2016-09-22 16:23:10

下まぶた脂肪取りのリスク、副作用、合併症について。脂肪の取りすぎによる目の下の窪み。

テーマ:リスク、副作用、合併症


皆さん、こんにちはウインク

「君の名は」観てきましたよ~ルンルン

めっちゃ感動する映画でしたお願い

息つく暇もないくらい面白かったです拍手









それでは本題に入ります。






今日は、下まぶた脂肪取りのリスク、副作用、合併症 脂肪の取りすぎによる目の下の窪みについて解説させていただきます。






下まぶた脂肪取り手術のリスク、副作用、合併症に、脂肪の取りすぎによる目の下の窪みがあります。


下まぶた脂肪取り手術は、下まぶたの眼窩内脂肪が多く、目の下が膨らんでいる人が適応になります。


余分な脂肪を必要な分だけ除去すれば、目の下の脂肪の膨らみが平らになり、膨らみによるクマが改善したり、若返ったりします。



余分な下まぶたの脂肪の膨らみ。
手術で除去すると、




平らになり、すっきりする。




断面図。
脂肪を取ると、




膨らみがなくなり、すっきりする。





しかし、必要以上に脂肪を取りすぎてしまうと、目の下が平らになるのを通りすぎて、窪んでしまうことがあります。


目の下が窪んでしまうと、窪んだ部位に陰ができて、クマのようになったり、老けた印象、窶れた印象になってしまいます。



必要以上に脂肪を取りすぎると、目の下が窪んでしまい、窪んだ部位に陰ができ、クマのようになったり、老けた印象、窶れた印象になってしまう。



断面図。
目の下が窪んでしまう。




そのため、下まぶたの脂肪取り手術は、手術経験の豊富なベテランの医者が、手術前に患者様を的確に診察し、必要な脂肪切除量を見極め、手術のときに正確に必要量の脂肪のみを除去する必要があります。


脂肪を取りすぎて目の下が窪んでしまった場合、改善させるには、窪んだ部位にヒアルロン酸注射や脂肪注入をする修正治療もありますが、完全に回復させるのは難しいことが多いです。

特に脂肪注入は、生着が不安定で、どのような結果になるのか読めないことが多いし、目の下は皮膚が薄いところなので、脂肪が綺麗に生着せず、凸凹になり、かえって酷くなってしまう可能性もあります。



また、目の下の脂肪が膨らんでいる人は、膨らんでいるところの下が窪んでいることが多いです。



目の下の脂肪が膨らんでいる人は、膨らんでいるところの下が窪んでいることが多い。



断面図。
膨らんでいるところの下が窪んでいることが多い。



そのような人は、窪んでいるところに合わせて脂肪を取ってしまうと、窪んでいるところが余計に強調されてしまうことがあります。



窪んでいるところに合わせて脂肪を取ってしまうと、窪んでいるところが余計に強調されてしまうことがある。



断面図。
窪んでいるところが余計に強調されてしまうことがある。




そうならないようにするためには、脂肪を取りすぎないようにし、窪んでいるところよりも少し脂肪の膨らみがある状態にしておく必要があります。

その状態でも、手術する前に比べれば、クマが改善するし、若々しい印象、窶れていない印象になります。




膨らんでいるところの下が窪んでいる人に対しては、




脂肪を取りすぎないようにし、窪んでいるところよりも少し脂肪の膨らみがある状態にしておく必要がある。





後日、窪んでいる部位にヒアルロン酸を注入すると、全体的に平らになり、更に綺麗な下まぶたになります。








後日、窪んでいる部位にヒアルロン酸を注入すると、全体的に平らになり、更に綺麗な下まぶたになる。



その場合の脂肪を取ってからヒアルロン酸注射するまでの期間は、私に関しては1ヶ月くらい空けることが多いです。






僕の今のランキングが知りたい方や、応援して下さる方はポチっと押してくださいませ
↓↓↓

にほんブログ村 美容ブログ 整形・プチ整形へ




いいね!した人  |  コメント(28)  |  リブログ(0)