中島旻保の大人の絵日記

医療者でありながら一方では、政治経済のことになると言いたい事が沢山あるそんな中島旻保のコラムとも言える絵日記


テーマ:

先週の日曜日、友人たちと明治座に芝居を観にいった。明治座といえば、以前某経営塾で一緒に机を並べた明治座元社長(当時常務)の坂口裕和氏よりご招待のチケットをよくいただいて観劇に行ったものであった。

 

 

 朝の倫理法人会モーニングセミナーの後、友人たちと急に決めたので、演題すら分からずに行った。明治座の7月公演は不朽の名作「ふるあめりかに 袖はぬらさじ」を大地真央が演じるということで話題になっている作品である。現在の明治座は1993年(平成5年)に新しく地上18階の複合ビルの低層階に建てられたきれいなビルである。 

 

さて、今回の演題「ふるあめりかに 袖はぬらさじ」は有吉佐和子が文学座女優杉村春子のために書き下ろした名作でロングランで演じられたもので、その後歌舞伎の坂東玉三郎に引き継がれ大好評を得た。今回は宝塚出身の大地真央が演じるということで注目された。今までの喜劇っぽく演じられていたものをミュージュカル風にアレンジされ、大変楽しく観劇することができた。偶然にも我々の並びに歌手の由紀さおりさんや俳優の古田新太さんが来ていた。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。