1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-05-10 14:15:24

Doppoでイヤモニ

テーマ:ブログ
{887A207C-167A-45F0-8243-E17829E605EC}

Doppo4周年ライブ、J.T.B.のリハーサルでした。5/27金曜日 のワンマンライブで
すでに30曲を超えるレパートリーに、さらに新レパートリーを加えて、とうとうアルバム ESCAPE 網羅達成!
そんななか、最近流行り(?)のイヤホンモニターを試してみました。
{3CCD2C3D-442F-40BE-841E-3B075D766FE1}
もちろんDoppoのような規模のハコでは無用の長物とは思いつつ、少なからず需要があるので実験中。
今回はドラム横のフロアスピーカーは使用せずすべてイヤホンでモニター。
今回はPAミキサーのAUXからの送信なのでとりあえず各パートのバランスは普通にオーダー可能。ボリュームは自分のミキサーで調整。なんとなくレコーディングしてみたいな感覚かな。そういった意味ではかなり有効。
ただすべてのパートをPAで制御してる場合は良いけど、Doppoのような生音主体でやるような環境では、パートによってはPAを介してないこともある。またモニター用の回線が足りなくてアフターフェーダーのグループOUTなどを使用すると細かいバランスのオーダーはできない。普段ならドラムやアンプ、外からの回りこみなどの生音で把握できていたものが、あまり遮音性能の高いイヤホンだとそれらがかえって聞こえなくなる。そのためセルフでエアーマイクなどをたてて自分のモニターに差し込むという手法をとったりするけれど、そもそも耳の保護が必要な爆音自体推奨してないので、ここはやはり会場の空気全体を耳でも共有するほうがライブとしては楽しいだろう思いました。メンバー同士のステージ上でのちょっとしたやり取りもあるしね。
あと、突然の過大入力への対策が必要だ。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-04 01:16:27

憲法記念日

テーマ:ブログ
ぼくは「現日本国憲法を支持する」という立場をとっているけど「改憲=悪」とは思ってないよ。憲法を変えようという発議をすること自体は認められた権利だし。とはいえ、やはり国が歴史を通じて経験し獲得した叡智のかたまりであるとも思っている。だからこそ70年にわたりその価値を認めてきた。それでも所詮は人間によって書かれた条文に過ぎないから完璧ではないだろうし絶対不可侵ではないし、だから現憲法にだってちゃんと改憲への手続きが示されている。

まあ僕なんかはこの憲法の時代に生まれ育ち教育を受けてきたからね、正直なところ空気みたいなもんでアメリカが押し付けたんだろうが、日本人の手によって獲得した平和憲法だろうがその起源を問うたところでどうしようもない。だから「自主憲法制定を!」というアピールにはね、まあ幕末オタク的民族精神をくすぐられることはあっても、たとえば今の自民党草案みたいなのをもってこられちゃあそりゃダメだろうって思う。そしてなにがダメかっていうとその中身はできるだけ表に出さないようにして先の民族主義的情緒を煽ることばかりだ。そしてどうやら手段を選ばないウソやゴマカシがありすぎる。だからいまの自民党をはじめとする日本会議やらの主張する改憲は全く受け入れがたい。

そして共産党をはじめとする「護憲派」のやりようにもいささか辟易を感じざるをえない。どうも興奮しすぎてまるで「改憲派=悪の手先」みたいな言いようだ。まあ選挙を控えて対決ムードを煽りたいのだろうけどね、著しく攻撃的で「は?戦時ポスターですか?」みたいなのも。
現憲法を神聖不可侵のように奉り、改憲派をまるで非国民であるかのような言いようも見受ける。そう言われちゃあ受け入れられないのも人情だよ。支持が決定的に広がらない理由はそこにあると思う。言ってることはわかるがお前らと仲間にはなりたくないってね。残念ながらそういう、人の心を掴むということにかけてまったくわかってない。かえって逆なでするようなことをする。

と、こんな評論家みたいなこと書いてると
まるで傍観者みたいだからここまで。

ぼくは基本  現日本国憲法支持 
で.もっとも現実と矛盾している部分の
9条 と自衛隊については、整理しても良いと思っている。国防軍と呼びたけりゃ呼べば?  でも自衛隊のほうがもう世界に誇るブランドな気がする。戦力の不保持はもう誰がどう見ても持っちゃってるから認めるしかない。認めちゃったうえで、もっとハッキリと自国領土の専守防衛を規定する。
国外での武力行使、武装派遣は行わない。
つまり定義の問題はあるが集団的自衛権行使は認めない。武力を国際問題解決の手段として用いない。(この前提だけは外したくないね。)
かような方向しかないんじゃないかと。
そう思っている今日この頃なのです。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-04-12 19:07:34

藤本朗バースデーライブ巣鴨 獅子王 御礼!

テーマ:ブログ
アキラさんのレギュラーバンド
J.T.B.=Journey Tribute Band
として出演しましたが、今回は
1部 J.T.B.藤本朗の音楽人生をたどる
というテーマのもとセットリストは以下の通り
1.Separate Ways
2.Journey バラードメドレー
 Crying Now~Lights~
       Open Arms~Fathfully
3.告白 (野口五郎)
4.レディ セブンティーン(キャロル)
5.サード レディ(桑名正博)
4.Off the Wall (マイケル ジャクソン)
5.Doin' Alright (タワーオブパワー)
6.Anyway You Want It
と、その大半はJourney以外というレアなものになりました。
{622E5746-D18D-4615-852D-D2DCF3B499FE}

つまり歌謡曲からロックンロール、R&Bなどなどてんこ盛り。(もちろん一曲ごとにMCがあったのはいうまでもありませんが) Youtubeなどで原曲をきいていただければ、どんだけ振り幅あるんだってくらい笑っちゃいます。
2nd ステージはもちろんX-Ray
その迫力に圧倒されました。
久々の爆音シャワー!
{9F70A6D5-0FB1-4D6C-A568-07778B311CBC}

また
巣鴨 獅子王は本当に素晴らしいハウスで
ステージ、楽屋、ドリンクスペースなど全てにおいて必要なものを必要なだけ備え、しかも無駄無く考え抜かれている感じで、
大変感銘を受けました。
{8281C206-24FD-4980-808F-19C997A5158F}

セットはPearl マスタークラフト 10.12.13.16.22 胴はやや深め、すべてレインフォースメント付のシェルでしたね。
透明感のあるキレイな音という印象でした。また機会があれば出てみたい。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。