2016-09-29 14:12:12

涙袋ヒアルロン酸注射のデザインと仕上がりについて。

テーマ:ワンポイントアドバイス


皆さん、こんにちはウインク

ずっと忙しくてなかなかゴールドジム行けなかったけど、今日久し振りに行くことができましたダンベル筋肉

ワークアウトのあとは、いつもの中日ビルの喫茶店で、アイスコーヒー飲みながらブログ記事更新してます☕

そういえば、中日ビル改築するらしいですねキョロキョロ








それでは本題に入ります。





今日は、涙袋ヒアルロン酸注射のデザインと仕上がりについて解説させていただきます。






私が涙袋のヒアルロン酸注射をするときは、少量ずつ注射していき、その都度患者様に鏡で確認していただきながらやっていきます。





幹弥「こんな感じでいかがですか?」

患者様「うーん、もうちょっとお願いします。」

幹弥「はい。」 「これでいかがですか?」

患者様「うーん、あと少し入れてください。」

幹弥「はい。」 「これでどうでしょうか?」

患者様「はい!これでいいです!」






患者様の元の目や、ご要望に合わせて、皮下や眼輪筋内にヒアルロン酸を注入する。





それは、患者様によって、どれくらい涙袋を大きくしたいか、どのように涙袋を作りたいかなど、ご要望が異なることがあるからです。


注入するヒアルロン酸の量一つとっても、患者様によって、

「友人や家族に気づかれない程度に少しだけ入れてほしい」

「自然な範囲内でできるだけ入れてほしい」

「不自然でもいいから、おもいっきりぱんっぱんに入れてほしい」

などのように、ご要望が異なります。


そのため、少量ずつ注射して、その都度患者様に鏡で確認していき、ちょうどいいところでやめるようにしています。





注射前。




注射後。
患者様のご要望で、周りの人に気付かれない程度に涙袋に注入した。







注射前。
自然な範囲内で自分に似合う涙袋を作ってほしいというご要望だった。




注射後。
自然な範囲内で涙袋が膨らんだ。






注射前。
不自然でもいいので、大きな涙袋が欲しいというご要望だった。




注射後。
患者様のご要望通り、大量にヒアルロン酸を注入した。





また、涙袋のどの部分を膨らませたいか、どのように膨らませたいかなども、患者様によってご要望が異なることがあります。


患者様によって、

「涙袋の縦幅が広いとたるみのようになってしまうから、縦幅が広がらないように注射してほしい」

「涙袋の縦幅があまり広がらないように、前方に出るように注射してほしい」

「涙袋の内側を特に膨らませてほしい」

「涙袋の中央を特に膨らませてほしい」

「涙袋の外側を特に膨らませてほしい」

などのように、ご要望されることがあるので、可能な限り、ご要望に応えられるように丁寧に注射させていただいてます。






軟らかすぎるヒアルロン酸を注入したり、注入のやり方が悪いと、ヒアルロン酸が下に流れてしまい、涙袋の縦幅が広がり、たるみのようになったり、クマのようになってしまうことがある。
このような涙袋は好まれないことが多いが、稀にこのような涙袋にしたいという患者様もいる。





高須クリニックの涙袋専用のヒアルロン酸なら、下に流れることはなく、程よい縦幅の自然な涙袋を作ることができる。





患者様のご要望に合わせて、涙袋の内側を中心に膨らませることもできる。





涙袋の中央を中心に膨らませたいというご要望であれば、その通りにできる。




涙袋の外側を膨らませたいというご要望であれば、その通りにできることもあるが、元々外側は涙袋の膨らみはあまりない部分でもあるため、キャパシティーが少なく、あまりたくさん入らないこともある。





下の方に膨らませて縦幅を広げるのではなく、前方に出るように注入し、立体感を出したいというご要望の場合、ある程度そのようにできることが多い。




このように、患者様によっては、注入の仕方に細かいご要望をされることがありますが、どうしたらいいのかわからない方や、自分はどのような涙袋が合っているのかわからない方は、全て担当の医者にお任せするのが良いです。


元の下まぶたの状態によって、どこにどれくらい注入すると自然で、どれだけ以上注入すると不自然になるかなどは、人によって異なるし、それは治療経験の豊富な医者にしか分からないことだからです。


例を挙げると、元の涙袋がほとんどない人は、ヒアルロン酸を注入するキャパシティーがあまりないため、無理してたくさん注入すると、人工的で不自然な涙袋になってしまいます。


また、涙袋の外側は、元々キャパシティーがあまりないところであるため、元々涙袋がない人や小さい人に、無理してたくさん外側に注入して膨らませようとすると、綺麗に膨らまず、周りに流れてしまうだけのことがあります。




注射後。
元の涙袋があまりない。




注射後。
自然な範囲内で涙袋を膨らませた。
このような人に無理して大量にヒアルロン酸を注入すると、キャパシティーを越えてしまい、不自然な涙袋になってしまうことが多い。





僕の今のランキングが知りたい方や、応援して下さる方はポチっと押してくださいませ
↓↓↓

にほんブログ村 美容ブログ 整形・プチ整形へ




いいね!した人  |  コメント(28)  |  リブログ(0)