1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-06-26 19:37:39

昨日アップした、末広型二重を埋没法で幅を広げて平行型の二重まぶたにした症例写真の解説です。

テーマ:症例写真


皆さん、こんばんはウインク

今日は大阪で診療でした。

今日もたくさんの患者様方、僕を指名して来てくださって、本当にありがとうございました爆笑

患者様から、アーモンドをいただきましたコーヒー

ありがとうございました(アーモ・ω・ンド!)










それでは、昨日アップした、末広型二重を埋没法で幅を広げて平行型の二重まぶたにした症例写真の解説です。







手術前です。








3ヶ月後です。









症例コメント

20代女性の患者様で、二重まぶた手術希望で来院されました。

診察させていただいたところ、目の外側半分に幅が見える綺麗な天然の末広型二重をしてらっしゃいました。

私が患者様に、「綺麗で似合っている二重をしているので、わざわざ手術しなくてよいのでは?」と提案したところ、患者様は、「今の二重はほとんど奥二重で、二重の幅があまり見えなくて嫌だし、末広型の二重も嫌なので、もう少し幅を広げて平行二重にしたい」というご要望でした。

患者様のご要望もあり、切開法ではなく、まずは埋没法で幅を広げ、平行型二重を作ることになりました。

蒙古襞を乗り越えて二重のラインを作り、平行型二重になるように、元の二重のラインの約2.5㎜上で埋没法を行いました。

術後は、目を開けた状態で、目頭側から目尻側まで幅が見える平行型二重になり、患者様には大変満足していただきました。

二重の形や幅の広さは、その人その人の顔によって、一番自然で似合うラインというものが必ずあります。

しかし、二重の形や幅の広さは、人によって、好みが千差万別であるのが現状です。

なるべく患者様のご要望にそえるようにデザインし、手術させていただくように心がけております。






僕の今のランキングが知りたい方や、応援して下さる方はポチっと押してくださいませ
↓↓↓

にほんブログ村 美容ブログ 整形・プチ整形へ




いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>