2017-05-19 19:11:58

顔専用の脂肪溶解注射メソシェイプフェイスのキャプチャ解説。

テーマ:キャプチャ解説


皆さん、こんばんは(・∀・)ノ

今日は名古屋で診療でした。

今日もたくさんの患者様方、僕を指名して来てくださって、本当にありがとうございましたニコニコ

札幌から来てくださった患者様から、豚角煮などをいただきました豚

ありがとうございました(豚角煮・ω・ちゃん)








患者様から、お菓子をいただきました

ありがとうございました(お菓子・ω・ちゃん)








患者様から、チーズバウムをいただきましたチーズ

ありがとうございました(チーズ・ω・バウム)










それでは、顔専用の脂肪溶解注射メソシェイプフェイスのキャプチャ解説を作ったのでご覧下さい。







この患者様の顔の皮下脂肪に対して、顔専用の脂肪溶解注射メソシェイプフェイスを行います。

頬、フェイスライン、顎下に対して行います。







笑ったときに頬の横の肉が膨らむのが嫌ということなので、患者様の希望通り、その部分の皮下脂肪を重点的に注射します。

確かに笑うと顔の横の皮下脂肪が膨らみます。

誰でも笑えば頬の皮下脂肪が膨らんだ感じになるため、これはこれでアリなのですが、最近の若い女性はこれを気にすることが非常に多いです。

私は原則として患者様ファーストなので、不自然にならない範囲内で患者様の要望通りに注射させていただきます。







あと、顎を引いたときに二重顎になるのが嫌とのことでした。

確かに顎を引くと二重顎になります。

これくらいは普通なのですが、これも最近の若い女性は必要以上に気にされることが多いです。

二重顎になる顎下の皮下脂肪にもしっかりと注射させていただきます。








最初に注射する範囲を消毒綿球で消毒します。






頬の皮下脂肪から注射していきます。

なるべく痛くないように、注射する部位には事前に麻酔クリームを塗ってあります。

極細の注射針を使用して注射するので、注射は思ったより痛くありません。

また、メソシェイプフェイスには局所麻酔成分であるリドカインやアルカリ緩衝液である炭酸水素ナトリウムを混入しているため、注入するときの痛みも少ないです。









フェイスラインがしっかりと出るようにフェイスラインにも注射していきます。






二重顎の原因になる顎下の皮下脂肪にもしっかりと注射します。






反対側にも同じように注射していきます。

この患者様は、元の顔がほぼ左右対称だったので、左右同じように注射しましたが、元の顔が左右非対称で、皮下脂肪の付きかたにも左右差がある人の場合は、なるべく左右対称になるように、左右で注射する部位や注射する量に差をつけることがあります。







頬、フェイスライン、顎下の注射が終わりました。

注射直後は薬液を注入した分は浮腫んで腫れていますが、この腫れは数時間程度でほとんど引いてしまいます。

注射した当日からメイクや洗顔することができます。

1~2週間程度で脂肪や浮腫みが排出され、顔が少しほっそりします。

繰り返し注射する場合は、前回の注射から2週間空ければまた注射することが可能です。





僕の今のランキングが知りたい方や、応援して下さる方はポチっと押してくださいませ
↓↓↓
にほんブログ村 美容ブログ 整形・プチ整形へ




いいね!した人  |  コメント(26)  |  リブログ(0)