろう

「健康しか取り柄がない人」は
来年も健康だろう

病気の人は自分が病人という前提で生きてる。
健康な人は自分が健康という前提で生きてる。


それくらい
前提、というのは
人生を変える


じゃあ「健康」な人が
たまに人生に疲れた時



その前提が「元々健康」であれば
「最近無理しすぎたし、我慢することが多かった。ちょっと休憩しようかな。」
で、少し休んで、また「健康」に戻る。

その前提が「元々病人」であれば
「子供のとき高熱が出たり、元からそういうところがあったんだよね、、」
で、少し休んで、また「病気」に戻る。
「健康になりたいな。治りたいな。でも元々そういうところあったし。」で、また病気に戻る。

こんな話もある。
25万人に1人の割合でなる小児ガン。
その疑いがあると診断された男の子がいました。けど病室ではピンピンしてるし、、本当にガン?本当に?でも何人もの名医が我が子をガンと言っている、、
けれど実際に手術して患部をみてみたら、ただばい菌が入って腫れ上がっていただけだった。
ガンではなかった。

このときお母さんが我が子は小児ガン。と決めて診断を信じて生きていたら、我が子は小児ガンとして生きることになったのかもしれない。


私がもし病になったら
病気でもなんでもどーでもいいわ。

痛いー死ぬーばかー世界一周旅行いく予定くるったーばかーモルディブはー?モーリシャスは?ニューカレドニア。パリ、ルーブル!あぁ死ねない!とかって喚きながら

頭と体もおかしくなりながらも
それでも海外いって
やっぱり日本が一番ね、って帰国しそうw

結局、どうでもいいんじゃなくて
なんでもあり、ということ。

最近思うことでしたノ( ´・∀・`)ノ
AD