「虫垂炎」といえば、一般に「盲腸(炎)」と呼ばれる手術の対象になることが多い腹部救急疾患です。虫垂は、虫垂炎など悪さをするわりには有用な働きがないものとして、長年「無用の長物」の扱いを受けてきました。しかし、最近は虫垂の新しい働きが発見され、虫垂が見直されてきています。

 

意外な役割を要している虫垂

 

虫垂は、虫垂炎など悪さをするわりには有用な働きがないものとして、長年「無用の長物」の扱いを受けてきました。

「虫垂炎」といえば、一般に「盲腸(炎)」と呼ばれる手術の対象になることが多い腹部救急疾患です。ときに腹膜炎や敗血症など重篤な合併症をきたす可能性があります。「それならば虫垂を早めに取ってしまった方がいいのでは」と思いませんか?ところが虫垂は重要な役割を担っていることが明らかになってきたのです。

体に必要ない組織と考えられてきた虫垂が腸に免疫細胞を供給し、腸内細菌のバランスを保っていることを大阪大学の武田潔教授らのグループがマウスによる実験で明らかにしました。武田教授は「腸内細菌のバランスが悪くなると食中毒も起こしやすい。虫垂をむやみに取らない方が良い」と話しています。

そこで今回は、現在明らかになっている虫垂の働きと、虫垂炎の原因、症状、そして治療方法を解説いたします。
 

虫垂とは

盲腸の図

 

虫垂の場所は右下腹部にあります。大腸の一部で盲腸からぶら下がっており、長さは5~10cm、太さは0.5~1cmほどです。まるで芋虫がぶら下がっているよう形なので、「虫様突起」もしくは「虫垂」と呼ばれています。盲腸は小腸と大腸の移行部にある袋状の部分です。

虫垂は、ウサギや馬などの草食動物で発達しています。消化しにくい植物を盲腸の微生物の力を利用して発酵させ、栄養分などの有用な物質に変換させ取り入れるためです。肉食動物はないか、あっても非常に小さなものになっています。人間は雑食であり、盲腸は小さい方です。

虫垂には、リンパ球がたくさん集合しているリンパ小節がたくさんあります。最近では、免疫に関与する働きが注目されてきています。

虫垂は炎症を起こして急性虫垂炎となった際に適切な処置をしないと、腹膜炎や敗血症など重篤な合併症を起こすことがあります。
 

虫垂炎とは

手術の図

 

虫垂が感染して化膿性炎症を起こした場合を、虫垂炎といいます。急性虫垂炎は、手術の対象となる腹部救急疾患の中で最も頻度の高い疾患の一つです。一生の間に7%の人が発症する可能性があります。10~30歳に多くみられ、男女差はありません。
 

虫垂炎の原因

細菌説、アレルギー説、ウイルス説などがありますが、明確にはされていません。虫垂の中に便の塊(糞石)などが詰まったり、リンパ濾胞の増生などにより、虫垂根部が狭窄または閉塞して感染を起こすことで虫垂炎を発症すると考えられています。
 

虫垂炎の症状

胃やへその周りが痛んでいたのが、徐々に右下腹部へ移動する「疼痛の移動」が有名です。消化管の収縮、伸展、けいれん、拡張などによって起こる内臓痛は、痛みの部位が明確でなく、胃やへその周りを中心としたお腹全体の鈍痛となります。お腹全体の鈍痛(内臓痛)から炎症が腹膜まで波及すると、右下腹部の限局性の鋭利な痛み(体性痛)へと変化していきます。吐き気や嘔吐、発熱などの症状も多く認めます。
 

虫垂炎の検査

  • 血液検査:炎症を起こしているので白血球やCRPなどの炎症所見が高くなります。
  • 腹部X腺検査:盲腸付近に限局した小腸ガスを認めることがあります。
  • 超音波検査:腫大した虫垂や壁の肥厚を描出できれば診断が可能です。糞石や腹水の有無なども確認します。
  • 腹部CT検査:腫大した虫垂や糞石の有無などを確認します。また、虫垂炎以外の疾患を鑑別するのにも有用です。

 

虫垂炎の診断

泣いている子供

 

鑑別診断として、大腸憩室炎、腸炎、付属器炎、骨盤腹膜炎、卵巣腫瘍、卵巣出血など様々なものが挙げられます。虫垂炎を術前に正確に診断するのは、経験を積んだ優秀な医師でも困難なことが少なくありません。また、高齢者、小児、妊婦などは、症状が典型的ではないことがあり注意が必要です。

  • 高齢者の虫垂炎:高齢者は全体的に感覚が鈍くなっているので、虫垂炎の訴えがあいまいなことがあります。そのため発見が遅れ、重篤な状態になって発見されることがあります。
  • 小児の虫垂炎:訴えがあいまいで、腹部所見も典型的でないことが多いです。進行が早く虫垂の壁が薄いため、穿孔が起こりやすいとされています。また、成人と違って大網という膜の発達が不十分なため、穿孔を大網で覆って防ぐことができず、腹膜炎が広がりやすいという特徴があります。
  • 妊婦の虫垂炎:子宮が増大するにつれて、虫垂の位置も右上に持ち上げられます。虫垂の位置が通常と異なるため、診断が遅れることがあります。

 

虫垂炎の治療

かっては腹部身体所見、白血球数、腹部X線所見で虫垂炎と診断され、即開腹手術になることもありました。しかし、現在では軽度虫垂炎は抗菌薬で保存的に治療されることが多く、外科的手術の適応はより厳密となっています。

腹膜に炎症などの異常がおきていない(腹膜刺激症状のない)もの、炎症が粘膜に限定しているカタル性虫垂炎では抗菌薬で治療します。いわゆる「薬で散らす」という対処法です。改善のない場合や炎症が波及している場合は手術となります。


最近の研究では、腸内細菌の乱れが炎症性腸疾患や過敏性腸症候群などの原因としてもクローズアップされてきています。虫垂は「無用の長物」ではなく、実際は大きな役割を果たしている「無用の用」である可能性が高くなっていると言えるでしょう。

 

All about

 

 


医師 ブログランキングへ

 

 

AD

リブログ(1)

  • 盲腸(虫垂)は腸内を整える大切なものだった

    ガッテン!突然の激痛!盲腸(虫垂炎)の新事実http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20170308/index.html 手術後3年半は大腸がんになりやすいそう。 大阪大学無用の長物と考えられていた虫垂の免疫学的意義を解明炎症性腸疾患の制御に繋がる新たな…

    erukoeruko

    2017-05-29 12:21:14

リブログ一覧を見る