Dr.Feelgood Taizoのブログ

作家 Taizoの公式ブログ

アマゾンランキング

心理学1位、ノンフィクション1位、人文書籍1位を獲得!


TAIZOの著書

電波妻


有料動画配信&DVD販売中!


「リュウ博士&TAIZO トークライブ」神さまと電波を味方につけてゆる~くフリーに生きるコツ ~神社と引き寄せの知られざる関係~

有料動画配信の販売ページは>>>こちら

DVD販売ページは>>>こちら


【はじめましての方は】

>>>TAIZO プロフィール



【募集中の講座・セミナー・イベントのご案内】
●現在募集中のセミナー・イベントはありません



【執筆・講演依頼・取材その他お問い合わせは】

●>>>こちら






テーマ:
そうそう

入院中にたくさんのお見舞いをいただいたんですよ。


こちらもそのひとつ




ジャジャン♪


{69C90276-C0F9-468A-A646-FCD99DF928C9}

漫画家の野崎ふみこさんからいただきました。

お会いしたことなかったのですが、facebookでメッセージいただき、わざわざ病院に送ってくださったのです。


しかも
優しいメッセージカード付きで(泣)


感激でした。


ちなみに、着るとこんな感じです。

{ADCF5C99-525B-4C47-B80D-A355322E1059}



顔のどアップがハンパねぇ!


いやちょ、これ……

す、すごいっすね。



そういや

アーティストといえば


顔のどアップTシャツは、なくてはならないものですからね。


そうね、例えば


{818B5A24-7609-4A6E-BEF9-3C535E840A68}

ジミヘンとか






{9B4E18AD-C50E-4D4F-9B5B-34AADD6CBCFF}

KISSとか




{99329DAB-91A9-498B-AB70-8698E3BA7130}

北島三郎とか








ちがいますね
キングクリムゾンですね


というわけで


これみよがしに着て院内を闊歩させていただきましたよ。


野崎さん、ありがとうございました!


野崎ふみこさんのコミック


 

たまこ定食 注文のいらないお店(3) (ジュールコミックス) 

 

野崎ふみこさんのブログはこちら

 

 

*********************** 

さて、今回の事故と入院にあたり、たくさんの方から続々とお見舞いを送っていただき本当に感謝感激でございます。

 

そこで、ささやかではございますが、お見舞いくださった方全員に、入院中の体験記をエッセイとしてまとめてプレゼントさせていただきたいと思います。

 

別れ、出会い、再会、臨死体験etc……

そんな奇跡と不思議だらけの体験記を読んでやってもいいよという方は、下記リンク先からお申し込みお願いします。

こちら

 

 

エッセイについてはこちらの記事もご参考ください。

ぼくが助からなかった未来



 アマゾンランキング

心理学1位、ノンフィクション1位、人文書籍1位を獲得!

TAIZOの著書 

電波妻

 

有料動画配信&DVD販売中!

「リュウ博士&TAIZO トークライブ」神さまと電波を味方につけてゆる〜くフリーに生きるコツ 〜神社と引き寄せの知られざる関係〜

有料動画配信ページは>>>こちら

DVD販売ページは>>>こちら

 

【拙書のご感想ありがとうございます】

●心屋仁之助さん ●HAPPYさん ●子宮委員長はるさん ●『ダンナ様は霊媒師』著者・ケプリ夫人 ●『成功している人は、なぜ神社に行くのか?』著者・リュウ博士 ●『1冊20分、読まずに「わかる!」すごい読書術』著者・渡邊康弘さん ●『スマホで月8万円を得る方法』著者・山口朋子さん ●『働くママの時間術』著者・馬場じむこさん ●本田健さん(『本田健の人生相談 Dear Ken Vol.317』

ありがとうございます!

 

【はじめましての方は】

>>>TAIZO プロフィール

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

例えば、


「これ、もういらないや」と捨てたものが、他の誰かに拾われてキレイに修復されて、それが価値があるものに生まれ変わったとするじゃないですか。


すると、途端に人ってなぜか損した気分になったり後悔したり、羨んだり妬みだしたりするよね。


自分の意思で手離しときながら何かを言う筋合いもないだろって話しなんですけどね。



幸せの尺度を他人と比べて損得勘定で計って生きてるから、イビツな感情に縛られるんです。



それでは、いつまでたっても満たされることはないよね。




例えば、誰かがリゾート地の浜辺で豪勢なBBQを楽しんでる写真をSNSで見ようが、ぼくはへーステキだねーと感じはしても、自分のライフスタイルと比べることはないです。



ぼくはベランダで二人でBBQするので充分以上に幸せを感じてるから、誰かの幸せと比べる必要がない。


もしこれが一人BBQであっても、同じように感じてると思う。

{70A5BEDB-6523-4627-A17B-3E0671EB08C4}


こないだはじめてBBQって楽しいと思ったな。

今までは、どんなに高級食材を揃えたBBQに参加しようが、気を使うしめんどくさいから苦手だったんだ(笑)





{B327418B-2723-4517-8EE0-F8F763432FF1}

100円のマンゴーでも幸せ。





{786A15C3-4ABA-454D-8828-459419F4DE77}


晴れた日の外で食うカップヌードルとか、めっちゃごちそうっすよ(笑)





{74EF721D-4EAD-480F-B0F9-8B6429784B9D}

昨夜はたこ焼きで


{900AA01C-7941-48B1-A0AF-44C462773DC9}

おい、どかんか。


{A177DAEB-B0E9-42A6-ACAA-2F1BA51A5D7E}


残り物をのっけて焼いたピザトーストだって、その辺のカフェテラスで食べるモーニングよりも美味いし。



誰かや何かと比べることをやめたら、贅沢や幸せな時間なんて、そこらじゅうに散らばってるものなんだなとあらためて実感しました。


入院中、やっと食事の許可が出たときに口にした明治のブラックチョコなんて、涙出るくらい感動したもんね(笑)



で、写真をアップしながら、今ぼくは大切なことを思い出したんだけども




退院したばっかというのに






血圧のことをまったく考えてない食生活でしたね。


******************

さて、今回の事故と入院にあたり、たくさんの方から続々とお見舞いを送っていただき本当に感謝感激でございます。

 

そこで、ささやかではございますが、お見舞いくださった方全員に、入院中の体験記をエッセイとしてまとめてプレゼントさせていただきたいと思います。

 

別れ、出会い、再会、臨死体験etc……

そんな奇跡と不思議だらけの体験記を読んでやってもいいよという方は、下記リンク先からお申し込みお願いします。

こちら

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日はこちらのイベントに行って来ました。


夢をかなえる人のシンクロニシティ・マネジメント
の著者・堀内恭隆さん




の出版記念対談。




{C756B42F-A5B6-4A6A-B475-BAACBC02215F}

おい、どかんか。





{F90F3018-A2E7-40E3-B27F-DCF02F24F644}

こんな感じでお二人の対談からスタートしまして、


その対談内容がまあ素晴らしくて


ざっくり説明すると







引き寄せってなんか違くねーかと思うんだよね。




ったく、最近やたら「マインドフルネス」とか言うけどさ。



みたいな内容だったと記憶しています。








すみません、そういう趣旨ではなかったです。

(これだとぼくの声そのものじゃないか)

いや、当たらずとも遠からずではあったのだけど、本当に伝えたいことはそゆことでなくてですね、お二人が共通しておっしゃることは、「シンプルに自分の感覚を大切にする」ということ。



つまり、目標設定に縛られたりとかの思考をさしはさまないで、自分の内側から湧き上がるインスピレーションを大切にってことですね。


多くの著者やセミナー講師の方々が言われることではありますが、お二人の経験や実践されてることから語られる言葉の数々は、今まで聞き慣れていたようでいて、とても新鮮かつ大発見をしたような思いでした。



詳しくはぜひ著書を読んで欲しいです。
ぼくも今、読み進めている途中だけど、序盤からすでに、ああ、今このタイミングでこの本に出会うことも必然だったのだなと感じています。




対談はその後、さらに各著者の編集担当のお二人も交え四人でのトークとなります。

{2BD091F9-BDF5-4F50-9415-641632A408AC}




{EAA85FDE-C3E9-4B35-862C-6181B9B491FF}
堀内さんの担当の金子さんと



{C4C53354-86FB-4C77-80B0-781F8493E53B}
中島さんの担当の佐藤さん


実は、この四人の対談が、著者と編集担当という関係性的にかなり面白い話しで、普通はなかなか聞けるものではないので、とても楽しめました。



休憩をはさんで、後半は各著者による単独トーク。



堀内さん

{A45A7D86-078C-46A7-8825-408959355E6B}



「婚活してる人って滑稽だなと思うんですよ」





きたこれ。

シビれる名言きた。





そんな堀内さんのシビれるトークは続きます。

堀内さんはある時期、メールのTo Doリストに自分の心の奥に眠らせている本当の声を書くようにしていったそうなんですね。



リストのとこに




「このクサ◯ マ◯コが」



とか書いたんですって。









{B454BF6F-F5B0-407F-8529-413404D1CDF5}



一瞬、会場の時間が止まったような錯覚をおぼえまして、その時何が起きたのか、ぼくにもはっきりとはわからなかったのですが、後になって思うに、あれはきっと




「この草野真理子が」


と送信先の宛名をおっしゃったのではと推察されます。


あ、くれぐれも申し上げたいのだけど、決して堀内さんを貶める意図などまったくなく(むしろスタンディングオベーションしたくてウズウズしてたほど)、詳しくは堀内さんのトークイベントや著書をご覧になれば、その発言の意図がご理解いただけるものと存じます。

かなり目からウロコですよ。




さて、次に中島さん

{F086B173-C714-45F2-85C1-8316656A2455}

見るからに熱い人でした。
エネルギーがほとばしってますね。

体感ワークのようなコーナーがすっごく面白かったです。


実演シーン

{521CD5B4-056F-41D7-A92B-C6DDD7BABCF7}

なんと、この五人がかりで押さえつけてるとこから、力技を使わずに簡単に立ち上がるんですよ!


ひっ捕らえるのはムリだね、この人は。

つまり
「立とう立とうとしてもダメ。『立つ』と決めて思考を止める!」
ということなのだと。


いやーこれ、体感でやってもらうと本当に腑に落ちやすい。すっごい理解しやすかった。





あ、そうそう……。


そういえばぼく、ここんとこチ◯コがめっきり弱くなってたんですよね。


途中で元気なくなってガッカリされたくないとか、メンタル的な弱さに拍車がかかってたんですよ。


ほら、事故ってからというもの、うまいこと体が動かないというのもあってね。

で、しくじったらどうしようの思考グルグルになるというね。

そうかそうか



勃たう勃とうとしてもダメ。『勃つ』と決めて思考を止める。



をすればいいのか。



さて、できるかなあ。




いやーとにかく、素晴らしいトークイベントでした!今のぼくに一番必要な教えをいただきました。

お二人の著書は本当におすすめです。

これは二冊一対の本として読むとまたさらに面白いと思うので、ぜひ同時読みをぼくはおすすめします。

ご招待くださった金子さん、ありがとうございました!

{560AB230-43CA-4E36-A230-EDD2C9168FAC}



の著者・渡邊康弘さんにも遭遇。


ちょうど一年前に、長崎で開催された渡邊さんの読書会に参加してからのご縁。


渡邊さんとはまったく別のルートから知り合うきっかけがあったのだけど、渡邊さんの編集担当されたのも、堀内さんの編集をされた金子さんという、これまたシンクロニシティなんですよね。

ちなみにリュウ博士の編集を担当されたのも金子さん。

あ、FUMITOさんもだっけ!

******************

さて、今回の事故と入院にあたり、たくさんの方から続々とお見舞いを送っていただき本当に感謝感激でございます。

 

そこで、ささやかではございますが、お見舞いくださった方全員に、入院中の体験記をエッセイとしてまとめてプレゼントさせていただきたいと思います。

 

別れ、出会い、再会、臨死体験etc……

そんな奇跡と不思議だらけの体験記を読んでやってもいいよという方は、下記リンク先からお申し込みお願いします。

こちら


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)