2017-02-18 20:18:47

昨日アップした、骨切り幅寄せ手術で鼻の横幅を小さくした40代女性の症例写真の解説です。

テーマ:症例写真


 皆さん、こんばんは(・∀・)ノ

今日は名古屋で診療でした。

今日もたくさんの患者様方、僕を指名して来てくださって、本当にありがとうございましたカナヘイピスケ

ケーキをいただきました🍰

ありがとうございました(ケーキ・ω・ちゃん)










それでは、昨日アップした、骨切り幅寄せ手術で鼻の横幅を小さくした40代女性の症例写真の解説です。

 
 


手術前

 





 
 
 




6ヶ月後

 

 

 





症例コメント

40代女性の患者様で、鼻を小さくしたいというご要望でした。

診察させていただいたところ、鼻の高さに関しては、高すぎることはなく、目立つ鷲鼻でもありませんでした。

鼻を正面から見ると、鼻背部の骨の部分が横に広がっていて、横幅が広い状態でした。

小鼻や鼻先(鼻尖)の横幅はそれほどは広くありませんでした。

以上のことを勘案し、骨切り幅寄せ手術をして、鼻の骨が横に広がっていている部分の横幅を細くして、鼻筋を通すことになりました。

手術は局所麻酔注射で行い、鼻の穴の中の切開から、骨切りノミで内側骨切りと外側骨切りを行い、遊離骨片を内側移動させ、ギプス固定で固めました。

手術後は、正面から見て鼻の骨の横幅が広がった部分が細くなって、鼻筋が綺麗に通り、鼻が大きい印象がなくなりました。

骨切り幅寄せ手術は、正面から見たときの鼻の横幅は小さくなりますが、横から見たときの鼻の高さやシルエットはほとんど変わりません。

この患者様は、横から見たときの鼻の高さやシルエットは大きな問題はなかったので、骨切り幅寄せ手術だけで大変満足していただきました。




 
 僕の今のランキングが知りたい方や、応援して下さる方はポチっと押してくださいませ
↓↓↓
にほんブログ村 美容ブログ 整形・プチ整形へ