1665

悶々としていたら、私の顔をみていた彼が、「交換して来たら?」とアッサリ、後押し。
人間としての度量、大きいなッ!
私だったら自分があげたプレゼントを交換されたら、『嗚呼、私のセンスが気に入らなかったのか?』とダメージを受ける気が。
彼曰く、「その為にギフトレシートにしてあるんだし。」とのこと。
合理主義、万歳!

そして交換しに行ったら、クリスマス後のボクシングデーセールがまだ継続されていて(カナダではクリスマスの翌日の12月26日はボクシングデーと呼ばれ、大々的なセールの日となります。12月26日から30日まではセールをしているお店も多し)、彼が購入してくれた一枚の服のお値段で、2枚(50%オフと75%オフ)に交換出来たという。
実は彼が買ってくれた服も値下がりしていたのですが、現在の価格ではなく、あくまで購入時(レシート)の値段と等価で交換出来るという…!
嬉しいけど、これ、お店側にとっては恐ろしいシステム。案の定、クリスマス後の返品・交換は半端ないようです。

そんなこんなで、クリスマスプレゼントだったのに、クリスマス後のセールの恩恵をがっちり受ける事ができました。カナダのボクシングデーのセール、75%引きとかになるお店も(セール品はクリアランスとして返品・交換できないところが多いです)。以前は1月とか2月の方がクリアランスで安かったんですが、最近はファーストファッションの台頭でサイクルが短いようです。なのでセールを待っていたら、もう別商品に入れ替わっちゃった、ということも。

彼からもらったクリスマスプレゼントを交換するのは、とても失礼な行動に思えたのですが(実際、こんなに返品天国な北米でも、自分のあげたプレゼントの交換や返品に不快感を示す人も多い)、アッサリ、彼に交換を後押ししてもらい、さらに交換した服を見せたら、「あ、その色の方が似合うね!」と笑顔で言ってくれたという。
懐、深いなッ!
クラ〜リ!

ランキングに参加しています。
下のリンクを押して頂けると更新の励みになります。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村









AD