なにわの美容外科医 ☆なんでも 快・魁・回想録☆

こまちクリニック Dr.ふじもとの日々感じたことから美容最新情報まで、情熱いっぱいにお伝えするブログ


テーマ:

こんにちは大阪京橋の美容外科

こまちくりにっくの藤本です。

 

今回は、先天性耳介形成不全についてお話します。

 

生まれつきの耳介異常(耳の形)というと、

・無耳症

・小耳症

・埋没耳

・折れ耳

・スタール耳

・カップ耳

・先天性耳垂裂

などなど

 

色々な形成異常があります。

これは母親のお腹の中にいる時に耳の形がうまくできなかった時に起こります。

重度なものは、幼少期に全身麻酔をかけて手術をしますが、軽度なものは治療せずにそのまま成長する子もいます。

 

子供の時は、本人もあまり気にしないし、親も麻酔をかけてまで手術しなくても、、、と、放置していたら、思春期になり指摘され気になり始めたりします。

 

当院では、軽度なもので局所麻酔で手術可能なものは、美容外科的な繊細な手技を用いて、治療しています。

 

写真は折れ耳の患者さんです。

折れ耳は、軟骨に張りがなく垂れてしまいます。この方の場合は、単なる折れ耳ではなく、軟骨の不足・変形があり、修正しても耳の輪郭のところにくびれが残っています。それでもかなり形はよくなっています。

生まれつきの場合は、組織(皮膚や軟骨)が不足してることも多く、まったく正常な形まで作れないこともありますが、多くの場合、形態の改善を期待できます。

 

 

・気になっていたけど軽度だったので様子をみていたら、もう社会人になってしまった。

・幼少期に手術をしたけど、形が気に入らない。こんなものとあきらめていた。

という方はけっこうおられます。

 

心配な方は、カウンセリングにおこしください。

詳しく治療法を説明させていただきます。

 

ご質問があれば、ブログのコメントではなく、メール メール メールをください。

直接、僕から返信させてもらいます。

info-f@komachi-clinic.com

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは大阪京橋の美容外科
こまちくりにっくの藤本です。

昨日、大阪マラソンに参加してフルマラソン完走してきました。
v(^o⌒)-☆

スタート地点は人だらけ、シティマラソンは規模が大きいなっ!

 

 

 

今までハーフマラソンは何度も走って完走していたのですが、フルマラソンは加古川マラソンで故障して関門時間切れでバス収容されたのと、2年前の大阪マラソンでこれも故障して足を引きずって歩いてゴールしただけでした。

今回は、なんとか走って初完走することができました。
すごく達成感があります!!!!

↑写真撮ってもらうのにとなりの人に声かけたら台湾の人でした。英語でなんとか会話してお互いに写真と撮りあいしました。

 

 

 

でも反省することも、いっぱい、、、
20kmまではサブ4(タイム4時間以内)ペースだったのですが、20kmすぎで両足がピクピク痙攣してつってしまい、大幅にペースダウンしてしまいました。
やはりこれは日ごろのトレーニング不足によるもの。もっと長距離を走り込まないとダメですね。
むやみに距離を延ばすと膝を故障してしまうので、体重をもっと減らしてから距離を増やすべきかな。



 

 

 

今日は、筋肉痛で歩くのも侭ならなかったけど、上半身は元気だったので、手術はちゃんと出来ましたよ(笑)

ダイエットがてらに始めた近所のランニングからフルマラソン完走できるようになるなんて思ってもみませんでしたが、実際に走り終えたらすごく達成感があり、走ってて本当によかったとしみじみ思います。
レース後半に足が言うこと聞かなくなって一歩前に出すのも苦痛だったけど、今まで走りこんだ箕面の滝道や千里川を思い出し、歩かず走り続けた。しんどい時に頑張って結果がでるとホント嬉しいです。


タイム的には目標よりかなり遅れましたが、個人的には走りつづけてゴールできたので合格点と思ってます(自分に甘いかな)
次は4;30切りたいですね。そして、いつかは4:00切れるようになりたい!

 

レース直後に、ステーキ丼

せっかくカロリー消費してもすぐに補充してしまう、、(苦笑)

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

こまちくりにっく

 

こんにちは大阪京橋の美容外科
こまちくりにっくの藤本です。

本日はこまちくりにっくが開発した目尻切開についてお話します。いい術式なので他院の先生にも好評でこの術式を採用されている先生もたくさんおられます。


よく目尻切開で目を大きくしたいといって患者さんが来られます。
これは半分正しく、半分間違っています。
目尻切開をしても、横に目は大きくならず。でも白目の見える部分は大きくなるということです。


詳しく説明すると
デザインは写真の通りです。

目尻を横向きではなく、斜め下に向かって切ります。

 

これは実際には青の横向きではなく、赤の示す後ろ向きに切っています。


そしてこの切開から外眼角じん帯を一部離断して目尻の位置を下にずらします。
それにより黒目の外側の白目の部分が広くなります。

結膜やCPFを下に引っ張るグラマラスライン形成手術よりマイルドでナチュラルに目を大きくすることができます。でも極端なたれ目が好みの方には物足りない手術になります。

 


適応としては、
1外側の白目を大きくして目を大きく見せたい。
2つり目なので柔らかい印象にしたい。
という方に最適です。
 

 

                    ↑

術後は糸もあまり目立たないので内出血さえなければサングラスをしない人もいます。
たまに内出血がでることもあるので、ある程度ダウンタイムはあるものとしてお休みを取られた方がいいと思います。


あと、切ったあとに傷が治るにしたがって形も変わっていきます。
術直後にグッと下がる人もいますが、術後1ヵ月ごろから傷が落ち着くにしたがって下がるひともいます。
目尻の高さの左右差がある人がしても、だいたい術後整ってきます。逆にまれですが傷の落ち着き方で左右差がでることもあります。後日修正は可能なのでご安心下さい。

 

最後にモニターの方の写真です。

術前と術後1ヵ月の写真です。

本当は術後3か月以降の写真を提示したかったのですが、「藤本先生の目尻切開ってどんな感じですか?」って問い合わせが多いので、1ヵ月で少し早いのですが、お見せしますね。(笑)

横からの写真は角度が少しずれているので、白目の大きさの比較はできませんが、目尻の外眼角の位置が下がっているのがよくわかります。

 

ご質問があれば、ブログのコメントではなく、メール メール メールをください。

直接、僕から返信させてもらいます。

info-f@komachi-clinic.com

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。