北海道って なまらイイべさ!

Hard Streams / 児島 秀明 が北海道での日々をまるごとお届けします


テーマ:


最近の検索ワード上位が 「ギーガ88」 だったんで


ギーガについて少々お話ししましょう (^^




ここのところ・・・


静岡(遠州灘)ではヒラメやブリが・・・


勿論ここ北海道では海アメマス等が


ギーガシリーズでイイ感じに釣れています ♪



時代の流れと共に


ミノー・ジグミノー・ジグ達がどんどん進化を遂げて


みなさんのルアーBOXにも満載ですよね??


が!しかし!! という話しでして・・・


勿論ミノー・ジグミノー・ジグなどを否定するわけじゃなくて


スプーンだからこそ!という話しを少々。。。




<ギーガとミノー・ジグミノー・ジグとの違いって?>


① 規則正しく泳がない=逃げ惑うベイトを演出

② 沈下姿勢や速度がランダム=逃げ惑うベイトを演出

③ 巻き方によって表層からボトムまで 棚を幅広くカバー

④ ギーガの形状はスリム&ロング=良く飛ぶ

⑤ スプーン特有のフラッシング=集魚効果が強い

⑥ 水抵抗が強い為 スローに巻ける=魚によく見せられる

⑦ 捕食し易いサイズとしてターゲットに認識させることが出来る

⑧ 他のルアーよりも低価格=躊躇なく大胆に攻めれる

⑨ 魚種や釣り人を選ばず 効力を発揮する

⑩ だから良く釣れる (^^



画像のアメマスは島牧の磯で釣りあげたモノですが


これはサーフでも同じことが言えて・・・


一般的なミノー・ジグミノー・ジグなどのように


ある程度限定された「動き」に捉われることなく


使い手側の操作によって


様々なシチュエーションに合った使い方を


ギーガ1本で演出することが可能なんですねぇ (^^



ベイト(捕食対象)となる小魚や甲殻類って


一定の安定した動きばかりじゃなく


捕食対象として追われる立場になった時は


速くも泳ぐし 突然深くへ潜ることだってあります


表層へ逃げることもあるし


ジグザグと逃げ惑うことだってある・・・


意外と派手でランダムな動き方をするんです。。。

ミノー・ジグミノー・ジグなどでは演出し辛いこれらの動きを


表現することが可能なギーガを


「ルアー=道具」として使うんじゃなくて


エサとなる小魚や甲殻類になったつもりで


「逃げ惑うベイト」をイメージして使ってみて下さい



湖(アメマス・イトウ・レインボー・ブラウン・ヒメマス・レイクなど)


渓流(アメマス・イトウ・イワナ・レインボー・ブラウン・ヤマメなど)


海アメマス・海サクラマス・サケ・カラフトマス


アイナメ・ソイ・ホッケ・ヒラメ


カツオ・サバ・ブリ・ヒラマサ・カンパチ・シーラ


シーバス・太刀魚・チヌ・メバルなど


思いつくほとんどの魚種に対応します


<ジグスプーン / Giger シリーズ>

◆ 65mm/07g 10g

◆ 71mm/12g 15g

◆ 88mm/18g 23g 33g

◆ 130mm/35g 45g

※ バリエーションがナマラ豊富なんです



きっと全国各地で強力な武器になってくれるハズですよぉ ♪





AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

SomeRise@Hideさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。