- DrumBeat -

音楽のお話しとか・・・


テーマ:




こんばんは




以前書きっぱなしで放置していたチャイナシンバルの件です

自作リベット加工して使いたいという思いで購入したのが中古のチャイナシンバル

失敗してもいいようにね 安いの買ったんです

某格安通販店で売っている 中国製シンバルシリーズのチャイナと同価格帯で購入

このある意味有名なチャイナシンバルはアメンバーの浜浜組長が使ってます!

この前のライブ動画で炸裂してますよ~! もの凄いインパクトのシンバルです

価格を考えると、とってもお得だと思いました



私は、炸裂するタイプが欲しかったわけではないので他を探した次第なのですが

色々調べてみて、ユーチューブで音もチェックして価格的にも妥当かなと思ってた矢先

たまたまオークションで安く状態の良さそうなのをみつけたので購入したのです

中古のソフトケースもついていて送料込みで5000円でおつりが来たのがこいつです






そしてこれまた、ネットで購入したイスタンブール製のリベットをくっつけたわけです

リベットより送料の方が高かったけど・・・ 地方在住者の宿命ですね(笑) 






念願の穴あけ加工をするわけですが、ハンドドリルなど持ってないわたくし

シンバルとリベットを抱えてホームセンターへGO!

持ち込み加工お断りの張り紙の中、店員さんにお願いしてボール盤を使わせてもらい

初加工となったわけです 仕上がりは・・・ ま、こんなもんでしょ 

本当は、1本つけて音を確認してという感じでやりたかったのですが

まさか、ホームセンター内でシンバル叩くわけにもいかないですしねぇ

しょうがないので、当初から思っていたようにクラスターで3本打ってみました

クラスターというのは3コのリベット取り付けの位置が一箇所に集中するやり方です

他に、円周にそって均等につけるやり方もあります

本数はまちまちですね1本の人もいますし 2本の人も 完全に好みですね

位置も昔は外周から内側へ距離をとっていたと思いますが最近は外側が主流のようです 

リベットの鳴り方がまったく違うので好みが分かれるところでしょうね

外周に沿って均等につけるやり方では、2や3という場合もありますが通常はもっと多くなります

こちらも決まりはありませんので、本人が求める音で違ってきます



本来、ライドシンバルというものに取り付ける方が多いと思うのですが

なんせ、自前で加工ですので失敗すると目も当てられない ライドシンバルは高いし・・・ 

そして現時点で新たにライドシンバルの購入となると妥協はしたくない

安価でグレードの低いライドシンバルをわざわざ購入する気にはなれないのです

ライドでシズルを使いたい場合は、こちらも自作のチェーンを代用しています

買うと数千円 作れば200円足らずで既製品と同じ効果を得られますしねぇ



さてさて、穴をあけられたチャイナシンバルですが 既に数回使ってます

ジャズ系のセッションライブでも使ってみましたがいい感じです!

欲を言えばシンバル本体の問題 PST5ですからねぇ 期待してもしょうがないですが

そして、初の自作加工で学んだのですが 穴の径・・・もう少し大きくてもよかったかなと

微妙な数値なのと、ホームセンターにあったドリルの径が丁度良いのがこれしかなかった

ま、しょうがないです 概ね満足というところでしょうか



そして、メンバーさんの ぼんちゃんさんが別ブログでやっていたのですが

動画に撮ってみましょという・・・ ぼんちゃんさんは沢山シンバルお持ちで

それもハイグレードばかり その叩き比べ動画とっても参考になりました

で、どなたかの参考にでもなればいいかな~と思ったので やってみた

だって・・・ チャイナにリベット打つ人も少ないでしょうからねぇ 

本体がPST5なのでジャジーな感じはあまりしませんが参考にでもなれば嬉しいです

あ・・・下手くそが叩いてるので参考にならないってのもご了承下さい





自宅でやっているのでおっかなびっくりです(笑)

そのうちスタジオでセットに組んでやってみたのもアップしようと思いますので

そちらも参考にして頂けるとありがたいです















では、また次回

















AD
いいね!した人  |  コメント(6)

[PR]気になるキーワード