気がつくと○○していました

テーマ:
こんばんわ。「お前が更新してない間にこんなに良いことあったよ!」って通知はいいから記事を書かせてください @アメーバ


前回の更新から半年経っていましたね。半年というのは子どもなら学期を跨ぐくらいの時間ですが如何せん私はもう大人。30歳なのです。そうそうサプライズなど人生には起きません。

そこで、半年の間に何があったのかランキング形式で振り返りましょう。まずは第一位から


第一位! 福の神食堂様 閉店…

私が愛してやまなかった鶏白湯つけ麺の福の神食堂様が閉店なさいました。

またいつかどこかでご縁がある可能性を信じて、いいたいことは多いですがまずはお疲れ様でしたと言いたいです。



第二位!志奈そば 田なか様が福の神食堂様のテナントにオープン!


以前ブログでご紹介したわぽ会のカラムーチョフェスで知った店舗様。行きつけが復活した気分で嬉しい限りです。限定麺が凝ってて美味しい(๑´ڡ`๑)


そしてもはや誰も注目していない第三位は!





転職しました。


製造業のプロダクトマーケティングから製造業のプロダクトマーケティングに転職です。競合関係には(少なくとも私がいた事業部とは)ない、純然たる転職。


理由は、いろいろと話しましたが「30になったから」が一番しっくり来ています。


新たな職場はまずは研修から始まっていますが、心機一転頑張ります☆
AD
こんにちは。毎日暑いですね。お盆休みならまあまだいいんですが、私はお盆も出社なので毎日太陽をにらみながら出勤しています。目が痛くなるのでやめた方が良いです。


さて、先日参加した、明日で終わりのカラムーチョラーメンフェス。今いろいろ思い出しながら書いてるんですが、本日は自分にとって良かった点を書いてみます。


■良かった点

 ①いろんな駅の美味しいラーメンを知ることができる

 ラーメンを3食主食にされているかたもいらっしゃるとは思いますが、だいたいの人はラーメンはあれば食べるけど毎日ではない、という方だと思います。私も、独身社会人ですが2日に1度食べれば多い方です。

 また、あんまり開拓欲も強くないので決まった店のリピートが多めです。知りたくない訳じゃないんだけど失敗もしたくない…みたいな保身に走る30代サラリーマンを御連想ください。

 今回のこのフェス。そういう意味で、いろんな駅の美味しいラーメン屋を知ることができたのは大きいなー、と思うわけです。国分寺、蒲田、赤羽、王子、北千住、秋葉原など乗り換えにも使える駅でちょっとぶらっと降りて美味しいラーメン食べるなんて素敵じゃないですか?


 ②カラムーチョが案外アクセントになる

 カラムーチョってまあ、普段主食にしないタイプのスナックだとは思いますが冷やした洋風の麺によく合うんですよ。夏の熱いなか冷えたジャンクな洋風麺は割りとするっと入ります。

 真のラーメン好きからすると邪道なのかもですが、好きな人は夏にちょうどいいと思います。

ちなみに10軒中、9軒がつめたい提供。9件のうち3件がつけめん、残りが下のような感じでした。冷し麺?というのか。とにかくさまざまなアレンジが加わっていて美味しいです。アボガドもよくあいました。



大塚駅 志那そば 田なか様
梅ムーチョ de 冷やしポキそば




続きはまた今週中に☆

ではでは。暑い夏に冷やした麺、いかがですか?
AD
こんにちは♪久しぶりの投稿でラーメンネタです。


日本のラーメンを変える若手っぽい会、通称わぽ会の加盟店10店舗の限定麺で貰えるスタンプを集めて、10個でもらえる景品を先日GETしてきました!


都内も北は赤羽、西は国分寺、南は蒲田と散らばっているため暇人ここに極まってますが、加盟店のラーメンはどれも美味しかったですし何より飽和気味のラーメン市場で、経営母体が異なる店舗の垣根を越えた取り組みは割りと興味あり、たまたまいきつけの一店が加盟してたのでスタートしました。


ちなみに加盟店全店、食べログ3.5前後のわりかし高い評価のお店ですので普通に回っても美味しいです☆


カラムーチョは8月10日で終わり、8月後半は煮干フェスになるとのことでこちらも楽しみです。スタンプはもう集めません!


しばらく、回って感じてたことなどをつらつらと書いていこうと思います。よろしくお願いします。







カラムーチョラーメンフェス(コイケヤ協賛)
http://koikeya.co.jp/ramen-fes/



わぽ会Facebook

https://m.facebook.com/wapokai?refsrc=https%3A%2F%2Fja-jp.facebook.com%2Fwapokai
AD

メンズエステでヘッドスパ②

テーマ:
日々の喧騒を過ごすなかでついつい忘れがちですが、昔と同じようにはいかない、できない、とふとした瞬間に気づくことはあると思います。例えば同じ食生活を送っていたのにふと気付くと存在する肉肉しい浮き輪。例えばスポーツをしていて感じる息切れ。そんなふとした瞬間の1つに肌のシミが見つかった男性の方もいらっしゃるかもしれません。ええ、私です。というか全部私です。

そんな私がいってきました。メンズエステ。ほんとは準備期間の様子も書こうと思ったのですが、ただ緊張してただけだったので割愛しました。というかブログ更新サボっておりました。


今回受けたのはフェイシャル&ヘッドスパコースでしたが、カウンセリングが非常にロジカルだったのでひねくれがちな男性脳にもすっと入ってきました。


要はエステとは、肌の毛穴に溜まっている老廃物を取り除いてそこに化粧水を入れて油膜で蓋をする行為なんですが、イメージとしてはココアを飲んだあとのコップだと思います。ただ水洗いしても底の汚れが落ちないので、スポンジを突っ込んで掻き出して、またきれいな水を入れてラップで蓋をするのです。つまりかき出して、入れる。この作業に、エステにいくという行為の価値があります。

ただ、女性は普段から化粧という行為で恒常的に油分をのせているためにエステも定期的に必要になるのですが、男性は皮脂や誇りなどごくごく限定された要素が乗るだけなので頻度は低くなる。なるほど。


自宅でのケアとたまに大掃除でエステでのケアと、二種類が必要になるということでした。


マッサージの感想はとにかく気持ちいい!の一言なんですが、個人的にこれまで「エステ」で括られていた内容がきちんと細分化できて追えたので大満足でした。


普段自分の肌をあまり触ることのない貴方に一度お薦めします!まちがいなく、人生で一番顔を触られる日になると思います。


********

ビジネスとしては、男性がまず肌をケアして、洗顔→化粧水→乳液の順でケアできるのか、という辺りが一つの鍵なんだろうなー、と思いました。
習慣ができれば、サロン以外の周辺マーケットも拡大できますから。そこにどうやってリーチさせるか、なんでしょうかね。この辺はまたおいおい、まとまったら書きます。


最後になりますがはあちゅうさん、バルクオム様。貴重な機会を頂きましてありがとうございました。内装のシンプル&機能的な感じが個人的には大好きです!

バルクオム

メンズエステでヘッドスパ①

テーマ:
男子足るもの。化粧や着物といった外見を飾る本分に悖る行為は控え、内面を磨く武士は食わねど高楊枝の精神をもって事に当たるべし、という古来からの古きよき伝統もインターネットが発達した近現代では「ヘッドスパの無料券当たりました!」という一報で崩れ去るものです。はい、ちゅうつねでたまたま応募したメンズエステの応募券に当たったので行って参ります。時代は変わるもので、メンズ専門のエステがあるそうです。
↓↓↓

バルクオム


ちなみに本応募は実に8倍の倍率をくぐり抜けたものではありますが、「無料なら応募しよう」層と「いや、実はめっちゃメンズエステ興味あるんだよね」層がどの程度の比率なのかはいまいちわかっておりません、周囲の既婚及び準既婚者にアンケートをとった限りでは10人中10人が「いや、俺は興味ないけどお前はやれば?」という勝者(当社比)の目線でしたので、恐らく需要は未婚者の単身男子にあるとして以降話を進めます。異論は認めない。

というわけで券を入手して早々、緊張しつつ予約をバルクオムにいれてみました。結果、来週にヘッドスパ体験が出来ることに!ですので来週行って、どうせなら劇的!Before Afterを地で行くべく頑張ってきます。


ちなみに、




はあちゅうさんから頂いた手書きの手紙が電話するまでの大きなモチベーションでした(手書きの手紙めっちゃ好きです。ありがとうございました。)

それでは、メンズエステに興味ある5億人の男子の皆様におかれましては、来週の結果を心行くまでお待ちいただければ幸いです。というか、方向性はこれでいいのかは甚だ疑問もありますが気にしない。