不動産再生屋の日々

事業・不動産・生活の再生のコンサルタント「再生屋・山本」が借金問題の解決方法をお教えします。


テーマ:

 

「税金滞納で家を差押された」という相談も多く寄せられます。

 

 

「差押されたら家を出て行かなければならないのか?」

 

「差押されたらもう家が取られてしまうのか?」

 

 

 などの不安と恐怖でパニックになってしまう。

 

 

何度もココ(ブログ)にも書きましたが、税金滞納での不動産の差押は、借金滞納での差押とは別物です。 

 

 

税金滞納での差押は「国税徴収法」での差押で、債務不履行での差押は「民事執行法」での競売申請による差押。 

 

 

なので、税金での差押はイコール(=)競売ではないのです。

 

 

難しい話しは省きますが、税金滞納での不動産の差押は登記簿に「差押」と記載されるだけで、他に何も起こりません。

 

 

 但し、住宅ローンなど既に抵当権などが付いている場合は、抵当権者にも通知が行きますので「どうしました?」という連絡があります。 

 

 

ここで慌てずに「既に滞納分の分納というコトで話しが付いています」と言えば「分かりました」の一言で済みます。 

 

 

本来なら住宅ローンなどの金銭消費貸借契約の「期限の利益の喪失事由」の一つとして「不動産の差押」とありますので、契約書通りの解釈であれば、税金滞納で差押された瞬間に、住宅ローンなどの抵当権者から「一括請求」を求められ、売却若しくは競売というコトになるのですが、実務では税金滞納の差押で期限の利益の喪失になったというコトは殆どありません。 

 

 

幾ら税金だとしても、先に抵当権が付いている債務の方が優先されますので、後から差押されたって先付けの抵当権者の優位性は変わらないのです。

 

 ※(事業用などの根抵当権の場合、税金滞納発生日以降に追加融資など受けた場合は、税金が優先される場合もあります) 

 

 

金貸しとしては自分のトコロだけ返してくれていれば「関知せず」というのが本音です。 

 

 

なので、税金滞納で不動産が差押されたとしても、行政とちゃんと分納などの話し合いさえ出来ていれば何も怖くはありません。

 

 ※(分納の条件で「差押させてね」と言われるコトもありますけど、それも同じです) 

 

 

但し「怖くて役所に連絡出来ない」なんて放置していると、不動産だけじゃなく預金などにも手を付けて来ますので、早めに相談しに言って下さいね^^ 

 

 

 

 

 

【つぶやき】 

 

お嫁に来た蓮のエリザベスちゃん 

 

水面から顔を出し、葉っぱが開き始めましたヽ(=´▽`=)ノ 

 

その他、何本かの芽?が水面に向かって伸びて来ています。 

 

写真ではまだ分かりづらいので、お預けです^^

 
 
 
【本日の相談可能時間】

19時以降
 
 
 
借金・トラブル・レベルアップでお悩みの企業・個人を問わずどなたでもOKです。
また、あらゆる不動産の再生も行なっています。

災害被災者の方々の住宅ローンなどの借金問題の無料相談も行っています。

勿論、その他の地域の方々からのご相談も随時、お受けしています。

 

しかも、365日・24時間やってます^^

詳しくは→HP←を御覧ください。

 

お気軽にご相談下さいね^^


事業・生活・不動産の総合再生コンサルタント

FP(ファンキープランナー・ファイティングプランナー・ファイナンシャルプランナー)

RP商会 山本秀利


(一応、年中無休・24時間営業のつもり)

 

お問い合わせ先: 03-6268-9326

メールアドレス: rpf@saisei-rpf.com

※携帯の方は「saisei-rpf.com」を受信出来るように設定して下さい※


詳しくはHPで  http://saisei-rpf.com/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

不動産再生屋 山本さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。