【高須クリニック】Dr佐野孝治オフィシャルブログ

日々の診療日記や高須クリニックが誇る最新の施術について

NEW !
テーマ:
こんばんは、名古屋院の佐野ですニコ




若い頃や海外旅行に行った時に、ファッションの1つという感覚で入れ墨を入れて、あとになって消したくなったという方がいらっしゃいます。




普段は人目につきにくい箇所であっても、温泉やプールなど服を脱ぐ場面で、支障をきたすこともあります。




1度入れたら、2度と消せないと思ってらっしゃる方もいらっしゃいます。大きさ、場所、色調や患者様のご希望によって最適な施術を選択します。




手術(切除して縫う方法)ならば、1度でその手術の範囲の入れ墨をなくすことができます。縫う方法ですので、線状の傷跡になります。抜糸をしたのちに、日焼け予防や摩擦を与えないようなケアをしっかりすることで、よりきれいな目立たない傷跡を目指します。





レーザー治療ならば、傷を残さずに入れ墨をきれいにできます。複数回の施術が必要な場合が多いですが、肌は無傷で徐々にきれいにできます。





ファッションの目的で入れた柄の入れ墨意外にも、お目元のアートメイクを部分的に消したいというご希望にも対応致します。






{E79E5EAE-93C9-4A9C-9A8D-4835F325AAAE}






お目元のアートメイクの場合、目が近いため、コンタクトシェルなどで目を保護しながらレーザー治療をする細かな施術になります。ゆっくりと丁寧に行いますので、ご安心下さい。これによって、よりご本人の思い通りのメイクができるようになった、とご満足いただきます。レーザー治療は痛みが気になるという方には、照射前に局所麻酔を行いますので、痛みを感じずに施術が受けられます。







入れ墨やアートメイクを消したいご希望の方、ぜひ1度ご相談下さい、お待ちしておりますニコ







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)