wifi、あるある詐欺?

テーマ:

4月中旬から下旬にかけて行って来た中欧の旅行記です。

華僑系にユーロ換金を阻まれたりトイレに閉じ込められたり4月なのに雪に降られたり、案の定、いろいろやらかしています。

 

旅行前のてんやわんやはこちらから:

目的がそれている。

 

旅行記の始まりはこちらから:

シャンペンが出た。

 

 

 

 

ウィーンのホテル、受付で「Wifiのシグナルが弱いかも」と言われたのです。 イヤな予感がしたら、案の定、微塵も繋がらない! 場所を変えてみても、ダメ。 

これ、wifiシグナル弱いとかじゃなくて、まるで使えませんが?

ネットで宿泊先を決めるべく検索していた時に、このホテルは『wifiアリ』と大きく謳っていたのです。『今どき、ソコ、自慢する事じゃないだろう?』と思ってましたが、見事にwifiないッ!宣伝しているのにないッ! いや、あるのかもしれないけど、繋がらないので、全くの役立たず! 

ガックリと膝をつきました。 

 

ウィーンの観光はネット検索して決めようと思っていたので、打撃が大きかったです。 あとで調べたら『ここも行きたかった』的なところが幾つかあって、ちょっと残念。 とはいえ、主要箇所は網羅&天気が悪かったので(4月下旬で雪!)、例え検索していても時間の関係で似たような結果だった気もします。 

 

皆様もヨーロッパのwifiにはお気をつけ下さい。

最たる原因は、私が安宿に泊まっているからですが。

ブダペストで『wifiはロビー周辺のみ』と言われたお話はこちら: 馴染むのが瞬速。

 

ウィーンの町並み。4月下旬なのに雪が降ってます。

 

霞んでいるのは湿気と雪のせいです。

 

でも悪天候のせいで建物の重厚さに拍車がかかってる気も。

 

いろいろ工事中です。左の赤いのは工事の足場。真ん中奥にはクレーン車のクレーンがあります。

 

ウィーンの中央駅。空港の様に綺麗でした。駅構内のトイレ使用料金は0.5ユーロ。

小銭の用意が必要です。列車に降りる前に行くか、列車に乗ってから行くといいかもしれません。

 

オーストリアをあとにして、列車で次の国へと向かいます(←まだ行くンかいッ!)。

 

ランキングに参加しています。 

下のリンクを押して頂けると更新の励みになります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村

 

 

AD

リブログ(3)

リブログ一覧を見る