鳥取イヌイ薬局乾マリコ薬剤師の漢方相談ブログ

中医学、漢方を通じて皆様にお伝えしたいこと、
周期療法を通じて、不妊症、生理不順のお客様にお役に立てるよう
情報発信していきたいと思います。


テーマ:

こんにちは

不妊子宝アドバザー薬剤師の

鳥取のイヌイ薬局の乾 マリコです。

今日の鳥取は、少し春めいてきました。

もうすぐ春ですね!

 

子宝相談の中で

漢方薬は、長く飲まないと効かない・・

という固定概念がおありなのか

「漢方を飲んで

妊娠された方いらっしゃいますか?」

という質問をお受けします。

 

私が漢方の不妊症の勉強を始めてから

もう12年がたちます。

2004年から本格的に取り組みました。

漢方の勉強と同時に、西洋医学の基礎を取り入れて勉強。

 

思い起こせば1990年代は、鳥取市では、まだ

不妊症の専門のクリニックがなかった時代・・

 

今でも専門クリニックは2軒しかない鳥取ですが

人口からすると少なくないそう・・・

 

この12年を振り返ると

漢方がちょっと背中を押してあげた感じで

妊娠される方が多い・・・

 

不妊症の方で多いのが

     多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の方

     ご結婚が遅かった38歳以上の方

     体外受精を繰り返し、結果が出ていない方

     二人目不妊の方

 

     の方は、西洋の食事の傾向が強くなった近年、

とても多くなっています。

多嚢胞性卵巣の方は、卵胞自体は、多くお持ちです。

しかし、卵胞が成長できないので

排卵がなかったり、排卵が遅かったりして、

タイミングがとりづらい・・

このような方は、お食事指導と基礎体温から見た

タイミング指導でご妊娠へ導いていきます。

月経周期が長い方もいらっしゃるので、焦らないことが大切。

そして、甘いもの、脂っこいものを控えていただきます。

 

     のご結婚が遅かった方は、まず基礎体温をつけていただき、

基礎体温表にグラフ化する。

そして、その方の卵巣能力を推測します。

ある程度、月経のリズムが刻まれていたら、

あとは漢方薬が背中を押して自然妊娠しやすいのです。

できれば、20歳代の方との差、妊娠力の不足分を身体の土台を漢方で

作っていただきたい・・・西洋医学の迷路に入る前に・・・

 

     体外受精を繰り返している方・・

お話をお伺いして、少しお休みをおすすめしています。

卵巣刺激による採卵は、やはり身体を消耗しています。

繰り返しなされている方の特徴としては、低温期の体温が

36.5度以上になったりされることが多いのです。

低温期の体温が、36.5度以上であると

いい卵胞が成長しにくい環境です。

そのため、低温期の体温を36.4度以下に下がるのを

確認してから体外受精されることをおすすめしています。

 

     二人目不妊の方は、授乳期間が長かったり、

産後の養生不足から起こります。

その点を漢方で補うと自然妊娠の確立が高まります。

 

いろいろなパターンがありますが

まずは、ご妊娠しやすいお体作りをしていただきたい・・

人間だれしも、加齢と共に身体は衰えるもの

膝関節の寿命は60歳ともいわれています。

膝の使いすぎ、筋肉量によって個人差はありますが

女性の生殖能力は、14歳から49歳・・

その期間が限定されていることを考えれば

身体を補っていただきたい・・・

漢方は、長く飲まないと効かないは、

違いますよ~

体質に応じて服用すれば

しっかり効果は実感していただきますので

急がば回れ、まずは、土台を作りましょう。

 

迷っていたら、まずはお話をうかがってみませんか?

いつでもお話させていただきます!

 

美と健康をまごころこめて

ご相談はこちらから

{B5050D1B-221D-45BF-B64F-D07C5DD4F4C4}


 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

不妊子宝アドバイザー薬剤師 乾マリコ(mana)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。