2015-06-14 19:07:45

昨日アップしたシャープラインノーズ(鼻専用長期持続型ヒアルロン酸)とエラボトックスを行った

テーマ:症例写真
症例写真の術前術後画像の解説です。












皆さん、こんばんは( ´∀`)


今日は大阪で診療でした。


今日もたくさんの患者様方、僕を指名して来てくださって、本当にありがとうございましたニコニコ


患者様から、ケーキをいただきました🍰


ありがとうございました(ケーキ・ω・ちゃん)









患者様から、ケーキをいただきましたコーヒー


ありがとうございました(ケーキ・ω・ちゃん)










広島から来てくださった患者様から、お菓子をいただきました🍵


ありがとうございました(お菓子・ω・ちゃん)










それでは、昨日アップしたシャープラインノーズ(鼻専用長期持続型ヒアルロン酸)とエラボトックスを行った症例写真の術前術後画像の解説です。











治療前です。







1カ月後です。




症例コメント

20代女性の患者様で、鼻が低いのと、エラが張っているのが悩みで来院されました。

診察させていただいたところ、鼻に関しては、鼻根部がやや低く、鼻筋の通りがやや中途半端でした。

エラに関しては、エラの骨と筋肉(咬筋)が発達して、横に張っていました。

エラが横に張っている要因の比率としては、骨:筋肉=3:7くらいで、筋肉によるものが大きく占めていました。

鼻に関しては、まずはシリコンプロテーゼではなく、簡単なプチ整形でやってみたいとのことでしたので、鼻専用の長期持続型ヒアルロン酸のシャープラインノーズを注入することになりました。

エラに関しては、エラが張っている原因のほとんどは筋肉によるものなので、エラ削りなどの骨切り手術ではなく、エラボトックス注射をすることになりました。

シャープラインノーズは、約0.7ccを眉間の下部~鼻根部~鼻背にかけて注入し、ほどよく自然に鼻筋を通しました。

エラボトックス注射は、頬が痩けないように、咬筋の下顎角付着部のみに注射し、頬骨弓の付着部周辺には注射しませんでした。

シャープラインノーズは、従来のヒアルロン酸に比べ密度が高く、硬さがあるため、注入したヒアルロン酸が横に広がって鼻が太くなることがなく、自然な高さの綺麗な鼻になりました。

また、発達していたエラの筋肉のボリュームが萎縮し、フェイスラインがシャープな小顔になり、患者様には大変満足していただきました。





僕の今のランキングが知りたい方や、応援して下さる方はポチっと押してくださいませ
↓↓↓

にほんブログ村 美容ブログ 整形・プチ整形へ