酒猟民族のブログ

お酒の通販サイト「 drink-choice.com 」を運営してスタッフが書くブログ。ジーエムを筆頭に、一杯だけ、酒楽愉人、活字中毒、腹十二分目 がそれぞれ勝手に更新しています


テーマ:

今日も良い天気だ!各地で大雪のようですが、関東は素晴らしい青空onlyですCloudy青空だけど寒いことは寒い!!今週からとうとう小型湯たんぽを会社に持ち込んでしまいました。
 ホッカイロ使うよりエコだ!と一人悦に入っておりますがそこんとこ如何なものでしょうか  こんにちは 活字中毒ですミー

 ちょっとペースは落ち着いてきましたが、TUTA○A通いが止められず金土日のどこかで必ずDVD観ていますフィルム

 今回はこちらこれ


ジョー・ジョンストン監督 OTCTOBER SKY-遠い空の向こうに-

 元NASAに勤めていたホーマー・ヒッカムの自伝を原作としたこの作品。夢に一直線に向かう男の子達が素敵すぎますキラ

1957年、ウエストバージニア州の田舎町に住む、ソ連の人工衛星打上げに触発された高校生のホーマー。炭鉱夫の息子は炭鉱夫になるのが常識だった時代に、父親の反対を押しきり、ホーマーは3人の仲間と女教師の助けを得て、ロケットを作り始める。周囲の反対にもめげず、星を目指して新しい運命を切り開く。そんな少年たちの希望と決意が勝利する、驚くべき真実の物語である。 -amazonからあらすじ-

 ど田舎の炭坑の町に住む少年がソ連から打ち上げられた人工衛星に触発されてから、夢に向かう一直線さがとっても好きだにこ
 理解ある女教師ライリーの協力を得て仲間達とロケット作りに熱中するホーマー。失敗しても失敗しても突き進む姿に感動しました。

 途中で父親が炭坑で事故に遭い、自分が炭坑で働くことになって一度は夢を諦めかけるのですがロケットへの夢が諦め切れず地道に努力するところとか、、もうダメだ。涙腺がマズイことになってきた。

 ラスト、一度もロケットの打ち上げ実験に、仕事を理由に来てくれなかった父親が姿を現しロケット発射ボタンを押す場面。それを遠くから見るライリー先生・・・ あぁ涙腺が崩壊感動

 更にエンドロールでは実際の映像が流れるのが感動にさらに深みを増して、ティッシュで目と鼻を拭うのが大変だった。

 これ、絶対DVD買おうっと


 日本酒頼むなら 蔵元直送 ドリンクチョイスドットコム! 焼酎もあるよ

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

弊社は今日で仕事納め。皆様本年も大変お世話になりました。来年もよろしくお願いします。

 先日普通の固形石鹸で髪の毛を洗ったところ(だってシャンプー買い忘れてしまったんだもの)シャンプーで洗うよりも何故かサラッサラになったので調子にのって固形石鹸で洗っています。なんだか複雑な気分。。だって99円で買った石鹸なのに・・・ こんにちは 活字中毒ですミー

 さて、TUT○YAに毎日のように通っています。本屋も変わらず毎日覗いているのでもう大変!何が大変ってお財布が!!ボーナスを有り難く頂戴したっていうのにこのリズムを崩さず継続していくと間違いなく早急にボーナス使い果たしてしまいそうです。

金曜日の夜に無駄に夜更かししているのでDVDを2本くらい観られます♪幸せ♪この間もモリモリ観ましたよー

欲望という名の電車
テネシー・ウイリアムズ原作 エリア・カザン監督 欲望という名の電車

 ヴィヴィアン・リー演じるブランチの役は没落した農園の元お嬢様役なのでプライドばかりが高くて生活能力が皆無。とにかくずっとベラベラ喋っています。だからその膨大な量の台詞を覚えたヴィヴィアン・リーに脱帽。全然楽しい気持ちになるストーリーじゃないので年始に観るにはちょっと適さないかもしれません。1951年の作品なのでTUTA×Aで探すの苦労したわよ


墨攻め
ジェイコブ・チャン監督 墨攻

アンディ・ラウが主演ですよー!小汚い格好なのにとっても素敵だったわ♪
ストーリーは紀元前370年頃の中国。大国 趙に攻め込まれようとしていた梁は、防衛の最強集団である墨家に助けを求める。しかし、現れたのは革離というたった1人の男。10万人もの敵に知恵と機転でたった1人で立ち向かう!!というストーリーなんですが、迫力満点。でも迫力だけが満点です。色々ストーリーがご都合主義なので。酒見賢一さん(新潮文庫)の小説の方が緻密な墨家集団の恐ろしさや凄さが描かれているのでオススメ。薄い本なので小説が苦手な人でもあっと言う間に読めてしまいます。(でも大満足な出来ですよ)


マリー・アントワネット
ソフィア・コッポラ監督 マリー・アントワネット

 とにかく映像が可愛くてお洒落で愉しめました!!ドレスが華やかだし、出てくる料理もすっごく配色が綺麗で観ているとワクワクします。
 が、いかんせんストーリーが破綻しているのでラストなんて姉と声を揃えて「これで終わり!?」と夜中に叫んでしまいました。
 有名なバルコニーから民衆に向けてのお辞儀のシーンはあったけど、なんといっても逃亡失敗からギロチンで幕を閉じるまでがどっちかっていうとマリー・アントワネットの悲劇的で重要なところなのに!!
 配色や斬新で可愛らしいデザインあふれる映画ではありますので、新年に観るとオメデタイ気分に拍車がかかるかもしれません。


アマデウス
ミロス・フォアマン監督 アマデウス

これは文句なしで面白いですよー!しかし天才と同年代に生きた同職の人は辛かったでしょうね。サリエリの人生ってばアマデウス・モーツアルトの天才ぶりに打ちのめされまくる人生ですもの。私だって意地悪したくなってしまうと思うなぁ。
モーツアルトが旅先から母親に宛てた印を踏んだ楽しげで天真爛漫ぶりが炸裂した手紙を音楽の授業で目にして、私がイメージしていたモーツアルト像をそのまま F・マーレイ・エイブラハム が演じています☆
 ピンクの鬘や花柄に花柄をあわせるような可愛らしい宮廷服など、こちらもマリーアントワネット同様目を楽しませてくれます。こちらはちゃんとストーリーも整理されているのでオススメです♪



アンヌ・フォンテーヌ 監督 ココ・アヴァン・シャネル

 私の大好きなオドレイ・トトゥが主演です。シャネルのスーツがよくお似合いで♪
 今や世界的ブランドのシャネル。女性を苦しいコルセットから解放し、シンプルでシックなスタイルを確立したココ・シャネルの半生を描いた作品です。
 えー・・・ものっっすごい期待して観たからなのか、私はちょっと物足りなかったです。コルセットから解放した経緯(かなり重要だと思うんだけど)や、ココがファッションショーを開くことが出来た経緯がすっ飛ばしてあるので何がなんだかサッパリ。一応エンド・ロールのところでちょろっとココのその後的なことが文章で出るんですが、最も重要なところが映画になっていないのはちょっとなぁ、と残念。
 ですがオドレイ・トトゥがすっごくキュートなので一見の価値はありますぞ!!


 あぁ2010年もDVDの話題で締めくくることになってしまった。2011年はもっと変化のある年にしたいと思います。(絶対無理だけど)

 みなさん、よいお年を!!



日本酒頼むなら 蔵元直送 ドリンクチョイスドットコム

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

本日同じ友人から立て続けにメールがきました。

 2回目のメールの書き出しに、「さっき送ったメールの最後の文章が嫌味っぽかったから読まないで!こっちを読んでね!!」と。

 結局2通とも読んだんですが、文章一字一句同じなんですけどーーー!!?そしてドコが嫌味っぽいと感じたんだろうか・・・無意味とはいえ、心配り溢れる友人を持って幸せです。 こんにちは ミー活字中毒ですミー

Tポイントカードを作った時の熱が冷めやらず毎週のようにTUTAYAに行ってはDVDを借りてきていますT先日は行ける範囲以内のTUTAYAに立ち寄りチャップリンのモダン・タイムスを探したんですが取扱なかった・・ガクリあんなに有名なのに!(そしてすっごく面白いのに!!)

 チャップリンコーナーの前で怒りに地団駄踏みましたジタバタ

 仕方がないので違うDVDを借りることにぶー

フランソワ・オゾン監督   8人の女たち

このDVDも、買った方がお得なんじゃ・・・と思うほどレンタルしまくっています。

 設定は1950年代のフランス。雪に閉ざされた大邸宅でその家の主人(マルセル)が殺された。一緒に暮らしている家族、メイド、そして大学のクリスマス休暇を利用して帰ってきた娘、そして謎の電話で報告を受けたと言って突然家に訪れた殺された主人の妹を含めて全員が女。

 この中に犯人がるのでは?そんな疑いからお互いが探りを入れるが、探れば探るほどそれぞれが犯人であってもおかしくない事情を抱えています。

 登場人物は8人の女のみ、そして舞台は家の中のみ という場所で進められるストーリーと、ストーリーの要所要所で挟まれるミュージカルシーンがすっごく面白いのでつい何度も見てしまいます。

 この登場人物ってば強烈な個性を持つ設定(女優としても個性溢れています)。それぞれの女優さんの個性が最大限に発揮されているのにぶつかり合っていないのキラ!!

フランソワ・オゾン監督恐るべし!パチパチ

マルセルの妻役(ギャビー)のカトリーヌ・ドヌーブとギャビーの妹役(オーギュスティーヌ)イザベル・ユベールのいがみ合いもすっごく面白いんですよ。とくにオーギュスティーヌは偏屈な変わり者っていう設定なんですが笑っちゃうくらい見事で満足!!

 マルセルの妹役のファニー・アルダン(ピレット)は色っぽさ全開!これぞフランス!!ってくらい色気を振りまいていますよーにこ

 マルセルとギャビーの間の子ども役で長女はヴィルジニー・ルドワイヨン(シュゾン)、次女にリディヴィーヌ・サニエ(カトリーヌ)も最高に可愛いですheart

 シュゾンの秘密にはビックリしたわー!これからどうするんだろうな。。(シュゾンの秘密は見てのお楽しみ)

 フランス独特のカラフルな組み合わせと、1人1人にイメージカラーが設定されているのも見所の1つですseiキラキラ

 それにミュージカルシーンで使われる歌もフランス語独特な感じでとっても耳に残ります。(私はシュゾンが歌う曲が好き。全部半音みたいな音感なんですよ)

 今度は何を借りようかな?フランス映画にはちょっぴりハマりそうです!

 あ、欲望という名の電車 も借りなくちゃ!




年末年始のご挨拶にはお酒も持って☆蔵元直送 ドリンクチョイスドットコム  焼酎もあるよ


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。