今日の記事は『季節感のなさ、半端なし。』の続きとなっております。

1766

読者の方から『それはクリスマス飾りじゃなくてウィンターインタレストだと思います。』とのメッセージを頂きました。
クリスマスより、長期間、飾られていいものだそうです。
メッセージ、ありがとうございました。

とはいえ、この街ではクリスマス飾りもウィンターインタレストも漏れなく放置でございます。
イースターでもトナカイがいましたし。(参照過去記事:Easter (復活祭)
春でも(たまに夏でも)はためくサンタさんをみかけます。
どんだけクリスマス好きだよッ!?

そんなこんなで飾りが春モノに変わっていたのですが、使われているのがネコヤナギ。カナダ東部でも、これが店頭に出されるのは1〜3月とかなので、アレンジ的には『変えたばかりなのにすでに季節ハズレ感』が醸し出されているという。
自由というか、些細な事は気にしないというか、大雑把というか、緩いというか…。
そんなカナダが大好きです。キリっ!

偶然とはいえ、こんなにシンクロして飾りを変更されると『ブログ読まれている…ッ!?』(キョロキョロ)と驚愕しました。
おそらく、4月も終わるので駆け込みで花の植え替えをしたのだと思いますが。
例え季節がずれていても、こういう飾りがコンクリートやアスファルトの合間にあるのはいいなあ、と思うのでありました。
たまに飾りが朽ち果てて、散らばっても放ったらかしになっていたりもしますがね…。
うん、そんなところもカナダ…。
でも、たまに他の国に行くと『カナダもしっかりしているんだ』と思ったりもしますから、あくまで日本と比べて緩いのであって、世界的水準だとカナダはかなりしっかりしている国になる気がします。相対性理論…。

ランキングに参加しています。
下のリンクを押して頂けると更新の励みになります。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村
AD