美容外科医 みや先生の脳内通信

多くの患者さまからの要望にこたえるべくブログを開設することになりました。
思い悩んで美容治療を受けたいけどあと一歩が踏み出せない方、興味のある方など、
症例写真や最新の美容トレンド等を通じて、みや先生ことDr宮里が美容外科医としてのSoulを電波致します。


テーマ:
恵聖会クリニックの宮里です。
先日、二重まぶたの治療相談で来院された患者様から、「私は目元を専門とする医師に手術してもらいたい」と言われました。

目元を専門とする美容外科医?・・・!?

美容外科クリニックに来院される患者様の相談で最も多いのは目元に関するものです。

よって、美容外科を専攻した新任医師が必要なスキルを習得する一般的な順序は、機会的に関わりが多い目元に関するものからはじまり、徐々に目元以外の診療スキルを身に付け、将来的に美容外科医としての幅を拡げていくことになります。クローバー

となると、大抵の美容外科医は目元の診療ができることが大前提なことになりますが、自ら専門分野を「目元専門」とアピールしているベテラン医師は決して多くないのが現実かと思います。

それは、目元の診療しかできないかけ出し間もない美容外科医として誤解される原因になるかもと考えるからです。

それゆえ、経験豊富な美容外科医のほとんどは、目元の治療が得意であっても、目元以外の難易度の高い治療を優先して専門分野として公表されることが多いかと思われます。

もちろんそれがすべてと言うわけではありませんが、目元の治療を受ける際の医師選びには、「自称 目元専門の美容外科医」に頼るよりは、目元以外の診療も可能な幅のある医師を探す方が無難なことが多いのではないかと思われます。ベル

今回の症例を紹介いたします。眼瞼下垂手術+下眼瞼開大術(皮膚側)をうけられた患者様です。

術後3か月で若干の腫れとキズの赤みが残存していますが、目元の印象がずいぶんと華やかになりました。ニコニコ


美容外科医 みや先生の脳内通信


「下眼瞼開大術」詳しくはこちら>>

恵聖会クリニックメインサイト>>
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

みや先生さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。