2014-04-01 20:48:00

先日アップした50代男性に二重まぶた全切開法で奥二重にした症例写真の術前術後画像の解説です。

テーマ:症例写真


皆さん、こんばんは(^o^)


今日は名古屋で診療でした。


今日もたくさんの患者様方、僕を指名して来てくださって、本当にありがとうございましたニコニコ



東京から来てくださった患者様から、じゃがりことチップスターをいただきましたお茶


ありがとうございました(チップ・ω・スター)










北海道から来てくださった患者様から、鮭とばとバームクーヘンをいただきましたうお座


ありがとうございました(鮭とば・ω・ちゃん)













それでは、先日アップした50代男性に二重まぶた全切開法で奥二重にした症例写真の術前術後画像の解説です。








術前



6カ月後






症例コメント

50代男性の患者様で、細くて眠たそうな一重まぶたがコンプレックスで来院されました。

診察させていただいたところ、一重まぶたで、年齢相応にまぶたの皮膚が黒目に被さっていました。

また、まぶたの開きがあまり良くなく、代償的にまぶたを開けるために無意識に眉毛を上げており、目と眉の距離が長く、ぱっとしない目もとをしていました。

私は患者様に、眼瞼下垂手術でまぶたの開きを良くして自然な二重を作り、上眼瞼リフト(眉下切開で皮膚を切除する上まぶたたるみ取り)で余分な皮膚を切除してすっきりした目もとにすることをおすすめしました。

しかし、患者様は、「あまり変わりすぎて、会社の同僚に整形したことがバレると困る」ということだったので、二重まぶた全切開法で皮膚を切除しないで奥二重を作り、あまり目もとの印象が変わらないようにしました。

術後はまぶたの皮膚の被さりが上に上がった分、まぶたの開きが良くなって、黒目が見える面積も大きくなりました。

また、まぶたの開きが良くなったことにより、自然に眉の位置が下がり、目と眉の距離が近くなって、少し凛々しい目もとになりました。




僕の今のランキングが知りたい方や、応援して下さる方はポチっと押してくださいませ
↓↓↓

にほんブログ村 美容ブログ 整形・プチ整形へ