みのり先生の診療室

5万人以上の「オシリ」を診察してきた
肛門科専門医の女医がつづる
お尻で悩める人へのメッセージ


テーマ:
大阪肛門科診療所は自由診療です。

保険が効きません。


保険診療の肛門科に比べると

治療費が高いです。


だから

よく考えて納得されてから

受診して頂きたいと思っています。


ちゃんと事前に、ホームページや

私たちのブログを読んで頂いて

他の肛門科にはない「何か」

感じて頂き

「受診したい」という気持ちになってから

来て頂きたいと思っています。


自分たちの方が保険診療より優れている

とか

自由診療の方が高級だ

などと言うつもりは

毛頭ありません。



どっちが良いか悪いか
とっちが優れているか


という議論ではなく


私たちは

自費なんだから


保険診療では提供できないものを

自由診療だからできることを

自由診療しかできないことを



提供したいと思って、


今までずっと悩み考え、

やってきました。



だから

それに対して

価値があると思われた人にだけ

来て頂きたいと思っています。


費用の点で迷っておられるのであれば

まずは

ここなら・・・と思える

保険診療の肛門科を受診して下さい。


そこでちゃんと治って

何も困ることが無いのであれば

私たちは必要ないと思います。


20代の女性患者さんが

2回の通院で治療が終わり

だいぶたってから

手紙で感想を送ってくれました↓

blog920
blog920

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

この度はみのり先生にお世話になり

本当にありがとうございます。


産後、授乳をしており

便が硬く、裂肛で悩んでおりました。


授乳ということもあり、

薬を使っていいのか

悩んだりしておりました。


ネットで良い病院を探しており

一番に出てきたのが

こちらの病院でした。


ただ、保険適用外。。。

お金がかかるとのことで、

他の病院で診察を受けることにしました。


その病院では予約の時間に行っても

待ち時間が長く、

診察は5分もかからず終わり。


いきなりその先生に


「あー、切れ痔で肛門が狭くなってますね。

手術が必要です。

なので考えてきて下さい。」


との一言で終わってしまいました。


いきなり手術。

目の前が真っ暗になり

初めての育児をしながら

泣いてしまいました。


でも便器が真っ赤になるほどの出血、

便が出ないので

落ち着いてから手術しようと思いました。


二人目も考えていたので。

でも。。。


もしかしたら
切らないくても良いかも。


他の病院で診てもらおうと思った時に、

こちらが頭に浮かび

家族に相談し受診しました。


みのり先生は本当に親身になって

まず話をとことん聞いてくれました。

さすがプロ!!


おしりのこと
不安だったこと

先生に大丈夫と言ってもらい

自然と涙が出て来ました。


結果

「全然切らなくていいよ」

とのことでした。


恥ずかしいですけど

涙が出ました。


そばで聞いていた看護師さんも

ティッシュを下さり

本当にあったかかったです。


それから、おしりマッサージなど

自宅で出来ることをして2回で終了。


やっぱり最初はお金のことで悩みましたが、

お金関係なく本当に来て良かった
です。


その分、本当に丁寧に話を聞いて下さいました。


保険適用の病院とは全然ちがう!!

おすすめです!!


みのり先生。

お手紙遅くなってすみません。

今では自然に便が出ます。

出ないときは坐薬使ってますが、

ストレスなく育児もできてます。


本当にありがとうございました。



ーーーーーーーーーーーーーーーーー


この若い女性患者さんだけでなく

セカンドオピニオンで来られる患者さんの多くが

手術にまつわる相談です。


でもね

手術が必要なケースは本当に少ないです。


中には「痔じゃない」ケースもあります。


だから

手術と言われても

その場でスグに決めずに

他の肛門科を受診してみましょう。



もしかして

全然違う診断になるかもしれません。


なるべく

専門性の高い先生を選んで受診して下さいね。


肛門科の専門性についての話はコチラ↓

「肛門科専門医の探し方」
「何が専門?」
「本業か副業か」
「女医さんはもうこりごりです(;。;)」
「ちゃんと肛門科の先生に診てもらってる?」
「専門じゃないって書いてて欲しかった!」

blog920

診療所のセラピードッグ「ラブ」らぶ
蝶ネクタイをしてみました蝶ネクタイ
どう?カッコイイでしょ?きゃ


いいね!した人  |  リブログ(0)

みのり先生さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります