ガンは恐ろしくて怖くないシリーズ第5弾です。

最近、とても多くの患者さんから信じられないほどの不当かつ ハートブレイクの医師や病院の発言を聞かされ、そのまま放っておくと人間の平等の摂理に反するだけでなく、医療不信を招きかねないと思われますので、皆さ んとその嫌な気分を受けないために、その話をシェアしたいと思います。

その1つですが、三大療法を断ると「うちでは、最良の治療方法 として抗がん剤治療をやっていますので、他の病院に行ってください」と2,3分前の笑顔で積極的な親切な言葉や態度が180度変わってしまい、話もするの も嫌だという顔つきを見せつけてくるという状況だそうです。

2つ目は、やはり三大療法を断ると、その医師は「私の目の前で死ぬのを覚悟して、その療法をしないと宣言をしなさい。」と迫ってくるそうです。 I feel "Oh My God"

3つ目は「治療を受けるか受けないかは大切なことなので、もう一人 か二人の医師の意見を聞きたいのですが。。」というと「私の科学的、かつ正式な医療のテストによる診断を疑うなんて、あなた少しおかしいんじゃないです か。ほかの病院に行っても、ガンはどんどん進行するのみで変更するものではないから、悪化するだけで命を守れませんよ。」とおっしゃるそうです。

4つ目は、患者さんが「自然療法たとえば鍼灸指圧、霊気、漢方、青汁などを併用しながら三大療法することができますか」と聞くと、先生曰く「ガンを軽く見てはいけないよ。ほかの自然療法など化学的根拠がないし、信用性にかけるし、 その専門家という人が良いか悪いかも判断できません。その点私たち医師は、国が正式に認める方法を行い、他の何百人という医師、そして薬品会社、保険など すべてがクリアーで、経過も見れます」と間接的に、直接的に否定してきます。

5 つ目は、特に友人知人から「検査をしなさい」と病院に行くよう迫ってきます。彼ら曰く「余命何年かがわかるだけでも、これからの人生の方針が立てられる」と あきれかえってしまうくらい無責任な発言をしてしまう人がほとんどです。もっと怖いのは、家族やベストフレンドです。ガンを完全に理解し治せる人は、世界 に一人もいません。治すのは"only you" です。

一 般的に医師は、科学的な調査や実験それに治療経験など、完全でないにせよ、自信すら抱えて自分の方法を固執します。そして患者さんは他人で、彼らの立場、 気持ちなど完全に無視し、当然ライフスタイルや性格、また体の毒の排泄作用など全く考えず、まるで見切り発車のように、自分のやり方をプッシュしてくるの が常です。もちろん生命を預かる医師である以上、最新の注意とテスト、そして薬の組み合わせの副作用など熟知したうえで、判断しなければなりません。正式 と思われる医薬会社にあるからとか、機械メーカーが問題なしと言っているからとか、まるで子供でもできるゲームになってしまっていることがとても残念に思います。もちろん、す べての医師がそうとは思いません。中には正義、真の治癒方法を知っていて行ってもいるはずです。心ある良き医師には、真心をこめてその愛に感謝、尊敬して 私たちみんなでその医師を支えあっていきたいものです。

本当にあなたの病気を治したいと考えている医師は、目がすんで いて、キラキラ輝いています。その医師は、私たちの言葉や悩みなどを聞いても絶対に結論的な返事をしません。絶対に押し付けることなく、副作用も話してく れるし、原因の追究に協力してくれます。

ガンは、絶対に人間を殺そうとしてできるのではなく、将来治せないほどの病気を作っていくようなひずみを教えてくれるために、警告としてできています。ガンにはガンの周波数があり、異常です。ガン細胞に、正常細胞の強化された量子周波数を当てると、異常細胞の活動が弱まってそのひずみを改善治癒すればガンは正常細胞とおなじ波長をキャッチして、にこにこと自分を排泄して消えてくれます。

私は子供さんはさるこ とながら、お年寄りが大好きです。ですから、医学的なこともありますが、なんと1024人以上の100歳以上元気に生きているおじいちゃんやおばあちゃんに会っています。数年後、彼らは生命を全うして住所を銀河に移したとき、家族のOKをいただいて、手術をできる医師が体を調べると、99%の人がありとあらゆるところにガン細胞を持っていて、共存していたわけです。

彼らが長生きできたのは、そのガンを殺したり焼いたり取り去っ たりしなかったからです。痛みの理由は、充血や充水のためにそこに集まったウイルスや細菌を退治するために、痛くなっていたわけです。彼らは、鍼灸指圧や民間 薬、お風呂、散歩、孫の世話などよいしょよいしょとやっていたわけです。当然副交感神経が起こり、痛みを緩和し、さらに共存という知恵を作って長生きされ たわけです。

「ガンなんかで死んでたまるか」

その体の警告に感謝して生存しましょう。少なくとも、日々に憂いはなくなるし、ほかのウキウキするようなことを考え行動し、その日を生きていれば100年なんかすぐたってしまいます。どんなにがんばっても、人生は手のひらにのるくらいの短いものです。悩みなんか ぐっばーい!今は小鳥のように青空を飛び回って、両手を広げて叫んでください。自分は自分で自分らしく、他の人なんか他の人です。自分の美しさにハグ、キ スです。世界に2つとないたった1つのあなたです。

with Love, Appreciation and Respect  Ken Kobayashi


AD
今年最後のヒーラーズプログラムのお知らせです。

 来たる9/30~10/2までの三日間、キャッツキル山のふもと、ヒーリングエナジーで満たされた森林の中、キャンプスタイルで行われます。
この4,5年以内に量子波による治療が、確立、充実され、手術もしないで痛みもなく、副作用もない治療ができるという画期的な量子波治療が実現されようとしています。

 私ですらガンをはじめとしてどんな病気でも90~95%緩和、改善、治癒しているのは、私が生まれながら授かった量子波が、電話で話している時、私の本を読んでいる時、私の治療を受けている時にポジティブな心の持ち主に直接自然と飛び込んでいるからです。

量子波は、人間の体をとても小さく分解していくとき、それも100億分の1ミリミリの極小サイズですが、その粒子から出る波長のことです.
なんと1秒間に地球を七回り半もしてしまう速度で飛び回ります。その振動数は、1秒間に1兆回以上振動しています。まるで、"お化けちゃん"のようなものです。幸いに、私とともにいたり、勉強会を真剣に愛をもっておこなうと、確実に量子波が身につきます。

ガンにはガンの周波数があり、異常です。ですからガン細胞に、正常細胞の強化された量子周波数を当てると、異常細胞の活動が弱まってガン細胞は、自滅して消滅します。どんな病気もそれぞれ異常周波数を持っています。

そこでこの機会に量子波を学び身につけて、自分や身近な人々にも治癒のチャンスを施しませんか?

歯や歯茎、目、耳、声などの悪い人々にもかなり有効的に働きます。

このヒーラーズプログラムは良い波長を分かち合い、育みあい、気楽に愛の量子波を駆使し、健康で楽しく幸せの人生にまっしぐらに突入してもらう、ウキウキのプランです。

人数にとても限りがありますので、お早めにお問い合わせ、お申し込みしてくださったら嬉しいです。

with Love, Appreciation and Respect  Ken Kobayashi


<ヒーラーズプログラム in Catskills, NY 2016 fall>

 【日時】 9/30(金)~10/2(日)
 【場所】 467 Greenville Rd, Sundown , NY 12740
 【費用】 $780 (3日間のトレーニング、キャンプ宿泊代、食事のジュース代が含まれます) 
【申し込み先】 本草閣 Natural Remedies Center 212-685-4325
                          email:  mail☆kensheaven.com (☆を@に変えてください)
  (お申込み用紙を送っていただいてから正式な受付となります)

*このトレーニングは、NY郊外での山のキャンプ形式のプログラムです。プログラムの間は1日3回程度のジュースを中心とした半断食を行います。
*こちらにいらっしゃる場合の飛行機、ホテル等のお手配はご自身でして頂けますようお願いいたします。
*今回のプログラムは、英語・日本語で行われます。

AD

twins


吉報でーす。

この1、2年量子波の実践講座を開き、すでに数百人の方に伝授してきました。まれにみる幸せなことに、私は生まれながらに528HZという愛と治癒、そして幸せを人々に送ることができる良波を授かり、さらに祖父から量子波という考えられないほど貴重かつ有効なヒーリングウェーブを幼児期に伝授され、人々に何度言っても分かってもらえないまま、患者さんのライフスタイルの改善、さらに病気予防、治癒にこっそり使ってきました。幸いなことに、がんや肝炎、神経痛、糖尿病 など90%を超える治癒率を築いております。

今回特にうれしかったことは、私が量子波をお教えした生徒さんの親類のお嬢様が、子宝に恵まれ、喜びの絶頂にいたわけですが、しばらくして超ショッキングなニュースをドクターから受け取りました。なんと、1つの胎嚢の中に2つの生命が宿ってしまいました。2つの生命体が、独立していて同じ空間にいるため、医学的にみてへその緒が絡み合って突然死の可能性が高くなります。へその緒がぎゅっとしまり、血液や栄養がお互いにまわらなくなります。万が一どちらか一人が助かったとしても、重篤な後遺症が残ります。さらに考えられることは、一方の赤ちゃんに血流が多かったり、もう一方の赤ちゃんには血流が少なくなったりして、羊水の増減により成長過程に多大な問題を起こしているのも事実です。

医師も神に祈るしかなく、赤ちゃんよりは母体を救うほうがベストと、手術をアドバイスしていたようです。私から量子波を教わったばかりの彼女は、早速私に相談してきました。私はその写真を見て、神に祈ることはとても大切ですが、人間の元祖つまり100億分の1ミリミリの素粒子に量子波を当ててくださいとお願いをしました。その生命体と、それを守るお部屋との真の交流ができ、一つのお部屋を一人ひとりの生命をもった2つの部屋に分離することが可能であると強調しました。私は彼女が命がけで愛を胸に抱き、その貴重な量子波を母体に送ることがとても大切だと感じ、伝えました。私が先に送るより、彼女が家族の一員として心から送れば必ずや効果が期待できるものと思ったのです。
もちろんそうは言ったものの、私は責任がありますので、彼女には何も言わず実は量子波を送りました。

そしたら昨日彼女から、飛び上がるほどの吉報がありました。彼女は量子波を母体に送り出して、ちょうど2週間になっていました。なんと、2つの生命がそれぞれ独立した立派なお部屋に住んでいて、ニコニコと成長し続けているとのことでした。
God Bressed Her. Love is the highest healing power.

私も単純の塊です。この彼女のように、一人でも多くの量子波マスターに誕生してもらいたいので、勇気をもって、NYでは今年最後のヒーラーズプログラムキャンプをもう一度心から開きたいと思っております。詳しくはあとでお知らせしますが、9月の末から(3日間)を予定しています。

このような吉報は、何百回と経験させていただいておりますが、何よりもうれしいのは、友人のみなさんと膝をまじえて人間のもつ美しさをシェアできている、この今です。これからも、よろしくね。

with Love, Appreciation and Respect      Ken Kobayashi


 

 
  
  
  
AD