美容外科医 みや先生の脳内通信

多くの患者さまからの要望にこたえるべくブログを開設することになりました。
思い悩んで美容治療を受けたいけどあと一歩が踏み出せない方、興味のある方など、症例写真や最新の美容トレンド等を通じて、みや先生ことDr宮里が美容外科医としてのSoulを電波致します。


テーマ:

眼瞼下垂とは、上まぶたの縁が黒目(瞳孔)にかぶる範囲が広く、視野障害の原因となったり、それに随伴する頭痛、肩こりの原因となる病態で、昨今ではメディア紹介の機会も増えて少しづつ知られるようになってきました。


その治療法である眼瞼下垂症手術 は、上まぶたを開ける際に関与する、眼瞼挙筋(もしくはミューラー筋)や挙筋腱膜などを対象とした”挙筋機能”を改善させる治療です。


当院で行う眼瞼下垂症手術 は、まぶたの皮膚を切って行う方法と、通称”切らない”方法 の2通りがあります。


筋肉を修正する上で、”切らない”というのは不正確に思われてしまうので、きちんと補足説明して誤解が生じないようにすることが必要でしょう。


ここでいう”切らない”というのは、”(皮膚を)切らない”ということです。


じゃあ、どこを切るのかというと、”まぶたの裏側の結膜”です。


まぶたの裏側の手術だと、外観上でキズアトは全くみえませんし、腫れもまぶたの裏側中心に生じ、表側の皮膚には大きく波及しません。


よって、その腫れは皮膚を切る手術のような表面的で顕著にみえるものでないため非常に目立ちにくいという利点があります。(しかし一方で、切らないので皮膚のたるみが同時に取れないという欠点もありますが・・・。)


それ故、皮膚側の手術との差別化をする意図もあり、まぶたの裏側からの手術を”切らない”と表現させていただいております。



そこで、今回ご紹介させていただくのは、その切らない眼瞼下垂症手術 ”の症例です。


実は、この方は本来、埋没法による重瞼(二重)作成の目的で当院初診となりました。


一見著しい眼瞼下垂症状があるわけでなかったのですが、専用の細いブジーで希望の重瞼ラインを押さえて術後のシミュレーションをすると、思いもよらない明らかな眼瞼下垂症状が出現しました。


要するに、この方は重瞼手術をすることで、これまでマスクされていた軽度の挙筋機能低下が急激に悪化してしまう状況だったのです。


もし眼瞼下垂症状がある人に重瞼作成をすれば、


・眼瞼下垂症状が悪化することがある

・その結果、広すぎる重瞼ラインで眠たそうな印象をした不自然な目元になる

・程度がひどい場合、重瞼ラインすら作れない

などの、思いに反する悪い作用が生じてしまうことがあります。


これは重瞼ラインの発生メカニズムが、”挙筋機能”に大きく関与していることが原因です。

”挙筋機能”の関与が、眼瞼下垂の原因と共通するからといっても、重瞼手術をすれば挙筋機能が改善されるわけでなく、むしろ逆に悪化することがあるのです。


というわけで、相談の結果、”切らない眼瞼下垂症手術 ”を先に行い、それが落ち着いてから埋没法による重瞼作成を行う運びとなりました。


本症例のような病態を、とりあえず”隠れ眼瞼下垂(仮称)”と私は勝手に呼んでいますが、このような潜在的な挙筋機能不全をあらかじめ見破ることができずに重瞼手術をしてしまうと、思い描いた理想の変化とはほど遠い残念な目元になってしまう可能性が高いので要注意です。


実際、他院で埋没重瞼手術をされた患者様が、術後からまぶたの開きが悪くなったことで当院へ相談に来られることがあります。

おそらく、”隠れ眼瞼下垂”が見過ごされているケースだと推測できるでしょう”(もしかすると”隠れていない”ものまで含まれているかも・・・!?)。


写真でご紹介させていただく方は、”切らない眼瞼下垂症手術”で挙筋機能を改善させた約2か月後に、当初予定としていた念願の埋没法による重瞼作成手術を行いました。

 

本人希望もあり、重瞼幅は狭く非常に控えめな結果です。マツゲエクステの影響で写真では重瞼ラインがわかりにくいですが、当初に心配されていた上まぶたの開き具合は決して悪化することなく、むしろ改善して華やかな目元になったことがわかるかと思います。



         ダウン 術 前
美容外科医 みや先生の脳内通信

         アップ術 後




「切らない眼瞼下垂術」詳しくはこちら>>


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

みや先生さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。